「キム・ヨナ八百長疑惑に荒川静香が反論!」できていない件

もうね、日本スケート連盟の「理事」が先頭を切って売国奴なわけですから
ほんと~に疲れますよ。


日刊サイゾー 日刊サイゾー 2014年02月17日16時00分
キム・ヨナ八百長疑惑に荒川静香が反論!「ジャンプの浅田、芸術性のキム・ヨナ」は誤解!?

http://news.livedoor.com/article/detail/8545184/

連日、盛り上がりを見せるソチ五輪だが、目玉はなんといっても、引退を表明している女子フィギュアスケートの浅田真央が、バンクーバー五輪の金メダリストであるキム・ヨナに雪辱を果たせるかどうかだろう。


「雪辱」とか、本来比べるべきではない二人をどうあっても同列に置こうとするのやめてくれないですかねwww
浅田選手は本来、キムと並べて比較されるような存在ではないですよ。
圧倒的に浅田選手のほうがすべてが上だからです。


しかし、この世紀の対決を前に、根強くささやかれてきた“ある疑惑”が噴出している。それは、ヨナ陣営および韓国による八百長や買収疑惑だ。


まだ「ささやき」で片づけられるのなら、今後もますます気合を入れて大声で主張していかないといけないですね。


たとえば、「週刊文春」(2月20日号/文藝春秋)は『浅田真央「金」最大の壁 キム・ヨナ高得点の「闇」に迫る!』と題し、ヨナの高得点の背景としてIOC(国際オリンピック委員会)のスポンサーである韓国の電子企業サムスンの影響力を指摘。「アサヒ芸能」(1月23日号/徳間書店)でも、『キム・ヨナ「怪しい高得点」の裏カラクリ』として、国際スケート連盟に対する韓国スケート連盟の猛プッシュがあることを示唆している。


その通りじゃないですか。
チンクワンタが自分からゲロってしまいましたねwww
どうすんだ韓国ww
「会長様も言っているニダ!」とものすごい自慢と言う名の自爆記事がいっせいにあがるような気もします。
お困りの国がどう出てくるか今後に注目ですね。


もちろん、このような疑惑が生まれるのには理由がある。浅田が難易度の高いトリプルアクセルを成功させても得点は伸びず、一方のヨナはジャンプに慎重な姿勢をとり、簡単なジャンプしか飛ばないにもかかわらず、芸術性や色気などという主観的かつ曖昧な評価で高得点を叩き出しているからだ。


色気wwwwwwwwwwww
キムに「芸術性」があったことがありましたっけwwwwww

「エンジョウトオル」さん、キムをかばうふりを装ってたたみかけています。ここはすばらしいw

実際、キムは「3回転ループ」が跳べないので、連続ジャンプの構成に苦労していますよね。
解説者の荒川静香大先生がテレビで「キムのルール違反のジャンプ構成」を無視して説明を続けたこちらの図。

嘘解説

すみません、腹が立って画像にごちゃごちゃ書き込んでしまいましたが、解説者・荒川静香大先生様は自分でか局が用意したのか知りませんが「明らかに間違っている内容」を華麗にスルーしました。

キム「だけ」がいかに素晴らしいか必死に説明したかったんでしょうけど、実はこの説明そのものが既に「キムの技術力のなさ」を証拠立てています。

例の「ザヤックルール」を豪快に無視しているのもひどい話ですが、浅田選手はこの世でただひとり、「すべての3回転ジャンプ」を「実際に試合に投入できる」女子シングル選手です。
空前絶後の大偉業です。

「実際に試合に投入できる」ようになるまでどれくらい練習を重ねてきたかわかりません。
やろうと思ってできることではないんです。

キムは「3回転ループが跳べない」「フリップジャンプの軌道とテイクオフのエッジがおかしい」という致命的な問題を持っています。

女子シングルシニアのフリーでは

・ジャンプとジャンプを連続で、あるいはシークエンスをはさんで連続で跳ぶジャンプ(便宜上、連続ジャンプと書きます)は「3回まで」という決まりがあります。
・同じ3回転ジャンプは2度まで。
・もし連続ジャンプを4度跳んだら、最後の連続ジャンプは無効(ノーカウントで0点)です。
・もし連続ジャンプを、同じ種類の3回転を含める場合、2度までのルールがありますから、3度めに同じ種類の3回転を含めた場合、後の連続ジャンプは無効(0点)です。

浅田選手はジャンプという技術を磨きぬき、ショートとフリーでなんとすべて異なるジャンプの組み合わせで連続ジャンプを実施しています。
これはすごいことです。

キムは跳べるジャンプが少ないので組み合わせにも四苦八苦です。いつも決まった種類しかできません。
この図は「キムにはジャンプの技術がない」「浅田選手には圧倒的なジャンプ力がある」ことを証明しています。
でも、解説者の荒川静香大先生は間違っていることも、キムの技術が劣ることも説明しませんでした。
嘘解説

ちなみに佐野稔大先生もザヤッていることを指摘しません。
栄光の現役時代のことは全部、もう忘れちゃいました?佐野大先生。
a6c3d990e74d6244.jpg

日本人選手がグランプリファイナルで優勝したのに、
なぜか無関係な外国人選手が出たB級国際試合を丁寧に解説する佐野稔大先生。
悲しむべき恥ずべき行いですね。

佐野稔はかつての先駆者、偉大な先輩スケーターとしての自分のことはもうすっかり
忘れ捨ててしまったんですかね。
こんなふうに人から軽蔑され、笑われるような人ではなかったはずなのに。


