・・・そして、美しいままだった

BlKK5KZCYAAEdC7.jpg


子供のころそのままの顔で驚きました。おっさいさんが「まおはいつも新鮮だ。さっき生まれましたって顔してる」と以前書いていらっしゃいましたが(昨日生まれました、だっけかな?)浅田選手はいつも新鮮で清冽で、綺麗でした。美しかった。

そして新鮮で無垢なまま、存在し続けています。

わたしたちはフィギュアスケートの不正採点の虚偽の歴史をずっと見させられてきました。これほどに偉大な選手が正当な評価を得ることなく「実際の演技内容と無関係に、勝たせたい選手をどうあっても勝たせる」というISUの愚劣な思惑に翻弄させられ、けれども決してひるむことなく、闘い続けてきたのを見ました。

ひるんだり、逃げたり、したかったときもあったでしょう。試合でジャンプをミスした後、「あきらめて」しまったこともあったでしょう。やめようと思ったこともあったでしょう。

でも、浅田選手はリンクに戻り、大輪の花を咲かせ続けて、美しい上にも美しい、ほとんど神話的存在の咲きにおう名花として、その偉業の集大成をわたしたちに残してくれました。

バンクーバーの頃を思い出します。曲目も振り付けも衣装も、バッシングの対象にされていました。浅田選手の心構えすら指弾する人がたくさんいました。理不尽と言えばこれほど理不尽なこともない。スケートのルールも何も知らず、もしかしたら浅田選手の演技すら見たこともないような人たちが連日テレビでネガティブキャンペーンを行い、なぜか無関係な外国人選手を嘘をついてまで一方的に持ち上げて、自国のエースをおとしめ続けた。

フィギュアスケートの世界では頂点に立つほどの実績のあるコーチの言葉ではなく、「芸人」や「司会者」の言葉をみんな信じた。そのスポーツについて何も知らない「タレント」が台本通りに言う言葉をみんな信じた。

実に不思議な光景がフィギュアスケートでは見られました。

テレビで、新聞で、雑誌で、スケートのムックで、あらゆる媒体で浅田選手を事実と異なる報道をして、おとしめ続けようとした不思議な国ニッポン。ラジオは聞いていないのでわかりませんが、日本と本来無関係なはずの外国人選手を一方的に持ち上げる発言をした人のリストは持っています。

自国のエースに「負けろ、負けろ」の大合唱です。「勝てない、勝てない」の怒号です。

日の丸を背負って世界で戦ってきてくれる選手への、それがニッポンジンからの仕打ちでした。

マスコミはそうでした。

孤立無援。

まさにそんな状況に思えました。

そんな中で肩を寄せ合うようにして、この尊く貴重な炎を守ろうと、ご家族もコーチも必死だったと思います。この火を絶やしてはならない。この炎こそがフィギュアスケートの未来なのだと、目の前で死ぬ気で努力し続けているひとりの選手をなんとか守りきらなければ。そんな思いもなかったとは言えないと思います。

度重なるルール改正で狙い撃ちされ、追い詰められ、普通の人だったらおそらく自ら死を選ぶほどの、恐ろしい重圧の中でのあの演技。

真央ちゃんがんばれ、の思いで、どれほど祈っていたことか。どれほど必死に守ろうとしていたか。

がんばってほしい、守ってあげたい。

その思いの一端は、わたしを含め、ファンの皆さんはきっと昨日のことのように思い出せるはずです。

浅田選手は卑劣きわまりないISUとの死闘の果てに圧勝しました。SPの得点など、本当はもっと早く、もっと大きくごぼう抜きでぶっちぎりの高得点で塗り替えていたはずです。FSも、また。

最後の最後までしみったれた、削りに削った採点で、なおもあの圧勝です。

ここに至るまでの努力は尋常なものではなかったと思います。本当に本当に立派だったと思います。

そして理解されないことや不当な評価をされること、あらゆる人、団体、組織、企業から勝手な思惑をぶつけられ続けてきたことに対して何も言わず、浅田選手は「フィギュアスケートっていいな」と言いました。

この選手にして初めて言える言葉です。この重み。この尊さ。

浅田選手はきっと、「面白い」「やりたい」「できる」と思い続けてきたのでしょう。自分の体を訓練して「思う通りの動き」ができるようになるまでの過程。自分のものでありながら、なかなか思いのままにならない体。それとつきあい、仲良くなって、一緒に美しく強くなる。その過程を試合でリンクで披露する。

それは自分との対話です。
実施している要素が高度になればなるほど、誰にも理解できない、「わかる」と本当に言える人は限りなく少なくなる、超一流のレベルでの「自分との対話」です。もう余人の追随を許さない、わかりたくてもわかれない世界です。

研ぎ澄まされた感覚の世界。細い細い目に見えない糸一本を目をつぶってたぐるような、その線の上をぎりぎりのラインで進んでいくような世界。
職人技、とも、神業とも言いたくなるような世界です。

その対話が、きっと楽しかったのだろう。大きな喜びだったのだろう。姐さんはそう思います。




あるときから浅田選手は優勝したいとか、得点が嬉しいと言わなくなっていきました。

「得点より自分の演技を」。採点競技の選手がそう言わざるを得なくなった異常性。点は欲しい。認めて欲しい。死ぬほどのがんばりをきちんと評価して欲しい。そう思わない人は競技にそもそも入りません。おそらくやめてしまうでしょう。そう言わざるを得なかった、それまでの採点の酷さです。


もう、そういう次元で勝負をするのをやめていた。でなければ続けていられなかったでしょう。トリノワールドで得点が出た後の浅田選手の顔。思い出すだけで断腸の思いです。よく耐え抜いたと思います。

でも、わがままといえばこれほどわがままな人も実はいないのかもしれません。「わたしはこう滑る」を絶対に譲らなかった。サムライ、と称される選手ですが、サムライはサラリーマンです。上の命令は絶対です。上の命令に逆らうときは諌死(かんし)と言って自分が死にます。サムライはご用奉公の悲しき存在。浅田選手はサムライではありません。ただ、「浅田真央」であり続けた。

国の代表選手です。枠取り、メダル、重圧は常につきまといます。でも何よりも自分が目指す理想のスケートを大切にし、結果、実績という形でそれがしっかりついてきた。

怪我をしていても、体調が悪くても、ジャンプの矯正で苦しんでいても、いつもリンクに立ち続け、ありのままの姿で滑っていた。

その作為のない、天然自然のままの美しさに、不屈の闘志で磨き上げた超絶高難度の技術を盛り込んで、そして「美しい心」のままで滑っていた。

姐さんは冒頭の写真を見たときに、奇跡だ、と思いました。

浅田選手から失われたものは何もない。「美しい心」のままで穏やかに笑っている。苦しさも辛さも惨めさも、憤りも悔しさも悲しさも、すべてをありのまま受け止めて、そして語らず、穏やかに美しく笑っている。こんな奇跡があるでしょうか。

