浅田真央FS仮面舞踏会ステップ解説

『Figure Skating 98-09 Flashback』というムックに掲載されていた浅田真央選手のフリー「仮面舞踏会」ステップの解説です。
こちらすでに絶版になっているので姐さんは中古で買いました。有志がアップしてくださった図解を掲載します。
タラソワ先生から「死ぬ気で滑れ」と言われたという「あの」ステップですがこれだけ踏み分けながら美しく舞う姿、まさに怒涛の鬼ステップでしたね。

2009-2010仮面ステップ解説-1
2009-2010仮面ステップ解説-2
2009-2010仮面ステップ解説-3
2009-2010仮面ステップ解説-4

全体拡大画像


で、リンクをどのように使っていたかという解説。

mao-1.jpg
mao-2.jpg

全体拡大図


人気ブログランキングへ
関連記事
未分類 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2014/03/03 12:52
コメント
No title
アップありがとうございます。

仮面舞踏会!
最初から最後まで息つく間もないとはこの事、一気に駆け抜けていく凄いプログラムに
はじめて見たときの感動ったら、レディースのプログラムかいって!おったまげたわよ!でした。
タラソワの世界、真央ちゃんの卓越技術の融合に、鳥肌たちました。

ソチのラフマニノフ。本当に、タラソワのセンス、真央ちゃんの人となり品格あっての世界一の作品ですね。

他者に伝えていくこと継続いたします。

KY良い人報道あからさますぎて(怒)
まさかワールドにこないでしょうね。
抗議活動も継続いたします。
毒殺される若妻
姐さま、チーム公正の皆様、こんにちは。

このステップ、本当に素晴らしかった~
時間も45秒と長く、まさに、演じる側にとっては「地獄のステップ」 でも観る側にとっては「極上のステップ」ですね。
たしか、NHKでこのステップの元になった映画「仮面舞踏会」のシーンが放送されてましたね。
夫の嫉妬によって、毒を盛られ、苦しみ悶えながら死んでゆくニーナ……
タラソワ先生は、よくぞこの難しい課題を真央ちゃんに与えて下さいました。そして見事にそれに応えた真央ちゃんは、「すごい」の一言です!
このステップを見て「子供っぽい」などとは・・・
このプログラム、ものすごく印象的でした。
シーズン当初は、あまりの難曲に、ついていくだけでも大変だったので、ともすると単調にみえてしまい、曲の重さだけが悪目立ちしてしまうのではと、心配していました。
しかし、グランプリシリーズ後半ぐらいだったかなあ。フィニッシュのあと思わず倒れてしまった演技のとき。
あのステップで、愛する人に毒を盛られ苦しむ貴婦人の苦しみ、官能、そして彼女は「法悦」すら表現していたと思う。まだ当時18歳(でしたよね?)の少女が「法悦」って、驚くというか、空恐ろしさまで感じたものです。

フィギュアスケートはスポーツですが、浅田選手は芸術とスポーツを融合させた「究極のフィギュアスケーター」と思う。

政治的かけひきの道具やゆがんだナショナリズムのアイコンを超えた究極のフィギュアスケーターは、今回とうとう「採点制度」や「メダル争い」も超えて、別の次元にいってしまいました。

って自分でも何を言っているんだかわからなくなっています。(笑)
ソチからこっち、ものすごく疲れてしまっているのですが、選手たちはもっと疲れているのに、へんちくりんな番組に出させられたり・・・・ねえ・・・。
No title
本当に勉強になりますね。
浅田真央のステップのみを集めた動画がありましたが、このステップは物凄い勢いで動き
しかも長い。そして動きの美しさが素晴らしい。
彼女の進化が見られますね、見られてとても幸せになります。
ISUは彼女の強さが怖かったのでしょうね。そして強く嫉妬した。
認めることが正常なことなんですけどね。
姐さんありがとうございます!
これ見ながら真央ちゃんのステップ見てみます。
すごーい!勉強になります!
おらもこれくらい解析できるようになりたいなあ~^^。

仮面舞踏会は、とにかく衝撃的なプロでした。
ななな、なんだこれは!と。
もう、明らかに他の選手と難易度が違う。ステップなんて男子並みというかそれ以上・・・。
それなのにこなせてる真央ちゃんって一体何者なの!??と、心底ビックリしたものです。
これも歴史に残る名プロだと思います。
懐かしい~~
私、これ見たのが切っ掛けで
ステップシーケンスのトレース書いて勉強しましたよ。
姐様ありがとうございます。

おっと、この勢いでサッサとお勉強動画の作業に戻らなければっ
疲れて休憩に来てみたら、一気にやる気スイッチ入りましたw
ロッカー編、もう直ぐ出来ますよ~~

ついでに、ターン編を終えてステップ編も挑戦できたら
こんな風にシーケンス全体を解析してみたいと言う無謀な野望がががw
いつになるか分からないけど、いつかやってみたいです。
No title
あぁっ!ありがとうございます!
SPの仮面舞踏会も大好きですが、私にとっては何と言ってもこのフリー!
ジャンプが決まらず…と言われたGPフランス大会で一目惚れしたこのステップ!