日本スケート連盟はどうあってもキムをアゲ「なければならない」ようです。

日本スケ連・フィギュア関係者の解説

日本スケート連盟・関係者


特に、この結果に憤慨しているのはネット民である。ネット上では、試合が行われるたびにキム・ヨナの高評価に疑問の声が寄せられ、浅田がヨナに負けたときには「八百長」「買収」という言葉が飛び交う。ついには、ヨナの高得点に異論を唱え、ネット上で人気を博す「ときどき黒猫」のブログ主が『フィギュアスケート疑惑の高得点』(東京図書出版)なる本まで出版、話題を集めた。採点に納得できない結果が、ヨナへの“疑惑”を増長させていることは間違いない。


「ネット民」というモノを仮定して敵対しする動きは根強いですが、「ネット民」もリアルな生活を送っている、ただの、普通の人間です。
姐さんを含めた「ネット民」は、実在する善良な一般市民です。
「ネット民」というモンスターは存在しません。

普通の、当たり前に普通の暮らしを営んでいる、ただスケートが好きで大切に思い、競技を愛し選手を応援している人がやむにやまれず立ち上がったのが、黒猫さんであり、黒猫さんを応援し、本を買い支えている皆さんです。

あまりのことに黙っていられなかったのは一般人です。
荒川静香大先生は日本にとって無関係な特定外国人を狂ったようにアゲ続けました。
それはなぜか?


だが、こうした疑惑に苦言を呈し、反論を行う者がいる。トリノ五輪で金メダルに輝いた、プロフィギュアスケーターの荒川静香だ。

荒川は、1月に出版した『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』(朝日新書)で、現在の採点システムについて「技術と芸術が融合したフィギュアスケート本来の戦いに戻ってきた」「(よく「公平か」と質問されるが)ほとんどの場合、納得できるもの」と肯定。その上で、ネット上で叫ばれる“キム・ヨナ八百長説”に真っ向から反論しているのだ。


よせばいいのに、止めたのに、ウチのオッカアが買ってきて「嘘つき!」と吐き捨てた問題の本ですよww
「トリノの女神」から一転「嘘つき」ですよ、解説者の荒川静香大先生。

じゃあネット民「四年分」の疑問にどうお答えいただけるんですかね。

2010年の検索です。

バンクーバー後2
kim でググると・・・バンクーバー後
kim でググると・・・バンクーバー後3

姐さんが2014年の「今」ググった結果です。

ネット民-2
ネット民

ネット民」ならぬ「世間一般の皆様」は今でもキムの謎の疑惑の高得点に疑問を持ち、なんとか答えを知りたいと熱望しています。

荒川静香大先生は明確なお答えをくださるのでしょうか!?


そもそも、浅田とキム・ヨナの対決についてメディアでは「技術力の真央 vs 表現力のキム・ヨナ」と語られがちだが、荒川はこれについて「一般的には浅田選手はジャンプ技術が持ち味で、ヨナは表現力で勝負していると思われがちですが、私から見るとむしろ逆なのです」と主張する


ひゃだ!それってそっちが必死になって主張してきたことじゃないの!
解説者・荒川静香大先生もこぞって「ヒョーゲンリョクガー」って言い続けていたじゃないの!
ここは笑うところですか?


実際、バンクーバー五輪や昨年の世界選手権における浅田とヨナの技術点・演技構成点を比較すると、いわゆる芸術点に当たる演技構成点の差はさほどなく、


おい嘘を書くなよwwww

GOE比較

b86fcd23c4460e054f22aafb0bf422d4.png



それ以上に技術点に大きな差があるのは確か。ヨナとの比較を抜きにしても、ここ数年の浅田は、技術点はほかの選手たちを下回りながらも、演技構成点で勝つケースが目立っている。

これは先日行われた団体戦でのショートプログラム(SP)でも同様だ。荒川が指摘するように、“技術力の真央”というよりも、演技構成点に助けられているといってもいい。


そりゃ質の良い演技をすれば演技構成店が出るのは当然でしょう。
なんですか、浅田は「評価されることが罪」という論調に切り替えはじめたってことですかね。


さらに荒川は、「ヨナは技術点のうちGOE(技の出来映えに対する加点)が高すぎる」という“キム・ヨナ八百長説”を唱える人々に反駁するように、「一つ一つのジャンプの質を見て、どちらが加点のつくジャンプを跳んでいるかというと、ヨナはやはりすごく強いジャンパーです」と断言。


嘘きたーーーー「すごく強いジャンパー」なら3回転ループが大得意なはずです。


着氷率の高さはもちろん、テイクオフのスピードと勢いがあると解説している。


そりゃこれだけ漕いでスピードが出なかったらそれこそ氷上の怪奇現象ですよ。
漕ぎ数グラフ英語

荒川さん、この矛盾をどう説明なさるんですか?

クロス数はスケーティングスキルに反映される―荒川静香氏解説
http://www.youtube.com/watch?v=e8sK-ewReCs



以前に記事に取り上げました。
JSF理事の荒川静香氏によるスケーティングスキルのご説明

キムは
・漕ぎに漕ぐ(スケーターにとっては恥辱です。スキルのなさの証明だから)
・つなぎがない(なーーーーんもせんとただ跳ぶのなら他の選手ももっと速度出ますよ)
・勢いもない(ヨレヨレですが)
と世間一般では見ているんですが。


また、ヨナの武器であるルッツやフリップなど難易度の高いジャンプで3回転+3回転のコンビネーションができる選手はシニアの女子ではごくわずかであるとし、


どこの並行世界での話ですか?
そもそもキムより難度の高いジャンプを浅田選手が跳び続けてますよ?
連続ジャンプの二個目、セカンドジャンプをキムが跳べない「3回転ループ」にして認定されている選手もいますよ?
解説者の荒川静香大先生は正気ですか?もしかしたら競技の現状をよくご存じではないんじゃないのか?


