海外向けの拡散サイト

海外の俺たちもさすがに今回ばかりは「採点がおかしい!」ということに気づき、声を上げ始めているようです。

チーム公正の有志の皆さんが既に海外向けに不正採点の物証をまとめてくださっています。

■英語
Be Fair for all figure skaters!
http://seesaawiki.jp/fair_4_all_skaters/

■ロシア語
Справедливые оценки всем фигуристам!
http://connieonice.wordpress.com/


近日中にここに「浅田真央が戦ってきたもの」の英訳版が加わります。
浅田真央が戦ってきたもの
http://www31.atwiki.jp/injustice/

管理人さんからのメッセージがありますね。
英訳についてもうまく連絡が取れるといいのですが・・・

皆さんもさまざまな媒体を使って主にネット上でそれぞれに拡散に励んでくださっていると思います。
海外向けの問い合わせについてもこのブログでまとめられています。

各種問い合わせ先
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-category-31.html

日本語ができる人は日本語で。外国語ができる人は外国語で。
姐さんは最近、海外へのメールでも「日本語で出す」という暴挙に出ています。
読みたきゃそっちが訳せという勢い。それでも何も言わないよりはまし、と思うからです。
もちろんネット上の無料翻訳サイトも駆使しています。
英語、フランス語、日本語で同じ内容のメールを出してどれにお返事がくるのか、あるいはどのメールアドレスが無視または禁止されるのかなどなど、「反応がない」こともひとつの反応だと思うので、せっせとあれこれやっています。


できれば、ですが、このブログには「問い合わせ結果」を書いていただくエリアがあります。
そちらに皆さんが得た「結果」を書いていただけるとありがたいです。
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-category-70.html

それから「ここに問い合わせた」ことを書く記事も。
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-category-71.html


日本語しかできない、と思わないでください。あなたは「日本語ができる」んです。
誰に何をどう伝えたら効果的か、まずは身の回りのご家族、お友達などに「伝わる伝え方」を模索して腕を磨くのは決して無駄ではないと思います。

でも、喧嘩はしないでくださいねww縁あって家族です、友人です。お互いがお互いを拒絶しあったら悲しい結末が待っています。
そうではなく、誰が何を「思う」のかは誰にも強制できません。それができるのは「暴力」を伴ったときだけです。でも、誰かが「自分はこう思う」という結論を出すための「材料」を提供していくのもチーム公正の活動の大きな柱のひとつだと思うのです。

海外の俺たちもきっと「真実」を求めている。それは姐さんたちと変わらない。
その「判断」にはナショナルバイアスや好き嫌い、利害や利権がからんだとしても、本当の真実は「選手本人の演技」です。これが最大にして最強の物証です。

「不正の証拠は本人の演技」

なぜこれで勝てるのか? すべてはそこから始まります。


人気ブログランキングへ
関連記事
「全選手に公正な採点を!」拡散用エリア | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/02/26 03:02
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示