<五輪>ロゲIOC(前)委員長、韓国の中央日報と単独インタビュー


<五輪>ロゲIOC委員長、韓国の中央日報と単独インタビュー
2012年08月14日11時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

http://japanese.joins.com/article/510/157510.html?servcode=600§code=670

ジャック・ロゲ国際オリンピック委員会(IOC)委員長は始終一貫して強硬な立場を見せた。


サッカー3位決定戦で韓国が日本を破った後、競技場で「独島(ドクト、日本名・竹島)はわが国の領土」パフォーマンスをした朴種佑(パク・ジョンウ)選手のメダル剥奪の可能性について繰り返された質問でだ。

IOCの憲法格であるオリンピック憲章50条は、「オリンピック施設や競技場での政治的活動を禁止する」と明示している点を繰り返し強調した。

この日のロゲ委員長へのインタビューはIOC側の提案で実現した。IOCは夏・冬季オリンピック開催予定国のメディアを一つずつ選定した。アジアでは中央日報を選択した。

インタビューはIOC本部が設置されたロンドン・ヒルトン・パークレーン・ホテルのロゲ委員長の執務室で30分間ほど行われた。

--朴種佑選手のメダル剥奪の可能性はどの程度か。韓国では朴選手を擁護する世論が強い。

「今はまだ話せない。国際サッカー連盟(FIFA)の調査結果を待っていて、それに基づいてIOC規律委員会が懲戒の程度を決める。オリンピック憲章関連規定は選手も事前に熟知していなければならない。韓国の特殊な状況があるとしても、規定は守られるためにある」

--朴選手の事態と関連し、1968年メキシコ五輪の陸上金メダリストだった黒人選手トミー・スミスが黒手袋をして表彰台に立ち、問題になった事件が取り上げられている。

「朴選手の場合はメキシコの事態とも性格が違う。当時の黒人選手は人種差別に対抗するメッセージを伝えるために黒手袋をして表彰台に立った。一種の社会的現象に対する声を出したわけだが、それも厳格に見れば一種の政治的表現だ。全人類の和合を図るオリンピックを開催するIOCとしては保守的かつ厳格に接近するしかない問題だ。朴選手の場合、一国(日本)を相手に領土問題に関する立場を表明したものであるたえ、政治的表現という点に異論の余地はないと考える」

--日本の旭日旗のユニフォームも政治的な色彩を帯びているのでは。

「日本のユニフォームが問題だという話はこの席で初めて聞く」

--問題にならないという意味か。

「少なくともIOC内では問題になっていない」

http://japanese.joins.com/article/511/157511.html?servcode=600§code=670

--フェンシングのシン・アラム選手の誤審事件に対する立場は。

「誤審は国際フェンシング連盟(FIE)の所管で、IOC委員長としてそれについて詳細に扱えなかった。しかし決して誤審があってもかまわないという意味ではない」

--韓国が総合5位と、海外で開催されたオリンピック史上、最高の成績を出した。

「韓国が強いのはアーチェリーとショートトラックだけでないことを証明した大会だ。韓国のスポーツ底辺の多様化を見ることができて楽しかった。時差がある韓国でも視聴率が高かったと聞いてうれしく思う。オリンピックではテレビ中継も重要な問題だ

--北朝鮮も金メダル4個を獲得して善戦した。

「北朝鮮スポーツは強い。立派な選手とコーチの底力がある。(シドニーオリンピック当時)南北単一チームのために努力したが、結局、実現しなかったのは残念だ」

--テコンドーは今大会で電子防具の導入などいくつか変化を試みた。発展があったと評価するか。

「テコンドー競技を見に行った。競技運営が非常に組織的で(very well organized)興味深かった。過去とは比較はしない。したがって‘発展’という表現は使わないが楽しんだ」

--今大会がIOC委員長として最後のオリンピックだが、今の気持ちは。

「ロンドンはオリンピック遺産(Olimpic legacy)のために早くから準備してきたし、その結果、すべての面で素晴らしいオリンピックを開催した。全人類を幸せにさせたし、選手には栄光をもたらしたという点で‘幸せで素晴らしい(happy and glorious、英国国歌の一節でもある)’オリンピックだった。平昌(ピョンチャン)も早めに準備することを願う。平昌への期待も大きい」