なおかつ「彼女(筆者注・ヨナ)ほどの確実性がある選手は他にいません」と称賛。ヨナの技術点の高さと加点の多さには、きちんと理由があることを強調する。


理由を何も説明していただけてないんですがwwwwwww


一方、浅田に対しては、「ヨナよりも体に柔軟性があり、スパイラルやスピンのポジションが美しい。ステップなどもすごくうまい選手だと思います」「彼女は常に姿勢が美しく保たれて、スケーターとしての天性の美があります」とジャンプ以外の要素を評価しつつも、「スピードに関して言うなら、プログラム全体を通してあまり緩急がなく、演技中にものすごくスピードを出している、という部分はありません」と指摘している。


正気????
荒川必死だな、としか思えなくなってきました。というか大丈夫でしょうか???


また、ヨナの八百長説のもうひとつの論拠となっている「ヨナは不正エッジをとられない」という点についても、荒川は昨年の世界選手権でヨナが不正と判定されたことを例に挙げ、

ジャッジも技術スペシャリストたちも、復帰してきた選手に対しては半信半疑の厳しい目で見ていますから、SPではまだ点が抑えられていたと思います


まだ出たと。あれよりももっと高得点が出てもよかったと。
解説者の荒川静香大先生による「キム評価」って底抜けなんですね。



彼女のフリップのエッジが不正エッジに判定されたのは、少しびっくりしました。というのは、彼女のフリップは本当にギリギリの、どちらともとれるエッジなので、


いや、ド フラットからのアウトサイドです。これをぎりぎりとするのなら、ほとんどの選手はエッジエラーを取られないでしょう。

オリンピック当時
よくてフラット~アウトサイドに傾いて見えます。
f-k-w.jpg

拡大画像

いっこうに修正しないキムの世界選手権2013のフリップの踏切。
02.jpg
この画像はキムヨナ 2013 世界選手権フリップジャンプ再考より

KODEMARI SAKURA YUKIYANAGIの小手毬桜さんがまとめていらっしゃるこちら
【金妍兒資料室 Yu-na Kim Reference】
http://kodemari.sakuraweb.com/kim/index.html

ルッツとフリップジャンプ
ルッツジャンプ検証
2011 世界選手権フリップジャンプ検証
2013 世界選手権フリップジャンプ検証
2013 世界選手権フリップジャンプ再考


緻密で厳格で公正で大変参考になります。
皆さんもぜひご覧ください。
解説者の荒川静香大先生もぜひご覧になってください。
それから今と同じことを言えるか
胸に手を当ててお考えになってみてください。


ジャッジも技術スペシャリストたちも、復帰してきた選手に対しては半信半疑の厳しい目で見ていますから、SPではまだ点が抑えられていたと思います

解説者の荒川静香大先生は、ろくに試合に出ないで国際B級試合「1個」に出て五輪出場用のミニマムスコアをジャッジの爆アゲで取り、ルールがわかっていない韓国人ジャッジによる異常な高得点の国内選手権を経て五輪に出てくる選手のことを「厳しい目で見ている」と妄想を語っておいでですが、じゃあ国際スケート連盟会長のチンクワンタが

「ヨナがバンクーバー冬季オリンピックと以後の舞台で見せてくれた姿を見れば、今回もヨナにベッティングしたい」として笑顔を浮かべた。

と思いっきり言ってることはどう説明するんですか?

解説者の荒川静香大先生はソチ五輪のキムの公式練習動画を見ていないんですか?
よれよれですよ?



これを不正としたら多くの選手が不正に該当してしまうのではないだろうか、というほど微妙なところだったのです。


だからキム「だけ」見逃すのがおかしいんですよ。


FS(フリー・スケーティング)でもまったく同じように跳んだのですが、判定は不正エッジにはなっていなかった。だからやはりSPではちょっと厳しすぎたのではないかと思います」

と正反対の感想を述べている。


「まったく同じように跳んだ」のなら「どちらも不正をつけるべき」とは考えないのでしょうか。


 そして、ネットの動きをこう批判するのだ。

「時々、理解不十分な結果に対して『不正だ』『八百長だ』という言葉を使って、感情的にブログなどに書き込む人を見かけますが、このスポーツを愛する者の一人として、とても残念に思います」



感情的に書いている人は誰もいないと思います。
冷静に、「事実」を伝えていると思います。

あたしたちは韓国人とは違って「嘘も百回言えば本当になる」とは誰も思いません。
「不正の証拠は本人の演技」だと考えます。
だから「事実の指摘」をし続けているわけです。



 フィギュアの国際大会における採点が「公平」かどうかはさておき、そもそもフィギュアスケートの本質は美の追求。ソチ五輪では、荒川も書いているように、「採点のことよりもフィギュアスケート本来の良さ」を楽しむべきではないだろうか。
(文=エンジョウトオル)


フィギュアスケートの本質を、エンジョウトオル氏はこう結論づけるわけですが、そもそもキムは美しい動作ができません。ならばキムはスケートの本質を体現できていないことになります。


> ソチ五輪では、荒川も書いているように、「採点のことよりもフィギュアスケート本来の良さ」を楽しむべきではないだろうか。

解説者の荒川静香大先生は
トリノでは採点のおかげで五輪金メダリストになりましたよね。
今のこの人は自分さえ金を取れれば
後のことはどうだっていいと言っているようにしか見えません。

五輪金メダリスト自らが
採点のことは忘れろ」と主張する競技を、
姐さんは初めて見ました。

後輩の育成とか、競技の振興とか、
解説者の荒川静香大先生はそのへんのことは
何も考えていないんですか?

あなたが単発のスケート教室で教えていることをキムはできていないようですよ?




