韓国報道 ”Yu-na, you have competition”

米でフィギュアスケート人気に陰り―メダル獲得記録途切れる恐れ

アメリカでのソチ五輪女子シングル予想はゴールドとワグナーでした。

じゃあ韓国の報道ではソチ五輪をどう見ているのでしょうか?


kt-.jpg

日本語訳はGoogle先生

Yu-na、あなたは競争をしています

過去4年は女子フィギュアスケートの中でハンマー対爪ほど不均整の競争によって定義されました。
支配されたキム・ヨナ(勇敢で無比の韓国のスケーター)はするでしょう。また、日本の中国式の浅田は彼女の好きなフルーレでした。

しかし、キムが、彼女が最後の競争率の高い外観になるだろうと言うことの中で本当に彼女の中の最上を引き出すことができる相手をとうとう見つけたことができるように、それは今見えます。

Bucheonの23歳の固有の生物(Gyeonggi州)はオリンピックの顔としてロシアに着くつもりでした。
しかし、最初の数日のソーチで最もビッグ・スターは、15歳のユリアLipnitskaya(団体競技でフィールドをちょうど荒廃させて、来週の個々のプログラム中のキムの気を動転させるために候補として出現した童顔の地元の恋人)でした。

小型のロシア人は正確にどこからともなく現われませんでした。
彼女は、最近のヨーロッパ選手権を勝ち取ることによりオリンピック用の調整に対してエースを決めました。
また、ここまでのソーチは彼女の延長されたお披露目パーティーでした。
フリー・スケートでショートプログラムおよび141.51ポイントで容易に72.90ポイントを持った女性をすべてリードしたところで、ロシアがチーム・フィギュアスケート競技での金を安全にするのを助けた後に、Lipnitskayaは、キムが彼女の心の上で次だったことを認めました。

「私は、キムが自分で行なうのを見たい。
女子の氷山のフリー・スケートが月曜日(KST)に宮殿を誇示した後、彼女は、「彼女は、国際的な競技にずっと現われませんでした。したがって、私は、彼女が競争するのを見る見込みがありませんでした」と韓国のリポーターに伝えました。

「結果(競技の)は完全に裁判官の責任でしょう。
各スケーターにとって重要なことは、それらが清潔にスケートをするということです。」

2010年のバンクーバー・オリンピックの彼女の歴史的な成績の後に、彼女が228.56ポイントの世界記録を備えた金をとった時、キムは今オリンピックのチャンピオンとして繰り返すために常に3番目の女性だけになるように見えています。
彼女はソーチ・ゲームの後に退くことを主張して、既に三度目の優勝を除外しました。
彼女が彼女に最良にいる場合、キムはそれを誰にでも澄ませます、誰の、彼女が異なるレベルに単に取り組むことに気をつけること
彼女のねじれとスピンの速度および緊張、抑制された空輸された暴力の瞬間の後に氷の上で彼女が滑ることを可能にするバランスおよび流動性、および劇的でセクシーな表現は、等しく特別で、機械的に予測可能に感じた優越性を具体化しました。
Lipnitskayaの氷山宮殿での実行は、超絶の同様の印象を提供しました。
彼女が競技を完全に破壊し、ソーチ・ゲームが戴冠式ではなくキムのための競技になるだろうということを保証したとともに、彼女の完全に実行された動き、上品な表現および驚くべき柔軟性はディスプレイ中でした。
キムとLipnitskayaの間の別の類似点はそれらの冷静かもしれません。
彼女の静脈(それらは恐らく浅田に対する彼女の最も大きな利点だった)の中で流れる氷水(その実行が頻繁に圧力の下で苦しんだ、もっと、運動競技的に才能のあるスケーター)を持つように、キムは競争します。
Lipnitskayaは、単にあまりにも才能があり、若すぎるので、恐れを保護することができないように見えます。
「Lipnitskayaは非常に沈着です。
「全世界はその瞬間のあなたの肩の上にあります。また、ユリアはそれを振動させました」と大きなジョニーせき(NBCの今のアナリスト)をスケートをする前のアメリカ人が言いました。
急によりオープンに見える女子の個々の競技で、キムは、彼女の最良のゲームをもたらすことを要求されるでしょう。

それは今それに見えます、キムは、今、彼女の足の怪我から快適に引き離されます。それは12月にクロアチアでザグレブのイベントの金色のスピンの前に3か月の間彼女を出場できなくしました。

彼女は204.48ポイントでクロアチアで金を勝ち取りましたが、キムは、彼女のフリースケーティング・ルーチンを開いた3倍のlutz-トリプルトーループに降りかかって、ある程度のさびを示しました。

しかし、227.86ポイントで第1の場所を仕上げて、さらにオリンピックの見通しを照らした時、彼女は1月のナショナル・チャンピオンシップの中でずっとより元気そうに見えました。

わきに、Lipnitskayaと浅田に、アメリカのスケーター、グレーシー・ゴールドおよびPolinaエドマンズはキムの最も親しい競争者と見なされます。
女子個人は2月20日に氷山宮殿で始めるでしょう。
現在個人的に練習するキムは、木曜日にソーチに着くでしょう。


Yu-na, you have competition
2014-02-10 16:41
http://koreatimes.co.kr/www/news/sports/2014/02/600_151312.html

By Kim Tong-hyung

19-01(42).jpg
19-02(26).jpg

Russia’s Yulia Lipnitskaya, top, has emerged as the biggest threat to Korean figure-skating megastar Kim Yu-na, who is looking to become only the third woman ever to repeat as Olympic champion. / AP-Yonhap, Korea Times

The last four years in women’s figure skating were defined by a rivalry as lopsided as a hammer versus a nail. Kim Yu-na, the fearless and peerless Korean skater, dominated at will and Japan’s Asada Mao has been her favorite foil.