アロエ様、見ました見ました、NHK。本当に、まさに、真央ちゃん、あの狂気のニーナでした。

このプログラムで、ミスありとしても、初めての世界選手権の台落ちでしたね…。
私、この時、初めて真央ちゃんのHPにコメントしました、世界選手権4位おめでとうって。
この難しいプログラムをよく滑り通してくれましたって。
4位でおめでとうって言われるのはどうかと思われるかと心配したけど、台落ち台落ち言われてたから、どうしても言いたくて。だって世界で4位って、本当にすごいことなんだから。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ステップの表現力
姐さま、チーム公正の皆様、こんばんは。

にゃおん様
やっぱりNHKだったのですね。
教えて下さってありがとうございます。

またうろ覚えなんですが、あの真央ちゃんのステップを、苦しそう、笑顔がない、色気がない、と言ってた奴がいて、腹わたが煮えくり返りました。
逆に、kyのシェヘラは、妖艶で余裕があって良いのだとか。

審判を睨みつけて~ニダリ顔して~こ昆布踊りして~ポンポン痛い~…………
私には、シェヘラザードの世界観が全く感じられませんでしたが??
鬼ステップ
手相見姐さん、今晩は。
最初、真央ちゃんがFPで「仮面舞踏会」を演じる、しかも、3Aを2回プログラムに入れると聞いた時はえぇ!?と思いましたよ。
この仮面舞踏会というプログラムは、テンポが速く、曲が豪華なので大技を入れなければ曲との調和が生まれなく、心臓破りのプログラムなので男子でもSPで演じるのがやっとな曲だと知っていました。
これを女子でやらせるとは・・・。いくら真央ちゃんが天才スケーターでも、今はちょっと無理でしょ。せめて20歳過ぎてからやらせた方がいいのでは・・・と思っていました。
でもそこは流石、浅田真央!最後にやってくれました。たしか国別対抗の団体戦だったと思います。ほぼパーフェクトな演技を見せてくれてた時は、「もうあんたって子はなんて子なの!」と叫んでしまいました。
それにしても凄いステップですね。63ものステップを緩急つけてかつ、スピードに乗ってやっていていたとは驚きです。
No title
いつだったか浅田選手がジャンプの天才とメディアから報じられた時に
山田満知子コーチが「真央の本当にすごいところは実はジャンプでなくステップ。
左右バランスなく踏めるのは真央しかいない」
と、まだジュニア時代の浅田選手について評していたのをはっきりと覚えています

「仮面」のステップはまさに満知子コーチの仰る通りのものでした。
更に彼女の凄さをまざまざと見せつけられたのは五輪SPでの同曲でのステップ。
ステップ構成はこのFSと時間的にも構成的にも殆ど変ってなかったと思います
なのに終始笑顔でまるでワルツを踊るかのように足元を弾ませながら踏んでました

FSでは『毒を飲まされもがき苦しむニーナ』を、翌年度の五輪SPでは
「初めての仮面舞踏会に心躍らせる若妻ニーナ」そのものでしっかりと演じ分けしてました

衣装を変えてもプロを変えても何の変わり映えもしない演技より
同じ曲でも解釈を変え、全く異なる印象に見せることのほうが
表現力が高いといえるのではないかと思うんですけどね


記事あったー。この衣装!
今更の書き込み&既出でしたらごめんなさい。お許しを。一般客です。すみません。
ケチをつけてる訳じゃないのですが、ソチ五輪ソトニコワのアーティスティック過ぎるドストエフスキー色なあの衣装、この浅田の衣装のマネというかリスペクト?みたいなことでは??
ソチ終了後に博打大好き8ちゃんねるで浅田本人出演の番組で見た「アイ・ガット・リズム」の演技映像、半身が蛍光濃いめサーモンピンクの衣装を見て、あっ!!!と思い出したのが蛍光イエローだか微妙にグリーンだかの旗振りルイ・フラーか?みたいなソトニコワ衣装……マネというかリスペクトというかインスパイアドみたいな……オマージュみたいな……気がいたしました。
先日の世界フィギュア出場日本選手総出の見ていて恥ずかしくてどうしようもなかった生中継インタビュー後のロシア取材を途中から見て、あれ、やはり…!との感を強めた次第であります。

変だったのは、前掲の番組中、ある一瞬、えっ、きむよな???と驚きよく見たら、15才位の浅田のスパイラル?映像……もしやずーっと、あれならできる!と、長年やり続けてたのか……???と思うと首を捻り過ぎておかしくなりそう、なのでありました。

管理者にのみ表示