人気ブログランキングへ
関連記事
スケ連副会長・荒川静香 | コメント(43) | トラックバック(0) | 2014/02/18 17:29
コメント
荒川さん…
好きだったんだけどな。
色々痛い人…というのが分かっても、それでも私は彼女のスケートが好きだった。
でも「荒川静香はキムヨナよりスケートが下手」なんですね。
分かりました。もう見ません。
サヨナラ荒川さん
ネットで言われてること無視できないんですね。わかりますよ。大きくなってきた「声」、怖いもんね。知らなかった人たちまで気づいてきたもんね。追い詰められてるように見えますよ。荒川さんほかバカな元選手、関係者諸氏、本当に人相の悪い人たちばかり。汚いカネと権力、名声にしがみついたら不幸になります。一生、真央さんの後ろを歩く「日陰者」ですねw
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この方は、何を怖れて必死なんでしょうか?言っていることが支離滅裂、矛盾しだしましたね。

浅田選手が金メダルを手にすることが嫌なのでしょうか?私は、そう解釈してしまいました。
素人目にも、酷い動作。もう、演技、スポーツには見えないので動作にします。荒川静香ともあろう方がわからないのですね。

五輪後、今後は解説などは減るでしょうね。私は、面白くも為にもならない解説はつまらないから違う方の解説を望むと言い続けます。メールでも、なんでもします。

今の荒川さんは般若顏ですよ。嫉妬と欲に狂った女の顔。見たくなかった。無心だったあの人はいなくなってしまいました。
え~!
って感じですよね。
まおちゃんのことが嫌いで、自分の地位を崩したくないのかな?
ただ、こわ~い。NHK杯のインタビューといい、悪意を感じますよ。
まおちゃんにスピードがないなんて、よく言えますね。
トリノの感動もなくなってしまいますね。
どんどん顔がしゃくれて怖くなってきますね。
新婚女性ってきれいになるっていうのに。
今のジャッジは猫でも出来る
確かそう言いましたよね?荒川さん。
いつから「ジャッジは絶対」になったんでしょう。

荒川静香大先生に聞きたいド素人からの質問
①スピンもステップも要素さえこなしていればレベルを取れるのは
ヨナ擁護が散々言ってるので解るのですが、加点は?
トラベリングしても、やっとこさ足を持ち上げても、足を下ろすときに
ドスンと音がしそうなスピンでも、真央ちゃんと同じくらい加点が付くのは何故ですか?加点て、その要素が優れてるから付くものじゃないんですか?
②ジャンプの前にステップとか、イナバウアーとか、イーグルをしてからジャンプすると加点が付くのは解るのですが、そのイーグルが足を開いて手を上げただけでも、上半身を軽く反らしただけのイナバウアーでも、加点モリモリ付くのは何故ですか?美しさは関係ないのですか?
イナバウアーがお得意の荒川静香大先生、どうぞ私の疑問を解いてください。

荒川さんは、真央ちゃんが金メダルを獲得すると困るのでしょうね。
日本人女性で初めての金メダリスト、自分以外の人が金メダリストになるのは許せないのでしょうね。
しかも真央ちゃんならなおのこと。人気も実力も負けてますから。
でも、残念ですね。真央ちゃんは、ソチでは必ず金メダル獲得します!!
No title
荒川さんの解説はもう聞きたくないです。
男子のだけしてくれればいいんじゃないかな。
本人もその方がやりやすいでしょう。
浅田選手の時は温かい気持ちで応援してくれる織田君がいい。
いくら冷静に解説してくれても、選手に対しての思いやりとか
感じられないし、こんなヨナ上げ記事かくのなら
もうアイスショーも行きません。
荒川さんは個人主義者なのでしょう。「私は私 あなたはあなた」、「他人の干渉は受けないわ」だから何をどんなに伝えても徒労に終わると思います。「私は私の立場があるから」で完結です。
ずばりフィギュアスケートが天職でしたね。猫から頂いた金メダルを大事にして幸せな家庭を築いてください。
人を馬鹿にするのもいい加減にしなさいよ
アラカーさん。

視聴者が何も知らないと思ったら大間違いですよ。甘すぎる。

どんなに足掻いてももう無理なんですよ。皆知っている、誰がうそつきか。
真央ちゃんはファンは真央ちゃんが大好きだから何年も前から試合のDVDを保存していますよ。
今の発言の矛盾はあなたの過去の発言あなたの過去発言が証明してしまっていますよ。
自分の発言には責任を持ってください、金メダリストでしょ。影響がありますよ。あなたにも。

便利な世の中になったのかなと思っていましたが、逆にまずい事が多くなってきましたね。
うそが世界中に発信されている。
思っているよりも大きなことになっている。怖いですね。

真央ちゃんが世界1だという事は真央ちゃんの演技が証明してしまっているし永遠に残ります。
どんな理屈をこねても無理。映像で残ってしまっているから。
キムも同様。映像はずっと皆が見ます。
アラカーさんのご発言もずっと残っちゃいますね。

もうね、何をのたまっても騙されないんだわ。
No title
姐さんのフィギュアへの愛と心意気に感銘しました。
私の拙ブログで紹介させてください。
No title
上の人も書いてるけど、荒川は真央に金メダルを取って欲しくないんだよな~
自分の地位が揺らぐからね