すべてを引き受けきって、自らの本分を尽くした人の美しさ。

見事です。あっぱれ浅田真央、世界一、と姐さんが思うゆえんです。

辛かったけれど、楽しかった。苦しかったけれど、嬉しかった。「理想」に軸を置いた人の、そして「理想」をついに実現し得た人の、曇りのない喜びを静かに共有させていただけることのありがたさ。

浅田選手の晴れ晴れとした美しい笑顔が素晴らしい。本当に素晴らしい。

実は人見知りをする方だそうです。本当はひとりで何かにじっと集中して根をつめるのが好きだそうです。でも、何も飾らず、ありのままだから、どれほど大勢に出会っても疲れも傷つきもしないのでしょう。

嘘をつかない人の強さ。ありのままに世界に向き合える人のしなやかさ。

「トリプルアクセルと仲良くなりたい」と語っていた選手です。今はもう大の親友。浅田選手が実施するのをやめたら、フィギュアスケート女子シングル選手が行うトリプルアクセルは存在しなくなります。そういうレベルのとんでもない高難度ジャンプと、浅田選手は親友です。
この一事だけとっても、本来与えられるべき栄冠が不当に奪われ続けたことへの憤りを、姐さんは深くします。

BlKK5KZCYAAEdC7.jpg

本当に素晴らしいフィギュアスケーターが心技体のすべてを取り揃えたときに、一体どういうことが起こるのか。浅田選手は「集大成」でそれを残してくれました。

高得点を出すから好きなんじゃない。順位が上だから愛するのではない。

「浅田真央」だから、好きなんだ。あらためてそう思わされた一枚でした。


Bdxz8N3CcAItopj.jpg

美しい人は、美しいままでした。


人気ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(66) | トラックバック(0) | 2014/04/15 10:43
コメント
No title
姐さん、みなさん、こんにちは。

>真央ちゃんがんばれ、の思いで、どれほど祈っていたことか。どれほど必死に守ろうとしていたか。

姐さんの「祈る」という言葉で、ソチ五輪のフリーのあとtwitterで見かけた言葉を思い出しました。↓
~~~~~~~~~~~~~
★今TVでドイツ人が「日本人の『頑張って』は祈るような気持ち」と言ってハッとした。
よく「頑張ってるのにこれ以上頑張れ言うな」って聞くけど、そうじゃない。
貴方の頑張りが報われるように願う祈りを込めて「頑張って」って、俺は言ってたんだ。
言葉が足りない俺の気持ちが言葉になった気がした。
~~~~~~~~~~~~~

あのフリーの演技の前に聞こえた「真央ちゃん、頑張れ!」という声を聞いた時、日本からの自分たちの思いも詰まっているように感じました。
あの時みんなが祈ってたんだと思います、この祈りが届いて欲しいと思っていました。確かに。

あのフリー直後の真央ちゃんの嬉し涙と笑顔は今でも心の中に刻まれていますが、それと同時に演技後キスクラでの採点が出た直後の表情も絶対に忘れません。そして、この五輪シーズンに何度も見た、演技前、リンク外で待っている間の厳しい表情も。また、ソチ五輪帰国直後のフジテレビの特集での表情も。
全てが「浅田真央」なんだと、当たり前ですが思います。
今の笑顔を見て、改めてそれらの表情が思い出されてきます・・。

真央ちゃん、本当に美しいですね。
本当にナチュラルに「かわいい人」から「美しい人」へと成長していったのが真央ちゃんだと思います。
変な言い方かもしれないですが、ある意味潔癖症でもある日本女性に、妬みを全く感じさせないで「美しい」と言わせられるのは「本物」だと思います。
真央ちゃんの笑顔の写真を見ると、直前までブス~っとしてても、ついついフニャ~と笑ってしまう自分がいる今日このごろです。真央ちゃん、すぐに結論なんか出さなくていいからとにかくゆっくりゆったり休んで欲しいです。真央ちゃんからは「プレゼント」を今までたくさんもらいましたから。
ありがたい
姐さんの愛あふれる文章で号涙です。

キスクラでの表情…
いつも潰れる思いで見ていました。

最近、イラだつのは
不用意な「真央ちゃん辞めないで」発言です。

「続けるには覚悟がいる」

いままでの経過を見てきた人なら不用意に
「辞めないで」
は言えないはずです。

私はきっと真央ちゃんはスケートは辞めないと
思います。
でも選手としてじゃないといけないなんで
絶対思いません。
プロでいいじゃないですか?
スケートはスケートです。

なぜ選手でないといけないのでしょうか?

誰かの為、組織のためでなく
自分の幸せへの選択をして欲しいです。

競技を続ける選択をした場合は全力で
サポートしたいです。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 今やってる作業の副産物ですが
これは!!!!
すごいです!!一目瞭然!漕ぐときにガタッと上下動してしまいますね。
これは記事にしてもいいですか?
ヤバいっす
姐さん、危なく社員食堂で泣いちまうところでしたよ。慌てて工場に戻って続き読みました…。

そうかぁ~、あの日の晩に浅田選手も見に行ったんですね…、あのパネルもありましたよ。自分はお袋連れて開店前から並んで見ました。

後から来た人達はかなり並んで大変だったみたいです。

でも、何回でも見たくなりますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
美しい…
あまりの美しさに鳥肌が立ちました。

いい画像をありがとうございますm(__)m
はじめまして
いつもはロム専ですが、真央ちゃんの美しいお顔と姐さんの愛あふれる文章に思わず出てきてしまいました。

浅田真央は美しいまま、本当に仰るとおりです。
あんなに理不尽な目に散々あっても、自国のマスゴミが自分を下げ続け、汚物(名前を入力するのすら嫌悪です。)をこれでもかと持ち上げて、

どんなに難しいことに挑んでも、正当な評価をもらえない・・・。
普通の人間なら、とっくに精神に異常をきたすでしょう。
でも、浅田真央さんは輝きを失うことなく、ついに集大成をやりとげました。

・・私の娘はバレエを習っているのですが、あのソチの真央ちゃんの演技を見て、何かが変わりました。
それまでは、お遊び半分のような感じで、あまり真剣に取り組んでなかったのですが、
あの、ソチのSP、FSを見てから娘の中で意識が変わりました。SPでの今までに見たことのないような崩れ方の翌日にあのフリー。

娘は、自分は今まで何をしてきたんだろうと、真央ちゃんの姿をみて自分が恥ずかしくなったと同時に、
頑張れば、出来るんだ、と勇気をもらったようです。

バレエの先生にも、何かあったんですか、と言われるぐらいレッスン中の態度も変わり、
黙々と取り組んでいます。バーレッスンがあまり好きではなかったのに、バーレッスンは1番大事だから、と
一生懸命頑張っています。