But it now seems that Kim might have finally found an opponent who could truly bring out the best in her in what she says will be her last competitive appearance.

The 23-year-old native of Bucheon, Gyeonggi Province, had expected to arrive in Russia as the face of the Olympics. But the biggest star in Sochi in the first few days has been 15-year-old Yulia Lipnitskaya, the baby-faced hometown sweetheart who just laid waste to the field in the team event and emerged as a candidate to upset Kim in next week’s individual program.

19-03(6).jpg

Gracie Gold of the United States competes in the women’s team free skate competition at the Iceberg Skating Palace in Sochi during the Winter
Olympics on Sunday (KST). / AP-Yonhap


The diminutive Russian didn’t exactly appear out of nowhere. She aced her tune-up for the Olympics by winning the recent European championships. And Sochi so far has been her prolonged coming-out party.

After helping Russia secure the gold in the team figure-skating competition, where she comfortably led all women with 72.90 points in the short program and 141.51 points in the free skate, Lipnitskaya admitted that Kim was next on her mind.

"I want to see Kim perform in person. She didn’t appear in international events for a long while, so I never had the chance to watch her compete,’’ she told Korean reporters after the women’s free skate at the Iceberg Sports Palace on Monday (KST).

"The outcome (of the competition) will be entirely up to the judges. What’s important for each skater is that they skate cleanly.’’

After her historic performance in the 2010 Vancouver Olympics, when she took the gold with a world-record of 228.56 points, Kim is now looking to become only the third woman ever to repeat as Olympic champion. She has already ruled out a three-peat, insisting on retiring after the Sochi Games.

When she’s at her best, Kim makes it clear to anyone’s whose watching that she simply works at a different level. The speed and tightness of her twists and spins, the balance and fluidity that allows her to glide on ice after moments of controlled airborne violence, and the dramatic and sexy expression embodied an excellence that equally felt special and mechanically predictable.

Lipnitskaya’s performance at the Iceberg Palace provided a similar impression of transcendence. Her perfectly-executed moves, elegant expression and amazing flexibility were in display as she blew the competition out of the water and ensured that the Sochi Games will be a competition for Kim, not a coronation.

Another similarity between Kim and Lipnitskaya might be their unflappability. Kim competes like she has ice water running in her veins, which has arguably been her greatest advantage over Asada, the more athletically-gifted skater whose performance has frequently suffered under pressure. Lipnitskaya seems to be simply too talented and too young to harbor fear.

"Lipnitskaya is so cool-headed. The whole world is on your shoulders in that moment, and Yulia rocked it,’’ said former American skating great Johnny Weir, now an analyst for NBC.

With the women’s individual competition suddenly looking more open, Kim will be required to bring her best game.

It now seems that Kim is now comfortably distanced from her foot injury, which sidelined her for three-months before the Golden Spin of Zagreb event in Croatia in December. While she won the gold in Croatia with 204.48 points, Kim had shown some rust, falling on a triple lutz-triple toe loop that opened her free skating routine.

But she looked a lot better in January’s national championship when she finished first place with 227.86 points and further illuminated her Olympic prospects. Aside of Lipnitskaya and Asada, American skaters Gracie Gold and Polina Edmunds are considered as Kim’s closest competitors.

The women’s individuals will begin on Feb. 20 at the Iceberg Palace. Kim, currently training personally, will arrive in Sochi on Thursday.

thkim@ktimes.co.kr,



どうですか、韓国人のこのメンタリティー。
ライバル選手の画像がこれ。
s-19-03(6).jpg19-01(42).jpg

KYの画像はこれ。
s-19-02(26).jpg

でもサゲてるつもりで二人ともキムにはできない高難度スピンを披露しているというバカっぷり。

The Korea Timesの予想は当たるのでしょうか。

ちなみにソチ五輪のロゴと五輪マークを載せていますが、
これ許可取ってるんでしょうかね???
カネ払わないと使えないはずなんですが…
IOCに怒られるとイヤだからThe Korea Timesが載せていた画像をここでも載せます。
怒るのならTKTへ!

kt-1.jpg



人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/02/17 19:50
コメント
た、田中くんが…
美人に対する嫉妬でしょうか。

…恥ずかしくないのかな…(´・ω・`)
Re: た、田中くんが…
> 美人に対する嫉妬でしょうか。
>
> …恥ずかしくないのかな…(´・ω・`)

田中くんがヤバイわよね
でもこんなときでも体勢は高難度!
バカだわ韓国報道!

ライバルをほめたたえての勝利こそがより甘くかぐわしい圧勝になるのにね。
まあ勝てやしないだろうけど。

管理者にのみ表示