前から真央には全く愛が感じられなかったし
ちっちゃいわ

クールビューティとかどこが(笑)
トリノにもし真央が出てたらお前は銀だったくせに

そもそもトリノもスルツカヤとコーエンがこけてくれたおかげだしね

ライバルがこけたのを確認して、
簡単なジャンプ(3回転2回転)に切り替え、難しいジャンプ(3回転3回転)は回避

そんな女だもん、そりゃ常に上を目指す真央とは相容れないだろう
かわいそうな女!
No title
「公平かどうかはさておき」って、おいといちゃダメでしょ。公平なのが大前提でしょ。公平でなく、本質を楽しむべきであるのなら、そんなスポーツはOPには場違いです。観客に本質を楽しめというのなら、本質を誰よりも理解しているフィギュアの経験者をジャッジに揃えて、採点者名を公表しなさい。
解説者があっちへふらふら、こっちへふらふら。何をどう解説しているのか、さっぱりわかりません。原因は、嘘をついて辻褄をあわせようとしているからにすぎません。
出版関係の方々、OP明けはネタに困らないですよ。売り上げで他社に遅れをとらないように頑張ってね。
敵は荒川ではない
私もこの記事には心底がっかりしました。
ただ記事をよく読むと、荒川さんが直接「ネット民」に反論しているのではないですね。この記事を書いたのは荒川さんではなくて、”エンジョウトオル”という記者です。そして荒川さんの新書の一部を巧みに引用しながら、あたかも荒川さん自身がネット難民の主張に反論しているかのようにして、問題の本質を歪曲して、以下のように結論付けています。

フィギュアの国際大会における採点が「公平」かどうかはさておき、そもそもフィギュアスケートの本質は美の追求。ソチ五輪では、荒川も書いているように、「採点のことよりもフィギュアスケート本来の良さ」を楽しむべきではないだろうか。

このフィギュアの国際大会における採点が「公平」かどうかはさておきのフレーズが、この記事の本質です。この記事を書いた記者は、「ネット民」に採点の公平さなんか無視しろといいたいのです。全くばかげた主張です。採点が公平でないスポーツを楽しむべきだなんて。。。。

結局、荒川さんなんてメディアに利用されている弱い立場の人間にすぎないのです。私たちの敵はもっと大きな存在なのです。


荒川wwwww
あーあ、私はもともと荒川が選手だった時代から品行方正だなんて一切思っちゃいませんでした。
彼女の人となりに一切の興味がねーし解説も聞いちゃいねーし、姐さんのブログに皆様が書かれたコメントを拝読しても「やっぱそうなんだー」くらいの感想しか持ちませんでした。

あなたがここまで及ぶ以前だって、あなたの人格になんて期待しておりませんでした。これっぽっちも。

でも、今後一切、

「荒川静香は棚ボタ金メダル」

「他のもっと上手い選手が失敗したから金メダルをとれたんでそ??」

と言う人達に、荒川静香という名のかつての選手が、
極上のスケーティング技術の持ち主で、
超絶難度のビールマンポジションのバックスパイラル、
これまた超絶難ポジの手放しY字のスパイラル、
ぶっとびスピードのレイバックイナバウアー、
ルール改正後初めてのオリンピックで新ルールに対応してしっかりレベルを揃えてきた技術的な優位性、

などなど、かつての荒川静香はどれほど優れたフィギュアスケートの選手だったのかという事、
あの日の荒川静香は正に金メダリストの演技をしていたのだという事、

なんて金輪際言いません。

だってあなたの「フィギュアスケート」は「ルールや採点のことを考えすぎない」で「衣装を楽しむ」でしたっけ??

そうですか、あなたは青い衣装を着ていたから棚ボタで金メダリストになったんですね。
その「ルールや採点」があって、8年前あなたの首に輝く金メダルはかけられたのだと思っていましたが。

違ったみたい。
これからあなたは棚ボタ金メダリストですよ。ふふ。
とらうま
荒川さんはトリノオリンピック前に真央さんに惨敗したグランプリ大会の2試合がどうしても忘れられず
とらうまになっている様な気がします。

本来なら金メダルも取り余裕を持って後輩である真央さんを応援すれば良いものを心の内がぐちゃぐちゃなのであんなにぶれた解説になるのでしょう。

私はもともと彼女のスケーテングが真央さんやコストナーさんのような温かみが感じられず好きではありませんでしたが、ここまでくるとそれも彼女の冷たく意地の悪い性格の所以かなと思ったりしています。

真央さんも気の毒です。安藤さんや荒川さんのような癖のある先輩の中で選手生活を送っているのですから
キムヨナのような一人天下でいられる訳がありません。

でも多くのファンが真央さんを見守りささえています。あと一息です。真央さんファイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
呼んだ?
はい。
自信のブログでキムヨナは八百長だと叫んでるものです。


オリンピックの金メダルというのは
その価値にふさわしくない人が手に取ると
その人の人生を破滅へと導くものなんですね。


いくら棚ボタ金メダルでも、手にしてからの心の入れ替えようで
荒川さんは幸せになれたかもしれないのに、
私怨を消化できずに今ではただの操り人形。


ただの恥さらし。


あなたの様な人を憐れな人間って言うんですよね。



…ってあー!腹立ってきた!
荒川静香のHPから直接抗議メールしてやる!



姐さんいつもありがとうございます。
私の心のよりどころです。
なべともさんへ
私、周囲に注意されても安藤美姫がしーちゃんと
荒川静香のことを呼び、懐いていた、という
報道を目にしたことがあります。

そして、安藤美姫が昔から性格が悪いと言われ
続け、何度か女子選手達は仲が悪いという話も
聞いてきました。

総合すると、浅田真央選手に、上記二名は下らない
嫌がらせなどを何度かしてきたのでは、と
思っています。
当人達は嫌みな態度、ちょっとした意地悪程度の
意識であったでしょうけども。