体の柔軟性もすごく上がり、体軸もしっかりしてきてるようで、この短期間の上達ぶりに、真央ちゃんの力って本当にすごい、と改めて実感しました。
娘はまだ小3、来年トゥシューズの試験があります。

これからくじけそうになるたびに、真央ちゃんのあの演技を思い出していくことになるのだろうと思っています。
子供たちの未来へとつながる力をも引き出してくれる、
浅田真央という素晴らしい方と、同じ時代に生まれ、
その姿を見続けていられることがものすごく幸せです。

長文、失礼いたしました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
初めまして
姐さまのユーモアたっぷりながら、正義感溢れた(と私は思ってます)説得力ある鋭い切り口の論評が大好きで、今日まで共感したり感動したり学んだり…と勝手にお世話になってました。こちらにコメントを寄せられてる方々のように知識も情報も持ち合わせてないので分を弁えてましたが、今回の『浅田真央』に対する姐さまの感動的な文章と彼女の美しさに、勇気(?)を出してコメントを書かせて貰います。
バンクーバーOP少し前から、詳しい知識も無く、実際のスケートも見たことがない私でも、テレビ映像だけで真央ちゃんの凄さ、美しさは解るし、メダルに近い場所にいる彼女に何故日本マスコミは否定的な事ばかり流すんだろうかと不思議で、腹立たしい気持ちの連続でした。
今は姐さまを初めとするブロガーさん達のお陰でスケ連やマスコミ、お隣さんの裏事情も知る事ができ、その大きな黒くて汚い力に飲み込まれず“スケートを含むアスリートとしての生き様の美しさ”を守った彼女の素晴らしさを心から讃えたいし、日本にこんな“宝”があることを誇りに思ってます。
姐さま、お体ご自愛の下さいね。これからも応援させていただきます。
長文失礼しました。
No title
姐さま ありがとうございます。
真央ちゃんは本当に美しい。最後の写真が1番好きです。
数日前に見た夢で、真央ちゃんは白く光る服を着て微笑んでいました。
「私は自分の信じる道を進む」
と、背筋を伸ばして凛として、でも柔らかく微笑んでいました。
吉夢のような気がしました。
万感
言いたいことが、溢れるほど・・・応援してはいても、彼女の目の前の景色の、ほんの一部しか知らなくても、こんなに、こんなに、この偉業が認められずおかしな事がまかり通る不思議な日本。

それで、現実このような成果を出してしまえるなんて、、、。安易に奇跡を使いませんけど、輝石のような歩み、軌跡はまさに奇跡!

自然に、濁らずに美しい女性に成長した彼女の、
清冽な輝きに、うまく立ち回ろうとする関係者が、哀れで卑しく、不潔で実に象徴的です。

日本人が、どのようなものを好むか自明ですね。
No title
いつもロムばかりでしたが、今日は書かせていただきます。
真央ちゃんは本当に美しいです。
私も昨日会社帰りに高島屋に行ったのですがどの写真も光り輝いていました。
バレエの始めた頃の幼いお嬢さんが今では日本一、いえ世界一美しい女性に育ちました。
それは外見だけではなくて内側から、彼女自身が戦って勝ち取った美しさなんですね。

応援ボードに「いつもありがとう。幸せになってください」と書きこんできました。
私の心からの願いです。
No title
浅田選手は、いい意味で昔と全く変わりませんが、今シーズンを戦い終えて格段に美しくなったようにも思います。最近の彼女には、自らの理想に真に到達できた選ばれし者だけがまとっている神々しいオーラのようなものを感じます。

世界選手権のフリーの得点が出た時に一瞬苦い表情をしたのが心に残って(その後すぐにこぼれるような笑顔に戻りましたが)、先日、ソチと世界選手権の「しみったれた」得点の減点や乏しい加点などを個人的に計算してみました(いろいろな方が似たようなことをなさっていると思いますが)。よろしければご覧戴ければ幸いです。

http://sereneandcrystal.hatenadiary.jp/entry/2014/04/13/154023
いったい何ができたのか
さんざん「準備があります」「用意しています」などとあおっておいて、結局何もできなかったのでは?何をしたのですか?「キムはヤオバレで金メダルはく奪」「五輪憲章違反」「ドーピング告発」などとうたっておいて、けっきょくやつは銀。提訴して金もらうかも。真央ちゃんはひどい採点されて。

オフ会するということですが、せっかく集まるのなら楽しく騒ぐのではなく反省したりこれからの活動方針をちゃんと決めるなどしてください。

がっかりしました。
鮮やかすぎる対比
同じ競技の選手同士で、片や世界一美しい心・技・体を持った選手、片や世界一醜い選手との対比を見ているんですね、私たちは。

姐様、本日も記事のアップありがとうございます。
Re: いったい何ができたのか
> さんざん「準備があります」「用意しています」などとあおっておいて、結局何もできなかったのでは?何をしたのですか?「キムはヤオバレで金メダルはく奪」「五輪憲章違反」「ドーピング告発」などとうたっておいて、けっきょくやつは銀。提訴して金もらうかも。真央ちゃんはひどい採点されて。

すみませんねえ。姐さんはプーチンでもチンクワンタでもないので、そのようになるよう自分でできることを続けているつもりです。

> オフ会するということですが、せっかく集まるのなら楽しく騒ぐのではなく反省したりこれからの活動方針をちゃんと決めるなどしてください。

活動方針は「それぞれができることを粛々と続ける」というもので、でもそれはあたしが強制することではありません。

> がっかりしました。

で、ご自分は何をなさってきたのでしょうか。また、これから何をなさるのですか?
Re: はじめまして(金平糖さんへ)
こんにちは、コメントありがとうございます。

金平糖さんのお嬢様のお気持ちにとても心を打たれました。おそらく日本で、世界で、浅田選手の奮闘に勇気づけられ、自分もがんばろう!と前向きに努力を続ける皆さんが大勢いらっしゃると思います。

順位や点数も大事です。それはとても大事です。でも結局それらは人が作った思惑です。いかに自分が努力したか、いかに自分が納得できたか、それが最後に残る一番重要なものではないかと、最近姐さんは思います。

