「1日2時間の練習」!?「週刊文春」さんの記事

週刊文春さんのスケート関連の記事の評判がイイようです。

bunsyun-1.jpg

bunsyun-2.jpg


姐さんは、友納某の妄想に満ちた薄気味悪い連載があるので週刊文春は買いません。
ひとり不買運動中なんです。
友納某の嘘と妄想で塗り固められた下劣な連載、プリンセスなんちゃらは、
書かれている誰かにとっても害毒でしかありません。嘘だけですから。
キム・ヨナ陣営と同じで、本人の虚像をすさまじくふくらませて実像とかけ離れたモノにしてしまうことが、ハードルを上げまくり逆に「不正の証拠は本人の演技」、「ダメな証拠は本人の行動」をより決定的かつ致命的に印象づけてしまうものだと、いつになったらわかるのでしょうか。

ということで姐さんは友納某の妄想連載、プリンセスなんちゃらのせいで買いませんでしたが、読みごたえはありそうです。

ああ、でも今回だけ買っちゃおうかな~イイ記事なんだよな~
友納の連載さえなければ10冊は固いのになあ~
このブログでもがんがん絶賛できたのになあ~
残念だなあ~
あんな薄気味悪い嘘と妄想で塗り固めた連載、どうしてがんばって続けるのかな~
キモいなあ~
やっぱやめとこ~
友納の連載さえなければな~


人気ブログランキングへ
関連記事
日本の報道 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2014/02/16 23:14
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私も「文春」買いません!
姐さん、はじめまして。
「ぴぴこ」と申します。
私も「文春」買いません!
なぜならば、ソチ五輪(男子フィギュア)を待たずして、あの偽ベートーベンを取り上げたから。
しかも、「文春」といえば「文藝春秋」。
「文藝春秋」といえば「Number」ではないですか!!!
青臭いことを言っているのは百も承知ですが、スポーツ雑誌を発行しているのにもかかわらず(!)、俺たちの高橋大輔選手の立場や心理的負担を微塵も考慮していない、非道とも思えるこの行為!
恥のなさに、怒りと絶望を感じましたよ。
以前は記事の内容が良い時などは、「Number」買っていましたよ。
もう、文藝春秋とはオサラバです。
文春さんの今後に期待
文春さんにはもし浅田嬢が引退しても引き続きキムの悪行から目を離さないでほしいです。20代前半にして性根が腐ってしまっているこの悪党は引退したら益々巨悪化するでしょ。ヒラマサに向けて韓国の悪事は行くところまで行くんじゃないですか。そもそも法治国家じゃないですからね。ルールなんて守りませんよ。何事もズサンでもありますから必ず尻尾を出します。骨のある記者さんはデイリーの今野さんだけじゃないと信じたいです。2連覇を目指す羽生選手は餌食にならないか心配ですね。キムは2連覇を逃しますから。

p.s.巻末の「五輪ライバル国美女図鑑」にゴールド選手と李子君選手とテッサ・バーチュー選手が厳選8人に選ばれてます。ワグナー選手も美人だけどな
あとp103のエッセイ「佐村河内守(という名前)」は笑www
嘘ばかりのマスコミ
姐さん皆様こんにちは

姐さん、申し訳ありませんでした!うかつすぎました。
買いたくても買えませんよね、本当にごめんなさい。さぼり魔さんの連載は読んだことは一度もありませんけど。

いい加減にメディアスクラムで
「キムヨナはジャンプは完璧」
「スケーティングが上手い」←(これが個人的に一番許せません!)
キャンペーンやめて欲しいですね。
昨日のS1で被弾しましたが、くの字のノロノロスピンを
「順調な仕上がりです」とか嘘ナレーション。
たくわんではないですが、2月15日のテレ東の五輪ハイライトで
リプ子の低空ジャンプを映しながら、
「高いジャンプ」の嘘ナレーション、嘘字幕説明。
もう滅茶苦茶すぎですが、信じる人は信じちゃいそうで困りものです。
元安藤さんや村主さんなんかの複雑な心境を利用して
ネガティブコメントを引き出し言わせてますから。

ただ、五輪の他競技の元選手達の真っ当な解説、
後輩達に対するあたたかく、熱い素晴らしい応援をしているので、
フィギュアのみ(真央ちゃんのみ)のおかしさが浮き彫りになっているので、
不正や偏向報道を説明しやすいので、バーカバーカと思っています。
絶対に諦めないし、もっとがんばろうと思いましたしね。

キャシークリスお疲れ様、よくがんばったね。
真央ちゃんあっこさんきゃなこ、三人ともぶちかまして目にもの見せてやって欲しいです。
週刊大衆と織田君
浅田真央 金獲り「最大の壁」キム・ヨナ贔屓「札付き韓国審判」
http://taishu.jp/sports_detail735.php

2月20・21日に激突!

「2月5日にソチに入ってからは、いい緊張感を持っていますね。4年前のバンクーバーより、状態はいいですよ!」(スポーツ紙五輪担当記者)

2月20、21日の女子シングルに向けて、調整を進めているフィギュアスケートの浅田真央(23)。
「今回、浅田が金メダルを獲れるかは、ショートプログラム(SP)とフリー合わせて2回のトリプル・アクセルが成功するかにかかっています。年末のグランプリファイナルでは、優勝はしたものの、ジャンプは転倒と両足着氷と失敗が続きました。トリプル・アクセルを成功させないと、あの選手には勝てませんから」(前同)

浅田の前に立ちはだかるのが、前回のバンクーバー五輪の金メダリストであるキム・ヨナ(23)。
昨年12月に行われた国際大会「ゴールデンスピン」でも、2位の安藤美姫に大差をつけて優勝するなど、"絶対女王"の座は簡単に揺るぎそうにもない。

だが、浅田にとって最大の壁となるのが、公平な立場であるはずの審判員だとフィギュア関係者が明かす。
「韓国人のコ・ソンフィ氏が、審判団に含まれているんです。これが"札付き"だと悪名高いんですよ」

12年12月に行われた国際大会「NRW杯」に出場したヨナ。
ここでジャッジを務めたコ氏は、競技前に「ヨナは200点以上取るだろう」と予告し、実際に200点を超えた。
「このとき、審判の一人がキムに対し、異常に加点をしていたんです。それがなければ、おそらく190点前後でした」(前同)

これ以外にも、「ヨナには天賦の才能がある」「ヨナはいつも最高」と、立場を忘れて"ヨナ応援団"と化している。

さらには、こんな聞き捨てならない発言も。
「コ氏は、"浅田選手はトリプル・アクセルのエッジに問題があり、ヨナの敵にならない"と発言しています。しかし、過去のメダリストたちは、"ヨナは見せかけに必死だが、優雅ではない。真央は最高に美しい"と浅田の実力を認め、さらに"ヨナの得点が異常に高い""ヨナは4回転を2回飛んだのか"と、高得点に疑問を呈しています」(同)

メダルの行方を決める審判は、どうやって選ばれるのだろうか。
「ソチではまず、SPが始まる45分前に13カ国の審判から9人が選ばれ、残った4人がフリーに回ります。SPを担当した中から、5人がフリーも担当するので、抽選によっては、コ氏がどちらも採点することがあるかもしれませんね」(前出・五輪担当記者)

札付き審判の贔屓採点にNO!
公平なジャッジのもと、2人の最後の戦いを見たいものだ。

週刊大衆02月24日号
**********
織田君 温かいコメントをありがとう!!

織田君のことを取り上げてくれた記事です
「番組で男泣き! 織田信成さんがいい人すぎて話題に
http://togech.jp/2014/02/17/6136


管理者にのみ表示