--キム・ヨナ選手がIOC選手委員を目標にしているのが。


「(微笑みながら)彼女は素晴らしく賢い選手だ。出馬するかどうかは全面的に彼女の決定にかかっているが、出馬をすればかなり有利な特権(prestige)を持つのは事実だ」

◇ジャック・ロゲ=1942年ベルギー・ゲント生まれで、ゲント大学で医学を専攻した。ヨットとラグビーの国家代表を務め、メキシコ(68年)・ミュンヘン(72年)・モントリオール(76年)と3回連続でオリンピックのヨット競技に出場した。1989年から3年間、ベルギーオリンピック委員会委員長を務め、91年にIOC委員に選出された。98年にIOC執行委員になり、01年7月にロシア・モスクワで開かれたIOC総会で、オリンピックの規模縮小と薬物追放、人間性回復を公約に掲げ、第8代IOC委員長に選出された。任期中にそれぞれ3度の夏・冬季オリンピックが開催され、来年、委員長の任期を終える。



もう皆さんも「IOCのやりくち」にどんどん詳しくなってこられたと思います。
IOC前会長の発言に見られる「IOCのやりくち」はこうです。

・IOCは誤審や違反があるとやらかした選手が所属する競技連盟に責任を負わせます。
そして「IOCには問題はない」=「この五輪には問題はない」と主張します。

・IOCは「テレビ放映権料」という巨額な収入を一番に考えます。
選手の都合は二の次です。
選手の都合よりもテレビネットワークを優先しているのは「競技開始時間」をNBCがあるアメリカにあわせていることからもわかります。

・IOCは「五輪の政治利用」について前会長ロゲのときから韓国にだけ寛容でした。



ソチ五輪でもおそらく現会長トーマス・バッハは次の二点に触れるはずです。

「ソチ五輪ではドーピングはなかった」

既にチェックで黒と出た選手がいるのに、です。


「ソチ五輪では五輪の理念、オリンピック・ムーブメントにのっとったクリーンな競技展開がなされた」


既に五輪の政治利用をした韓国人選手がいるのに、です。

BgIHwuECIAA8hFw.jpg


既に五輪の商用利用をした韓国人選手がいるのに、です。

キムのスポンサー、韓国ROMANSONのアクセサリーブランド、J.ESTINA公式サイト画像
s-221sale.jpg
バナー全体図

s-2-221sale.jpg

jestina.jpg

221saletango.jpg

なぜ韓国人だけはこのように五輪憲章違反・五輪倫理規定違反が許されるのですか?

五輪憲章と五輪倫理規定を守らず、五輪開催中に「五輪ビジネス」を展開する人間がIOC委員になった場合、何が行われるでしょう?


バンクーバーに引き続き今回も五輪の商用利用をしている韓国人のキム・ヨナを
なぜIOC前会長は歓迎しているのでしょうか?


> --キム・ヨナ選手がIOC選手委員を目標にしているのが。
>
> 「(微笑みながら)彼女は素晴らしく賢い選手だ。出馬するかどうかは全面的に彼女の決定にかかっているが、出馬をすればかなり有利な特権(prestige)を持つのは事実だ」



IOCは五輪ブランドを死守し、五輪ビジネスをこれからも展開できればそれでいいと考えています。

真面目に守るほうがバカなのだと、違反したにも関わらず何らの罰を受けず、逆にIOCによって賞賛されている韓国人はそう考えています。

キム・ヨナ陣営は今頃舌を出しているでしょう。


人気ブログランキングへ


※この記事ではキム・ヨナ陣営の不正戦略と不正をハッキリと証拠だてる本人の映像資料などを集めている「あんたたちもっと拡散しなさいよあんたたちもっと拡散しなさいよ(2)」から一部お借りしています。管理者様、有志の皆さま、どうもありがとうございました!
関連記事
キム・ヨナはIOC委員を目指す | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/02/16 18:01
コメント

管理者にのみ表示