日本の子供たちは幸せです。自分の人生の手本にすべきロールモデルのひとつとして、このように偉大な選手を持つのですから。

これからも金平糖さん、お嬢様、ご家族の御多幸を祈ります。まおまおできる幸せを、浅田選手は10年以上の長きにわたり与え続けてくれました。

できれば今回のコメントをそのまま浅田選手に伝えてあげてほしいです。きっと喜ぶんじゃないかな?と思いますよ。
No title
姐さんの言葉も記事もありのままなんですよね。偏向なくともありのままでこんなにも素晴らしい人で選手だということがわかる。こういう記事をこの8年間ずっと見ていたかったですよ。それが正しいことなんだから。
真央ファンは褒めちぎって欲しいんじゃない、ありのまま評価してほしいだけなんですよね。これまで1から10まで全てありのまま書いてくれるライターもプロスケーターもほとんどいなかった。プルシェンコやディック・バトン、エルビス・ストイコのような人たちもほとんどいなかった。。。フィギュア界、世界中のマスコミメディア全部が真っ黒なものに飲み込まれてきた。誰もが口を紡いで悪魔に魂を売ってきた事実、その悪魔と真央はひとり闘ってきたなんて、、、日本でいちばんの宝が生まれた時と、日本をいちばん憎む悪魔が力をつけてきた時が重なるなんて、、、ISU自身がフィギュア界最高の選手を潰すことをするなんて誰が予想したでしょうか、、、純粋にスケート道をいく美しい人と、汚い金で至福を肥やし醜くなる悪魔のしもべ。こんなにわかり易く隠と陽がはっきり見える競技もないでしょうね。
第三者が横からすみません。
 憤りさんへ。
あおっておいて‥って、あおるだけではなくて、十分行動されてましたよ。ここまで、ぐいぐい活動するというか、精力的な方も珍しいと思いますよ。グランプリファイナルの時だって、姐さまたちはずいぶんと尽力されたました。このブログに日参していますので、わかっているつもりです。

がっかりするのは、あれだけメールで訴えたのに、懲りないISUとJSFではないのですか?憤りをぶつけるところが間違っていますよ。憤りさんに突っ込みどころがたくさんありすぎるんですが‥

オフ会までに口をだすなんて呆れます。別にそれくらい楽しんでもいいじゃないですか?がっかりするのは、人まかせにしているからじゃないですか?がっかりするなら、姐さまをあてにせず、ご自分が納得がいくような活動をされたほうがいいと思います。ゼロはイチとは違うと思います。メール凸したことのない私が、ロム専の私が、変わったのは姐さまのおかげです。あと個々の力で、できることをする。以上です! 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: いったい何ができたのか
憤りさんへ

誰に対して憤っているのかと思えば、姐さんやチーム公正の皆さんに対してですか?
驚きました。信じられないです。

みんな「活動家」ではありません。「プロ市民」でもありません。
それぞれが自分の生活、自分の家庭を持っていて、それぞれの人生を真面目に生きています。
その中で出来る事を懸命に考えてやってきてたじゃないですか。
そして、みんなの情報や、拡散の拠点、心の拠り所を姐さんが提供してくれたのではないですか。
それを何故批判するのですか?

それから「活動」にのめり込んでしまうのは逆に「活動のための活動」となってしまうこともあります。昔、拉致事件に関する掲示板で、絶対にそうならないようにと教えてくれた方がいました。
みんなが、ちゃんとした日常生活を営むことが、日本の支えともなっていると思います。考え方が「本末転倒」にならないようにしなくちゃいけないと思います。
姐さんのブログは、私もブログを書いてるので解りますが信じられない情報量と内容の濃さです。これ以上やってたら、体壊しちゃうんじゃないかと思うくらいです。それくらい凄いです。本当に。
私は姐さんに感謝しています。チーム公正のみなさんにも。ほんとに。

憤りさん、
悔しい気持ちは重々わかります。みんなあなたと同じように本当に悔しい思いでいっぱいですよ。
でも姐さんやみんなに「当たる」のは間違っています。絶対に。
ありがとうございます。
姐さん 素敵なブログをありがとうございます。私達ファンの気持ちをそのまま代弁してくださっています。
No title
NHKの番組で真央ちゃんの顔をじっくり見て思ったのですが、天然であるとともに、非常に腹の据わった女性だという印象を受けました。
メディアはスケベ連の命(めい)を受けて、結論を急がせたり、選手継続に誘導しようとあの手この手で執拗に責め立てるわけですが、真央ちゃんはそれらの影響を受けることなく決断し、一度決めたら周囲の妨害があろうと結論を覆すことはないだろうと思います。
非常に強い意志力を感じました。
メディアの嫌がらせをいちばん心配していたのですが、彼女の表情を見てとても安心しました。


姐さん、思いの丈を綴ってくださりありがとうございます。
こんなに綺麗な文章に、これ以上加える言葉は見当たりません。

ただ、失礼ながらひとつだけ申し上げたいのは「もう!姉さん、これ以上泣かせないでください!」ということです。
でも仕方ないことだとわかっています。
だって、浅田真央選手はただただ美しい人なんですから。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
憤りさま。
なんでもかんでも自分の理想どおりになるのだったら誰も苦労なんてしませんよ。
他力本願で文句だけ言うのはどうなのか少し考えられたらいかがと思いますよ。
残念ですけど、当り散らして書かれた事全てが自身に返って来る言葉ではないですか。
せめて少し落ち着いて考え直してみてはいかがかと。

手相見さま、真央ちゃんの素敵な写真をアップしてくれてありがとう。
レス違いですけど感謝してます(^^
涙が出ました
姐さん、素敵な記事をありがとうございます。
私は姐さんのブログに出逢うまでは真央ちゃんを貶めるマスゴミに振り回され、一喜一憂させられていました。
子育て真っ最中です。やってもやっても点数が伸びない、トリプルアクセルも失敗するのになぜこだわるのか等の報道に自分の子を重ね、挑戦させるのを躊躇した方がいいのかと悩んだり…。マスゴミはそれくらい凄い勢いでした。
まだまだ子育ての悩みは尽きないでしょうが、何が大切かは分かった気がします。
姐さん、ありがとう!
これからも記事楽しみにしています!
全文
同意致します。

休憩中に読んでいて、涙が出そうでした。

穢れきった報道だけに留まらず、
幾度となく変更されたルールにも、自分にも
向き合って戦ってきた真央ちゃんの心が、
ダークサイドに堕ちずにイノセントなままである事が
本当に、本当に、救いだと思います。

ソチのSPが終わったあと、「メンタルが弱い」
などと容易く蔑んだりしていた無知な人間が周りにも
居ましたが、とんでもない事です。

真央ちゃんの悲しそうな
不安そうな顔はもう見たくないし、
微力かもしれないけれど一人一人が真実を知る事ができるように、
自分等も少しずつ拡散していく事で、道ができていけばいいなと思います。

それにしても、真央ちゃんは可愛い、美しい、
見ていて本当に癒される。
やっぱり、彼女には笑顔が似合う!
素敵な画像ありがとうございます!!!1111
だから、続ける。
姐さま。
本当に、そうですね。
彼女は、ずっと美しいまま。
無邪気に笑い、ジャンプが楽しいとクルクル回っていたあの輝きを、とうとう失わなかった。
ドロドロのねっとりしたものにも、その輝きは消せなかった。
だから、私も続けます。
ねっちょねちょの気持ち悪いものをふき取るために。
眩しい…
美しいとしか…
ほかに形容できない自分がもどかしいです…