自国のマスゴミだけじゃなく、敵が身近にも
居たんだなぁ、と心が痛みます。

浅田選手には、思いっきりのびのびと五輪で
最高の競技を行って欲しいです。
フェアジャッジ求む
荒川さんはつくづく運のいい人だと思います。トリノの金にしろ、後輩たちによる空前のフィギュアスケートブームで荒か(わ)ーせぎしてる事にしろ。羽生選手が2連覇へ向け続行、小塚選手現役続行表明、宮原選手など若手の台頭。五輪後も日本のフィギュアスケート人気は衰え知らずでいつも満席。安泰だ!荒川さん。
でもアジア初フィギュアクイーンの荒川さんを差し置いてキムがIOC委員目指すんですって。こんなこの肩もつのやめてよーー。本音を言うのは難しいお立場でしょーけど。ガクッ
まあ週刊誌だしあの文章が全て新川の言葉ではなく記者の盛りが入ってると思うけど、
荒川はいつも真央ちゃんに妙に冷たいんだよね。あの人冷静ぶってるけど、嫌いな選手のことは意地でも良いように言いたくないっていう個人的感情丸出しですごく醜い。
そりゃ現役時代、浅田真央に勝てなかったもんね。恨みたまってんだろうね。
安藤は自分より下だと思ったから可愛がってたんだろうけど、安藤があんなだらしない性格じゃなく真面目に取り組んで本来の実力発揮してたら荒川なんて凌駕してただろうし、そしたら浅田真央と同じ扱いされてたかもね。
荒川のエラおばさんの、無表情の顔の裏に張り付く真っ黒で薄汚い感情が透けて見える
もうだめですね
荒川がTVに出てきてしゃべるたびに、うちのおばあちゃんが「棚ボタで金とっただけのくせに偉そうに」っていつも言ってました。
「何言ってるの、金メダリストに失礼よ」っていつも私は怒ってたんですが、もう怒るのやめました。おばあちゃんの言ってることが本当だったんだな、って。
荒川の金メダルに喜び、祝福してたあの頃の気持ちはもう戻りません。
かけがえのない金メダルの価値を、自分でこうして限りなく貶めていることに、荒川は気づいていないんでしょうか。残念です。もう同情なんてしませんけど。
No title
荒川さんにがっかりしました・・・
でも何も知らないでいたら荒川さんのこの言葉にやっぱりヨナはすごいんだと
思ってしまうことが本当に悲しい。
テレビもヨナがヨナがで一生懸命ヨナのひどさを訴えてきたのに職場の人など
テレビの受け売りそのままでキムヨナってやっぱりすごいんじゃないの?ってまた言い出す始末。

やりきれません。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
真央ちゃんが金メダル
荒川さん、
バンクーバー・ヨナ・フリー、150点越えを見た時

何なんですか この点~~~っ!!??

って叫んでたのは なんだったんですかね? 


あんまり がっかりさせないで欲しいです。
荒川さんに限らず、どこでもヨナヨナ。
ここは日本です! 
みけねこさま
話をしてもなかなか理解してくれない場合は、
黒猫さんの本を渡すといいですよ。
お花畑の日本人の感覚からしたら、ジャッジが不正をするとかメディアが反日であるとかは
ありえないことなので。

「ネットを見ておいて!」といっても「忙しくて忘れちゃった」とか
言われることも多いし。

でも黒猫さんの本を渡したら、次に会った時には
「世界が変わった~びっくりした」と言ってくれる人もいました。
さとこさんへ
いよいよ真央さんの集大成の日がやって来ましたね  わくわくどきどきです
悔いのない演技が出来るようにいっしょに祈りましょうね。

荒川さんと安藤さんは真央さんへの嫉妬心が強い為、十分自分の個性で活躍できるのにこんなに批判を
浴びて結局自分で自分の首をしめています。
本人たちはマスコミの世界で生きることを選んでいるので、マスコミの意向と喜びそうな発言もしています。

たぶん真央さんも甘えて擦り寄っていかないので、むこうからすると余計に可愛く思えないのかもしれません。  でもそうだとしても別に真央さんが悪いわけじゃありませんがー

後は真央さんが選手生活を終えてどのような道を選択するかで、また彼女達が真央さんに対しての対応が見えてくるのではないかと思います。

それより今はとにかく真央さん頑張れー フレーフレー

No title
>これを不正としたら多くの選手が不正に該当してしまうのではないだろうか、というほど微妙なところだったのです。

ルッツ、フリップの踏切りに関してスロー再生を用いてよいというルールに変わってから
微妙な踏切であってもほかの選手は既に判定を受けて減点されてんだよ。男子も女子も。

キンケンジのフリップは微妙な踏切なんてもんじゃない。
重心もアウトに乗った紛れもないリップ。判定を受けて当然のジャンプですよ

「キンケンジが判定を受けるなら他の選手も不正」だなんて何を言ってんだろうね?このヒトは???
元記事が消えてますね
サイゾーに載ってた元記事が消えてますね、
この記事と、これに続く記事と荒川さん関連の2本が表示されません。
それとも一時的なエラーでしょうか、私だけ??

ともあれ、先日この記事を読んだ時には
「荒川さんの書いた言葉」を使って、ライターさんが独自解釈を
かなり強引に誘導、ミスリードしてる気がしてなりませんでした。

私自身はこの本を読んでないし、
元記事も消えてしまってるので検証のしようはないのですが
「荒川さん、そういう意味では使ってないでしょ?」と思いながら
読み進めた覚えがあります。

とはいえ、荒川さんご自身の言葉にも多々違和感を覚え
それらは既に姐さんが記事中で実証してくれたわけですが。
彼女の言葉にライターさんの解釈が加わって、
とんでもない改悪記事に生まれ変わってた気がします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
朝日新聞「トリプルアクセルと日本人」
姐さん、みなさん、こんばんは。長文失礼しますm(--;)m

朝日新聞朝刊に載っていた「トリプルアクセルと日本人」の増田明美さんと鈴木大地さんの記事がとても良かったです。
増田明美さんの記事は、ほんとにフィギュアが好きでずっと見てきたフィギュアの情報に詳しい人の言葉だと思います。
浅田選手の軌跡や内面的な部分を正確で的確な説明を交えた内容と温かい思いやりに満ちた言葉は
多くのフィギュアファンの声を代弁して下さっていると思います。(記事を読んで朝から涙が・・・)
他の競技の元トップアスリートからしか、このような温かい言葉を聞けないのが本当に残念です。
(と思ったけどそうでもないかな^^;。最近は織田元選手、村主ちかさん、本田さん、ゆかりん、澤田あきさんが好意的な解説をしてくれていますね)
鈴木大地さんの記事タイトルの「技でうならせるのが王者」と言うのも、どのスポーツにも共通なはずなのに
何故フィギュアスケートは大技に対する解釈が恣意的なんでしょうね・・・。

