「五輪特需」SBI証券さんの分析


東京五輪関連銘柄 投資のポイント 第1回 建設株の半歩先読み

2013/10/15
投資調査部 藤本誠之
「トーキョー」からスタートした東京五輪関連銘柄相場

2013年9月8日早朝のIOCロゲ会長の「トーキョー」の言葉で決まった2020年東京夏季五輪決定から、1ヶ月以上経ちました。
その前の8月28日安値13,188円から、東京五輪決定と安倍首相の成長戦略を期待して上昇に転じた日経平均株価は、東京五輪決定から一段と加速して急上昇、9月27日には、高値14,817円を付けました。

中間期末を控え9月は直近の10年間では最も株価パフォーマンスの悪かった月なのですが、今年の9月の日経平均株価は千円を超える上昇となりました。

この最大の上昇要因は、2020年東京五輪決定であると考えても良いでしょう。様々な銘柄が、東京五輪関連銘柄として人気を集め株価上昇しましたが、反落してしまった銘柄も数多くあります。2020年東京五輪は、大きな相場テーマです。今月は、五輪関連銘柄の投資のポイントについて、毎週特集レポートを掲載します。
今回の第1回は、建設株について、相場の福の神こと藤本がレポートいたします。


ということで、読み応えのある特集なのでご紹介いたします。
五輪特需、開催地が決まったとたんに特定業種の上場株価がはねあがる、という…

韓国が今まさに建設ラッシュらしいですが東京もこれからそうなるのでしょうね。



人気ブログランキングへ
関連記事
東京五輪、日本の政治 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/02/15 03:34
コメント

管理者にのみ表示