羽衣纏って、そのまま居なくなってしまいそうな…
月からお迎えが来ちゃうんじゃないかとか…

こんなに好きになったアスリートは
本当に初めてです。
心配です。
私も、真央展観に行きました。
幸せな気持ちになりました。同時に真央選手の去就が
心配にもなりました。
ソチのフリー映像のコーナーでは、人だかりで
きっと何度も観ている筈なのに、皆真剣で終わると
涙を流している人もいました。私もそうです。
以前、やり切ったと思ったら引退してもいい。と
何処かで見たのですが、あの演技以上のやり切った感を
追い求めるのは、並大抵な事ではありませんよね。
真央選手も、それを観る私達も…
競技である以上、点数や順位は付いて回ります。
この先も、演技に見合う評価はされないのでしょう。
それとも、ジャッジはガン無視で信夫先生と更なる
究極を求めていくのでしょうか?
それはそれで、観たい気もするのですが、結果が出なければ、負けた、転んだとマスコミは騒ぐでしょう。
私はこれ以上、真央選手の傷つく姿を見たくありません
この数年、真央選手の試合を観るのは楽しみでもあり、
ストレスでもありました。
応援し続けてきた選手の引退を願うなんて、本当に悔しくてなりません。
はじめまして
いつも楽しく拝見させてもらってます。アラフォー世代のあやこと申します。。初めてコメントします^^


15歳の真央さんを見つめる今の真央さん、本当に美しいですね。

隣国の銭○バ女王と比べるまでもないんですが、お時間のある時に見比べてみてください。
始まりの0~3秒で誰からも愛される人・そうでない人
がわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=eJsQcld9BfE

https://www.youtube.com/watch?v=AtPHG6W3FTA

銭ゲ○の方は小さい大会だから?知らないスケーターだったから? 違うと思います、これが素の銭○バの姿なんだと思います。
また遊びにきます^^
美しいことば
久々にコメント致します。
12歳の真央ちゃんと23歳の真央ちゃん。変わらないのですね~ この透明感。ただひたすら磨き続けてきたからこその輝き。
違うものがあるとすれば鍛え抜かれた”強さ”でしょうか⁈ 身体で言えば滑らかにしなりながらも決して折れない鋼。精神で言えば少しずつ太く中央を貫いてきた意思。
いや、でも完全無比の存在だわ。

私、姐さまの美しいことばを音読するのが実は大好きで… 目だけで読むよりカラダの隅々に入るんです。
ただし、1人で。途中で涙にやられますから。
わたくし事ですが、義父が末期がんでつい数時間前から危篤状態になりました。やんちゃな父で随分泣かされてきましたが人間としての機能を少しずつ失っていくのを見るのは辛い…。だけど子どもに戻ったような瞬間もあります。辛い事はもう忘れました!私を子ども達を可愛がってくれてありがとう‼
ここに書く事ではないかもですが、
ありがとうを表したくて。
真央展、三越でも企画がないかなぁ…福岡は高島屋が無いんです(涙)
No title
本当に美しいですね。


どうして どうして
何で 何で 何で
真央ちゃんだけこんな酷い目に合わないといけないのよ・・・・
そう思っていろんな事を恨んだ時期がありました。
キスクラで辛そうに耐えてる顔を見るのが悲しくてテレビを消した事もありました。

辛いことから逃げていた私と違って 真央ちゃんは逃げないで闘ってきました。

その強さと美しさで自分の人生をしっかりと歩んで行く「浅田真央」

姐さん 私達は幸せですね 真央ちゃんと同じ時代を生きれて
ソチフリー再生観賞以来の号泣です、姐さん…

私もそんなボキャブラリーの才能が欲しいです。
浅田真央が戦ってきたもの、に次ぐ傑作です!

真央ちゃんがこれまで、どんな思いでスケートを続けてきたのか。
あまりに理不尽な現実に悲しかったり悔しかったり、マイナスな感情もあったでしょう。
てか、楽しさよりも悔しさの方が勝っていたと私は思うんですが。
でも真央ちゃんの場合、ひょっとしたら、あそこまで卑劣な仕打ちをされていたにも関わらず、隣国やスケ連やマスゴミさえも恨まず、常に真っ直ぐな素直な気持ちでいたのかもしれない、とも思います。
誰にも口外せず自分の心中に隠してある真実の思いまでもが、彼女の場合汚れのない清らかなものなんじゃないかとさえ思わせる真央ちゃんって、やっぱり神がもたらせた存在なのかも…
私の中では、それくらいの存在です。
真央ちゃん。
魂の美しさ
姐様、皆様こんばんは。

浅田選手はなぜこんなにも美しいのか…姐様のお言葉一字一句に賛同いたします。
素晴らしい記事をありがとうございます。
拝読しながらつい涙ぐんでしまいました。

サムライと言われるそうですが、あるいはストイックにスケートの道を極めようとする求道者と言う方が似つかわしいかも知れません。

年齢を重ねると、若い頃はそれなりに綺麗だった人も内面が顔に出るようになります。持って生まれた顔の美醜とは異なる次元で、内面が美しい人は美しく歳を取り、そうでない人はそうでない顔になります。
ですが浅田選手は、若さだけでは醸し出すことのできない内面の魂の美しさが顔に出ていると思います。
この若さでそれが顔に出るということは、この年齢にしてそれほどまでの経験をし、それらをすべてご自分の努力でまっとうに乗り越えて来た証拠なのだと思います。

自分のことで申し訳ありませんが、浅田選手の顔や動画を見ていると知らない間に涙ぐんでいたり、嫌なことがあった一日の終わりにベッドで浅田選手の写真集を広げると、心が洗われてまた明日頑張ろうという気持ちになれたりします。

浅田選手の写真や動画には、一つとしてネガティブなものを感じさせるものがありません。
言動も同じで、浅田選手の言い訳や不満なども一切聞いたことがありません。
それでいて、嘘がなく自然体でいるのです。

言葉に尽くせませんが、本当に稀有な人だと思います。
美しい…
「気高い」という言葉がぴったりのお嬢さんですね。真央ちゃんは。

姐さんお暇な時があったら聞いて下さいな。
昔ネットで見つけた前世占いなんですが、真央ちゃんの前世は「戦う者」って出たんですよ。
それがあまりにもぴったりだったもので、ちょっと紹介させて下さい。

