伊の選手 ドーピング検査で陽性反応


伊の選手 ドーピング検査で陽性反応
2月22日 2時21分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140222/k10015440361000.html
ソチオリンピックのボブスレー男子4人乗りに出場予定だったイタリアの選手1人が、ドーピング検査で陽性反応が出たため選手団から外されたことが分かりました。

これはイタリアオリンピック委員会が21日に発表しました。
処分を受けたのは、イタリアの男子ボブスレー代表、ウィリアム・フルラニ選手です。
それによりますと、フルラニ選手は18日に選手村で行われたドーピング検査で陽性反応が出たあと、再び21日に再検査した結果、使用が禁止されている薬物の興奮剤に陽性反応が出たということです。
イタリアオリンピック委員会は、IOC=国際オリンピック委員会から検査結果の報告を受け、すぐにフルラニ選手を選手団から外しました。
フルラニ選手は大会参加資格を失い、すでに選手村から離れたということです。
今大会は冬の大会としては過去最大規模でドーピング検査が実施されていますが、大会期間中に違反が確定し、IOCから正式に処分が決定したケースはまだ出ていません。


idioc.png



人気ブログランキングへ
関連記事
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/02/22 03:13
コメント
ドイツの選手も
独女子選手、ドーピングで失格=IOC
http://www.jiji.com/jc/2014sochi?s=news&k=2014022200108

【ソチ時事】国際オリンピック委員会(IOC)は22日、ソチ五輪バイアスロン女子のエフィ・ザッヘンバハーシュテーレ(ドイツ)がドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応を示したため、大会から追放したと発表した。今大会のドーピング違反第1号。
 ザッヘンバハーシュテーレは17日の検査で興奮剤メチルヘキサンアミンが検出された。女子12.5キロと混合リレーで4位入賞したが、失格となる。順位変更やさらなる処分は国際バイアスロン連盟が行う。 (2014/02/22-07:45)
やっと落ち着いて
真央さんのフリーを見てる途中から涙が出始めて、その後は姐さん方の記事や皆さんのコメントを目にする度に泣くのでほとんど目が開いてられない状態が続き今朝やっといつもの状態に戻りました。

本当に真央さん素晴らしかったですね。 こんなに不正にまみれたフィギュア界に一石を投じたのは、まぎれもなく真央さんの演技そのものでした。

誰が採点できるでしょう  あの誰もが心を揺すぶられる舞はメダルという形ではとうていあらわせません。

彼女はやはり天上から舞い降りてきた天使のような気がします。真央さんを嫌いになれる訳がありません。
それは自分の心の醜さを知る事になるからです。

真央さんのフリーの演技を見た人で何の感動もわかなかった人がいるのだとしたら、その人はどこか心が病んでいるのだと思います。

いつも彼女を貶めているマスコミの人達でさえ今度ばかり擁護しているのは、やはり真央さんの持つ圧倒的なパワーに打ちのめされたのかもしれません。

なんて真央信者である私の勝手な想像にすぎませんが、でもあながち間違ってもいないようなー。

真央さん今とても幸せそうです。すごく穏やかな顔をしています。本当に天使のようです。

真央さんのこんな姿を守ってあげたい。そのためにも私達は明らかにおかしいと思う今の協会のあり方を正していく必要があるのです。

ソチもやっぱり立派に不正のおんパレードでした。

ドーピング検査
真央ちゃんは6位だからドーピング検査は受けなかったのでしょうか?
もしそうだったら本当に神様に護られたのでしょうね。
何か盛られたら…と最悪のことまで心配したのでした。

銀メダルでも文句を言うあの国の様子に心底呆れ驚きますが
これであのKYがドーピングに引っかかったりしても
スルーされそうでモヤモヤします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示