朝日新聞のHPで無料登録すると全文読めるようです。
著作権が気になるので、どこまで紹介したらよいのか迷いつつ、抜き書きを載せます。

**********************************************************************************朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S10986434.html
社会オピニオン 2014年2月19日05時00分
(耕論)トリプルアクセルと日本人 増田明美さん、末國善己さん、鈴木大地さん

日本時間の20日未明、ソチ五輪フィギュアスケートに浅田真央が登場する。
彼女の代名詞と言えば、最高難度の大技「トリプルアクセル」。集大成の五輪で華麗に跳ぶか。見逃せない。

■合理性になびかぬ求道心 スポーツジャーナリスト・増田明美さん
『フィギュアスケートのリンクは、絶対的に孤独な世界です。大観衆の視線のすべてを受ける中、たった一人でフリーだと4分間を戦い抜かなければならない。私なら足がすくみます。
 氷上に立つ浅田真央さんを支えているのは、トリプルアクセルかもしれません。極めて難易度が高く、成功しないリスクもある。……』続きは無料登録すると読めます。
以下抜き書き。空けてある行間は省略部分です。

【増田明美さん】『合理性になびかぬ求道心』
フィギュアスケートのリンクは、絶対的に孤独な世界です。大観衆の視線のすべてを受ける中、
たった一人でフリーだと4分間を戦い抜かなければならない。私なら足がすくみます。
氷上に立つ浅田真央さんを支えているのは、トリプルアクセルかもしれません。
極めて難易度が高く、成功しないリスクもある。

ソチ五輪の女子で挑戦するのは浅田さんだけで、ライバルのキムヨナさんもできない。
誰もいけない頂きを目指す姿に、宮本武蔵のような孤高さを感じます。
銀メダルだったバンクーバー五輪の後、浅田さんは佐藤信夫コーチの元、ジャンプの矯正に徹底的に取り組みました。
基礎を一からやり直したんですね。

メダルのために安全策をとって、難しい技へのこだわりを捨てるという選択もあるかもしれない。
でも、「この技を完結させたい」と言う強い意志が勝っているのでしょう。
今の世の中って、合理的なことを求めるあまりリスクを避ける傾向が強い中で、彼女は違うんですね。

1980年代ごろからフィギュアのファンでした。

特に伊藤さんのトリプルアクセルは目に焼き付いています。
比類ないジャンプの高さと回転の速さ。「天才だ」と思いました。

でも、真央ちゃんって、アスリートとしての強さとは対照的に、インタビューに答える姿は何の気負いもなく、
可愛い気立ての良い女性です。そのギャップも魅力的。
彼女を悪く言う人はいないと思うけど、もしいれば「何でよ!」って怒っちゃいますね。
最後の五輪になるようですが、「スケート人生に悔いなし」と思えるように力を出し切ってほしい。
~後略~(聞き手・古谷聡一)

【鈴木大地】昨年6月、史上最年少の46歳で日本水泳連盟会長に就任。順天堂大学教授。
『技でうならせるのが王者』
     ~前・中・略~
日本人は技を突き詰める作業が好きだという面もあるでしょうが、勝ち抜くためにやらざるを得ない。
バイオメカニクス(生体力学)の分野では他国をリードしています。
そうした技の工夫は、しばしばルール変更に苦しみました。

もちろん今後は若い選手のために、日本人に不利な改正にならないように努力したいです。
採点競技のフィギュアスケートは難しいと思います。個人的には演技の美しさだけでなく、この技が素晴らしいと思えるチャンピオンが見たい。あくまでスポーツの競争ですから。
トリプルアクセルに挑む浅田真央さんの結果がどんなものになるにせよ、一番大事なのは、浅田さん自身が
五輪が終わった時にどういう形なら納得できるのか、ということです。
それを決められるのは本人しかいません。
(聞き手・阿久津篤史)
***********************************************************************************
『そうした技の工夫は、しばしばルール変更に苦しみました。
もちろん今後は若い選手のために、日本人に不利な改正にならないように努力したいです。』
鈴木大地さんは昨年6月、史上最年少の46歳で日本水泳連盟会長に就任とのことですが、
自国の選手のためのこういう言葉をぜひスケート連盟からも聞きたいものです。

『個人的には演技の美しさだけでなく、この技が素晴らしいと思えるチャンピオンが見たい。
あくまでスポーツの競争ですから。』
他の競技のメダリストからこういう言葉が出るってことは、やはりフィギュアの採点・評価に疑問を
持たれているのかなと思いました。
元アスリートの売国奴が二人も
荒川さんは金メダルを首にかけて日本国籍を捨てればいい。この人の出るショーには行きたくない。他のまともな選手たちと共演してほしくない。氷が汚れる。

好きなだけKYと共演すればいいと思うよ。絶賛トンデモ擁護をしておきながらKYをフレンズオンアイスは呼ばないなんてことはしませんよね????バンクーバー後は何だかんだで招待しませんでしたけど今年は覚悟の上での恥知らず発言ありがとうございます。
No title
素人からいるとキムヨナの演技ってぱっと見でキレイで雰囲気あって
ほかの人と違うなあていつも思います。
オーラっていうか。
手足も長くて美しく見える。