クォーレの前世占いhttp://www.qole.com/13_zense/qole1.htm

戦う者とは争う事により何かを手に入れる、何かを守る者の事です。戦士・漁師・狩人など、自らを争いの場に置き、それを生業とする者だったのでしょう。

ただ残念ながら善人だったのか悪人だったのかについては生年月日からは導き出す事は出来ません。以下に善き道を進んだ場合と悪き道を進んだ場合の特徴を記します。

あなたが前世、善き道を進んでいたのなら、愛するものを守り助けるため、また生活して行くために身を持って戦って行く存在だったと思われます。食べて行くために、国のため、家族のために、命を傷つけて行く戦士、あるいは狩人、漁師だった訳です。
性格的には、積極的で向上心を持ち、自尊心、実行力の豊かな人物 です。愛すること、生きて行くことをシビアに受けとめ、誇りを持って突き進む、そんな戦う者だったのでしょう。

あなたが前世、悪しき道を進んでいたのなら必要以上の命を消 し去って行く存在だったようです。食べるため、守るためではなく、争うこと、戦うことを楽しむために命を傷つける戦士、あるいは狩人、漁師だった訳です。
性格的には、性急で短気。物事には攻撃的で利己的な少々無鉄砲な人物です。自己の欲求のままに戦いを求め、命を摘んで行く、そんな戦う者だったのかもしれません

どうです?善き道の方が真央ちゃんそのものという感じがしますよね。

ちなみに今おヨナさん→「育てる者」の悪しき方
あなたが前世、悪しき道を進んでいたのなら、命を利用し私腹を肥やして行く、生命を操るような存在だったようです。命ある者を使い利益を得て行くような親、 あるいは農家、酪農家だった訳です。
性格的には、頑固で独占欲がつよく、 嫉妬深いぜいたくな感覚を持つ人物だったようです。人や社会にとって大切な命を利用し、自己の立場だけを考える、また物質的な感覚の強い、そんな育てる者だったのかもしれません。

わわわ…今日まで真央ちゃんのしか見てなかったんですが、なんかぴったりですね、彼女の方も。




ありがとう姐さん
そーですね、ええ、そーです!
すんません、私も子供の頃からフィギュアスケート好きで、あのベロ女が出て来たあたりからだんだん疑問に思ってて、、誰か何かゆーてよ、おかしく無い?って、検索かけて探したこの姐さんのブログのファンでしょっちゅう覗いてました。
世にこの理不尽な日本フィギュアの世界を分かってもらおうと勝手にコピペしたり、シェアしたりしてました。(すんまそん)
今日はもう朝から感動しましりましたので、ちょっとお礼を。
そーですよ、と、深く共感致します。勉強になります!気持ちがスッキリします!姐さん、ANDその他の同志さん、まいどどーもおおきに!!


拡散やっほー!
やちちさん、どしどしやっちまっておくんなせえ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
涙が止まりません
昨日から何回か読み返し、その度に涙が出ます。そして、最後の写真を見てまた…。
私も「美しい」という言葉しか思いつかないのが情けないですが、本当に美しい。
バンクーバーのシーズン、数々のバッシングを全日本の自らの演技で黙らせましたよね。美しく、でも無垢で、頑固で、そして何て強い人なんだろうと感動しました。
姐さん、素敵な文章をありがとうございます。いてもたってもいられず、コメントしちゃいました!
素敵な文章ありがとうございます。
毎日読ませて頂いてもおります。
昨日、高島屋の展示会に行って参りました。もう、ワクワクが最高潮で本人に会うわけでは無いのに自分に出来る一番のオシャレときちんと化粧をして出陣。家族には一体誰に会うのかと言われた程です。
素晴らしい展示会でしたね。
私も真央ちゃんパネルが余りに美しく、横に並ぶのは恐れ多くまたチンチクリン極まれりになると思い写真は辞退致しました。
ソチフリーを観るテレビの前では椅子が並べてあり、映画館の様で涙しながら観ていたのは私だけではありませんでした。
ただ、朝日新聞の作ったビデオにキンケンジとの点数の比較を長年のグラフにして流していたのは、感動に水をさす様でした。真央さんの展示会にあの方は必要ありません。

浅田真央さんにはどれほど幸せにして貰ったかわかりません。
今度は彼女が幸せになる事が恩返しだと感じています。
姐さま、これからも応援しております。
真央展、見て来ました
平日なのに混んでたので、これだけは!という写真や衣装をガン見して来ました。ソチフリーの映像ももちろん…。

「鐘」衣装で鳥肌立って、泣きそうになりました。あれは、フィギュアスケートの「衣装」じゃないです。「戦闘服」でした。

姐さまの言葉「嘘をつかない人の強さ。ありのままに世界に向き合える人のしなやかさ。」

これが「浅田真央」だと私も思います。闇の中、道に迷っても「真央」という星を道標に、歩んでいけます。

これほどの「光」を放つ一人の女性に、私は畏敬の念すら覚えます。浅田真央の素晴らしさをありのまま受け止めて文章表現してくださる姐さまにも感服です。

今後のブログ活動も楽しみにしております。時節柄、どうぞご自愛くださいませ。
No title
女性週刊誌にまで、
>浅田真央、6億の収入が搾取されている
という記事が出ました。
http://news.livedoor.com/article/detail/8725960/

フィギュアにたいして関心のない人たちにも、浅田選手が今まで置かれてきた状況が伝わりますように!


文春5月号も売れに売れているし、
確実に流れが変わっているのかも・・・・。
MBCスポーツ
Mao Asada might retire, but her fans weren’t ready to leave.

浅田選手ワールド優勝と、アメリカが4種目すべてでメダルを逃したことについて触れていたのですが
(真央は引退するかもしれないが、彼女のファンは彼女がリンクを去ることの準備ができていない)

という冒頭の一文から始まって、ワールド3度優勝の功績だけでなく
3Aに1人挑み続ける姿にスケーター仲間からどれだけ賞賛を受けているか
彼女がどれだけ日本のファンから愛されているかなどについても
ファン目線のような視点で書かれてました


http://olympictalk.nbcsports.com/2014/03/29/mao-asada-wins-world-figure-skating-championship/
ありがとうございます
素敵な文章ですね!
いつもは読ませて頂いているだけですが、今日はお礼を言いたくてコメントさせて頂きます。

真央ちゃんにファンレターを書くときも、スケートと人柄が大好きで尊敬しています、とくらいしか文章が書けない私ですが、こんな素敵に文章にしてくださって、嬉しく思います。
真央ちゃんを通じて、本当におかしな現実にやっと気付けることができました。バンクーバーの前くらいからです。
日本の宝、いや世界の宝である奇跡な人が、どうしてこんな不公平、ひどい仕打ちをいけないとだめなのでしょうか。悪夢です。
そんな中、皇室の方のような気品の良い姿でずっといてくれる真央ちゃん。同じ時代に生きて応援できること、本当に幸せです。
真央ちゃんには、幸せな未来が降ってきますように!

姐さん、ソチも終わり話題も少なくなってくる時期ではありますが、文章にしてくださることに感謝しています。
いつもありがとうございます。
マスターご出演の番組が!
フジテレビ、20日(日)夜9時から、
マスターノブオご出演の番組が!
http://www.fujitv.co.jp/wonderful-life/index.html

これは必見!

しかし、急に真央ちゃんにすり寄っているかのようなフジテレビ、
油断はできません・・・・・。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
竹内まりや新曲、イメージは真央
竹内まりや、サザン桑田佳祐&原由子参加の新曲を7月発表!

WHAT’s IN?WEB 4月18日(金)16時52分配信
竹内まりや、サザン桑田佳祐&原由子参加の新曲を7月発表!

昨年、11月25日にデビュー35周年を迎えた竹内まりや。そして、このたびアニバーサリー・イヤーを飾る新曲「静かな伝説(レジェンド)」のシングル・リリースが決定した。

新曲「静かな伝説(レジェンド)」は、めまぐるしく変化していく世界に対して、その時代に立ち向かってきた様々な人々の人生に寄り添う、竹内まりや流・応援歌。「人生の扉」(2007年リリースのアルバム『Denim』収録)を彷彿とさせる名曲だ。

そして、今回なんと、竹内まりや自身の発案で、デビュー同期であり、親交の深いサザンオールスターズ・桑田佳祐、原由子のコーラス参加が実現! 桑田佳祐、原由子、山下達郎、竹内まりやの4名が楽曲制作で揃うのは、山下達郎「蒼氓(そうぼう)」(1988年10月リリース『僕の中の少年』収録)から、実に26年ぶりとなる。

日本を代表する4人のアーティストが1本のマイクに向かって歌った奇跡ともいえるスペシャルな新曲「静かな伝説(レジェンド)」は、竹内まりや通算49枚目のシングルとして、7月23日にシングル・リリースされる。

なお、同曲のTVサイズ・バージョンは、4月20日の「山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック」にてラジオ初オンエア予定となっている。 


竹内まりや コメント
今回の楽曲は、有名・無名を問わず、強い信念を持って果敢に生きてきた様々なヒーロー、ヒロインたちへの賛歌であると同時に、彼らの人生物語の中に愛や勇気を見いだして励まされていく、我々自身への心の応援歌でもあります。

曲を書き始めたタイミングがソチ・オリンピックと同時だったため、歌詞を考えながら最も頻繁に頭に浮かんだイメージは、世界中に深い感動を与えてくれた、あの浅田真央さんの笑顔でした。若いながらも多くの試練をくぐり抜けてきた彼女が、最後の最後に見せてくれた完璧な演技と涙と微笑み! それを讃えたい気持ちがこの曲を書かせてくれたと言っても過言ではありません。

今回の作品は、私には珍しくフォークソング的なアプローチを取り入れ、敢えてシンプルな力強さを目指しましたが、曲の最後部分で、自分と同じ時代を共有してきた音楽仲間と一緒に歌いたいという構想がありました。今から26年前、山下達郎の「蒼氓」という楽曲で一緒に歌ってくださったサザンオールスターズの桑田佳祐さんと原由子さんにお願いして、四半世紀を経て再び4人でのユニゾン・コーラスが実現できたことは、まさに今回の楽曲制作のハイライトとなりました。

佳ちゃん、原坊、本当にありがとう!

4人の声の重なりがこの作品に温かさとパワーを与えてくれ、かけがえのない宝物が出来たような気持ちです。皆さんにとっても明日への元気を運ぶ人生応援歌として、ぜひ一緒に口ずさんでいただき末永くご愛聴いただければ幸いです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140418-00000005-mnet-musi
涙なしに歌えるかしら
megumiさん、竹内まりやの新曲情報ありがとうございます。超反応してます。わたくし、おめえはおネエかっ!と突っ込まれそうなほど超低音ボイスでして、カラオケでは女性ボーカルの歌はほとんど歌えず、竹内まりやや中島みゆきをこよなく愛して大切に歌っておるんです。そんなワタクシにとって素晴らしく朗報。浅田嬢を彷彿とさせるナンバーをレパートリーに加えられるかもなんて、早く聴いてみたいです~。
今検索したら、ウジテレビ「ワンダフルライフ」のテーマソングなんですってね。番組第1回目のゲストが信夫しぇんしぇーだなんて。素敵な偶然に驚きとうれしさを覚えましたってまりやが言ってますね。
涙(T^T)
姐様ヤバいです。涙が・・。
本当にいつの時もどんな時も真央ちゃんは
美しい。それだから菩薩様に似ていると言われるのでしょうね。
ほんとに浅田真央が大好きです。
大阪、高島屋での『浅田真央展』楽しみです!
アタッチさんへ
コメントありがとうございます!そのお気持ち100パーセント理解できますww

「それ」について記事を書き、皆さんからよせられたコメントごと、記事を読んでいただくよう
お伝えいただくことは可能でしょうか?
あるいはライターの真嶋さんからの取材申し込みに応じていただくとか?
ききょうさんへ
コメントありがとうございます。またブログ運営のほうもご尽力いただきましておつかれさま&ありがとうございます!

お手紙はきっと喜ばれると思います。大変繊細な方ですし、人の善意と悪意を見抜く力も相当です。

ご懸念はごもっともです。あたしは”その”選手に対してただの一度も魅力を感じたことがありません。あなたが心配なさっている選手とはまったく異なる存在です。汚い思惑がどんどん暴かれているバックのほうがてのひらを返したことが逆に良い方向にはたらくと信じます。またそうなるべく、ファンこそがそのために声をあげていくべきだとも。
Re: マスターご出演の番組が!
ららら♪さんへ

いつもコメントありがとうございます。楽しみに拝見させていただいております。
また教えていただくばかりで申し訳ありません。これは期待しちゃいますね!