ただ
ニワカの意見です。
ここのサイトの細かい分析とか見て勉強になります。
羽生くんのSPの高得点はやっぱりすごい。ニワカでも納得。

キムヨナは今日観て思ったのはキレイで美しいけど
無難なだけって感じがしました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なぜいま
荒川さんの反論、内容はともかくなぜいまこんなことを言われたのかと思いました。

高橋大輔さんの曲事件のとき、こんな時期に、と言われましたが
それ以上になんでこんな時に!と思いました。

誰もがナーバスになっているときに、最大のライバルとずっと言われてきた相手のことを自分より優れていると言われて動揺しない人がいるでしょうか?それも味方と思われる先輩から発言されたのです。

自分が一番と思わなければ自信持って観客の前には出られません。それをよく知っている荒川さんがこの時期に反論を出したことに悪意を感じずにはいられません。

この反論は高橋大輔さんの曲の件と違い、競技が終わってから言っても何も困ることはないのですから。


No title
すごく分かりやすくまとめてますね、とても見やすかったです
八百長だというのが一目瞭然で分かりますよコレ…
No title
今さっき見た番組で、
あらかーさんが真央ちゃんをハグして、健闘をねぎらっているシーンが!!!

いまさら「いい人」ごっこしてみても、
もう騙されません!
言わされてる感ありあり
あらかーさん、に限らず実況解説なんかだとあれ、なんだっけ美人のヤギナーさん、あれもキムチ姐さんアゲろって言われてアゲれなくて黙り込むよね!エラーはスルー、ミスはその後を褒める、あれだけウィウィ漕いで移動してタイミングだけ狙ってりゃー着氷率も高いだろーよ。浅田さんなら100%だろーよ。浅田さんのプログラム滑ってみろってんだ。金メッキと銀メッキ飾って家で泣いてろー!
キムヨナを韓国語でググってみた
すみません、今までこのブログを傍観していただけだったんですが、
今回の真央ちゃんのフリーのラフマニノフに強く心を打たれてたまらずコメントしました。

ちなみに韓国版Googleでハングルでキムヨナでググってみて翻訳にかけてみたんですが、
結果は「署名運動」などでした^^;;;;

その中で気になるものがひとつ。
「海外反応」というのがあり、以下のことが書かれていました。

「キム・ヨナの演技に国内はもちろん海外でも賛辞を送った。 ‘2014ソチ オリンピック’を米国に独占中継しているNBCでは“キム・ヨナは銀メダルを受けたと変わるのはない。 4年前より良くなったようだ”とほめた。 キム・ヨナの親しいで知らされたジョニー、ウィアーも“とても愛らしくて驚くべきだ”と付け加えた。

また、米国USAトゥデイはオンライン ホームページ メイン画面にキム・ヨナのガラショー写真を掲載して“ハイライト舞台は金メダリストの舞台だったがこの日主人公はキム・ヨナであった”と紹介した。」

とあったんですが・・・妄想ですかね?^^;
同類
オリンピック前に、荒川さん、伊藤みどりさん、八木沼純子さんお3人のトーク番組を観ました。
ぱっと観た見た目だけの時点で(普段の解説の諸々は置いておいて)

八木沼さんは相変わらずお綺麗
伊藤さんは、ちょっとふっくら、やりました?感はあったけれど、すごく良いお顔の印象

荒川さんはよどんで見えました。


演技終了後の浅田選手にインタビューしているとき
落ち着かない手のリアクションがずーーーーと。
日テレアナウンサーの元で得たというしゃべりもアタフタ。


原稿や資料を読んだり、フリップをみてしゃべることだけを「冷静な解説」とアゲ評価してもらってる。


誰かさんによく似てると思いました。

通じるものがあるから、自分が評価されていると思って心が落ち着くのでしょうね。
No title
メディア恐いですね
そういや真央ちゃんが年齢制限引っかからなかったら
荒川さん金メダル取れなかったね(笑)
そもそもオリンピックには行けたのかな?
まぁこの人はどっちかっていうと、キムヨナ寄りの技術は低くて安定と雰囲気の選手だったゎ…
トリノ後、日本スケート連盟理事になったんですね(笑)
なんか怪しい臭いがプンプンしてますね。
だんだんシャクレ、エラ張り、細つり目な意味がわかってきました。
そろそろ解説も引退して欲しい!
高難度の技に挑戦し、惜しくも転倒した、スルツカヤ選手にコーエン選手。対して2人の失敗のおかげで、無難に3-2回転にて金メダルをゲットした棚ぼた金メダリストの荒川さん・・確かに綺麗な滑りでした。
ただし感動した?と問われたら・・・No!と言わざるを得ない。
でも、OP金メダリストに変わりはありません。
いつの時も、本来金メダルをとって然るべき人がとれないものだなぁ・・
それがOPなのかもしれないなぁといつも思っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
あの記事の中で
浅田さんに関しては「天性のほにゃららで〜」
と、いちおう仕方なく?褒めた後
ISU一派が口を揃えてる論調そのまま
受け売りで「スピードの緩急が無い!」と
欠点の様に指摘しますが
ヨナに関しては微塵も欠点を指摘しない。
 そもそもスピードの緩急ってw
 それはコレオグラファーのお仕事。
決まってるBPMの曲、エレメンツ、演技、距離のなかで
急にスピード上げたり下げたりするなら最初から
そういう振り付けになってないと成り立たない。
 荒川氏のトリノの「金」の演技
一切!!スピードの緩急無しですよ。

説得力ゼロだし、日本人は殆ど
そんな荒唐無稽なキム上げの無茶な指摘に
呆れてます。ISUと電通の依頼で
緊急出版したんでしょうね。
風評操作の為に。お仕事とはいえ
辛いですね。1億人の日本人ファンは
真央さんの演技を正当に評価してます。

うんざり。尻もちついても歴代最高得点叩き出す
スケーターのゴリ押しなんて。

管理者にのみ表示