ウジテレビは前科しかないような糞ったれ報道局ですから、事実無根な嘘報道にならないかきっちり拝見したいと思います。テレビないけど見るわよ!ww
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ゆっくりしてほしい
真央 オフは「スケートから離れたい」
ttp://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/04/25/0006902233.shtml

日本スケート連盟は25日、都内でソチ五輪、世界選手権など国際大会成績優秀選手の表彰祝賀会を行った。
 集大成のシーズンを終えた浅田真央(23)=中京大=は「5歳から初めて23歳まで長かったなと思う半面、あっという間だったなと思う」と、笑顔で話した。
 4月のアイスショーを終えると、オフに入る予定で、今後の進退について熟考に入る。「シーズン中は練習練習付けで今はもう練習もやりきったと思う。スケートから離れたい。暖かいところにいきたいです」と、笑った。


この記事を読んで、切なかったです。

真央ちゃん ゆっくり休んでほしいです。
そしてあなたが幸せになられることを強く願います。

先に休養すると言われた髙橋選手
髙橋選手にもゆっくり休んでほしいです。
いつまでもあなたの演技を見ていたいです。でもこれからの人生の方が長いです。今、無理してしまったから・・・というようなことだけはあってほしくないです。
あなたが幸せになることを強く願っています。

こんな選手が同時期に一緒にこの日本に存在した奇跡に感謝です。ありがとう

No title
真央さんはスケートを初めてからこれまで走り続け過ぎた
お母様から「休まずに練習しなければ上手くなれない」という約束をかたくなに守り続けた。
オフらしいオフをとったこともなかったし
「スケートをやめたい」とまで悩んだ時も、
結局完全に休んだのはたった2週間だけだった

コストナー選手はオンとオフをしっかり切り替えてますし
ソチ五輪直前のインタビューでは
「もっと自分の時間を持ちたい」と話してた

リンクを離れたら23歳の普通のお嬢さんなんだから
もっと自分の時間を大切にして
スケートの事を考えない日を持ってもいいと思う。

姉の舞さんやお父さまと家族の時間を持ったり
大学のお友達と時間を過ごしたり
もっと人生を謳歌してほしい。そして幸せになってほしい
真央さんが心から「スケートをしたい!」と思った時にはどんな形でもいい。
リンクに帰ってきてほしい

浅田選手、首相とハグ
ソチ五輪&パラリンピック入賞者との懇親会で
浅田選手が安倍総理とハグをする一幕があったのだとか

動画
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000025756.html

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140425-00000392-fnn-soci

報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140425-00000048-rcdc-cn

スノボのメダリストの「ロシア並の報奨金を!」
「生涯月給が支給される」にはそうだそうだ―(≧▽≦)と思いました
(実際にはそんなにもらってないらしい・・・
免許を持っている選手は自家用車で
免許を持ってないソト子とリプ子は運転手の送迎)



…んでもってまたしても進退の事を聞かれたようで・・・
そうやって糞ゴミらが進退を急かせるから
ゆっくり考えられないんじゃないの!
浅田選手が正式にコメントを発表するまでちゃんと待ちなさい!この糞ゴミども(▽Ⅲ▽♯)

megumiさんに完全同意
金のたまごを生むガチョウの首をひねって殺す馬鹿たちの轍を踏む最低最悪なスケ連とおいかけまわすマスコミに反吐が出ます。

かく言う姐さんも今日は安倍首相と浅田のハグで死にたくなりましたがwww

ゆっくり休んでほしいです。大学に戻られたわけですし、落ち着いてしみじみと普通の暮らしをしてほしい。

ファンは待ちます。そしてどう選択をしようともそれを100パーセント支持します。
今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!
玉木正之さんの記事です。
今、日本で最高のスポーツマンは、やっぱり浅田真央さんである!(玉木正之)
http://no-border.asia/archives/21140

* * * * *

浅田真央というフィギュア・スケーターは、実に素晴らしいスポーツマン……いや、スポーツウーマン……いや、スポーツ・レディだと思う--と、改めて言いたくなる。
 誰もが御存知のように彼女は、今年2月に行われたソチ冬季オリンピックのショート・プログラムで大失敗の演技をしてしまい、16位と出遅れてしまった。
 しかも、その11日前に行われた団体戦でもトリプル・アクセルのジャンプに失敗し、2020年東京五輪組織委員会会長の元総理大臣から、「彼女は大事なところで必ず転ぶ」と、事実誤認の言われなき非難まで浴びてしまった。
 こんな状態に陥れば、どんなスポーツ選手でも、普通は精神的に落ち込んでしまい、いい結果は残せない。残せるはずがないし、残せなくても当然だろう。
 ところが浅田真央さんは、フリーの演技で8種類の3回転ジャンプを成功させるなど、本当に見事な演技をやってのけ、日本中のフィギュア・スケート・ファンだけでなく、全国民を(と言いたくなるくらい多くの人々を)感動の渦に巻き込んだ。
(文字を扱い文章を書くことを生業としている人間が、「感動」だの「感動の渦」だのと、マスメディアが使い古した言葉を軽々しく使うべきではないが、浅田真央さんには、そのような言葉を心底から素直に使いたくなるし、使っても言葉に負けるようなことはないだろう)。
 逆境に挫けず必死になって健気に頑張った姿と、ここまで美しい完成されたパフォーマンスを見せられては、もう、メダルも順位も、採点の点数も関係ない。テレビCMではないが、我々を勇気づけてくれるほど頑張ってくれた彼女に心からの感謝の拍手を贈り、敬意を表すだけだ。
 しかも浅田真央さんは、続く3月に埼玉で行われた世界選手権に出場し、ショート・プログラム史上最高得点(78・66)の演技を見せ、鮮やかにソチ五輪での失敗を挽回。フリーと合わせて216・66の自己ベストの点数で、見事に世界一に輝いた。
メダルも順位も採点も関係ない……と書いた直後に、世界一の金メダルや高得点を称えるのは明らかに矛盾である。が、メダルも順位も得点も超越するほどの素晴らしい演技を見せてくれた浅田真央さんが、世界一の金メダルを獲得するのも、また当然のこととして称えたいし、その当然のことをやってのけた彼女の競技者としての技量と人間としての精神力を、改めて称賛したくなる。
 しかし浅田真央さんだけでなく、男子の羽生結弦選手の今季3冠(グランプリ・ファイナル、オリンピック、世界選手権)優勝も含め、日本のフィギュア・スケートは、いまや世界でトップ・レベルの実力と実績を兼ね備えたと断言できそうだ。
 もちろんローマは一日にしてならず。1991年、長野冬季五輪(98年)開催が決定したのをきっかけに、日本スケート連盟は「第2の伊藤みどり(89年世界選手権優勝・92年アルベールビル五輪2位)を育てよう!」をスローガンに、8~12歳の有望なスケーターを長野県に集め、有望新人合宿(通称・野辺山合宿)を開始。
 そこから荒川静香(トリノ五輪金)、安藤美姫、村主章枝、高橋大輔(バンクーバー五輪銅)、そして浅田真央を初め、織田信成、小塚崇彦などの多くの名選手が育ったのだ。
 現在ジュニア(15歳以下)にも好選手が大勢育ってきているらしい。が、ただ「強い」とか「勝つ」だけでなく、浅田真央さんのように、世界中のファンから愛され、尊敬されるようなアスリートに育ってほしいものだ。
 そして真央さんは、しばらくの間ゆっくりと休んで、じっくりと将来のことを考えてほしい。引退しても、復活しても、私たちファンは、貴方の決めたことを応援しますから。
 今、世間の話題は、サッカー・ワールドカップ・ブラジル大会に移っているが、今年最高の感動の記録として、改めて浅田真央さんのことを思い出しておくことにする。

管理者にのみ表示