本の紹介『護身術護衛術逮捕術』井久保要・著

具体的にどうすればいいのかしら?と思ったときのガイドブックとしてお勧めします。

この、精神が素晴らしい!感動しました。


武芸十八般に通じて初めて武術家であり、これに加え、豊かな精神性を高めて武道家と言えると私は認識しています。ゆえに私は武術家であり、武道家の粋には達しておらず、七十有余歳にして、武道家を目指しているところです。


著者近影がドクター中松そっくりなのはおいといて、先生すごいです。どの写真も表情は穏やかそのもの。ドクター中ま・・・いえ、なんでもありません。日本人で飛びぬけて強い方って小柄な印象が姐さんにはあるのですが、井久保さんもそんなに大きな方ではありません。でも解説の分解写真で見る安定感は異常なほど。強いと思う。

そしてさまざまな技の解説も見事ですが、井久保さんのお言葉が何よりすごい。このような思いを備えた心からの語り掛けには耳を傾けるべきです。

姐さん、今年のお中元にはこちらもお使い物にしようかなあ。お値段も1,100円+税。それで井久保さんの心と技術を垣間見ることができ、このような精神の一端に触れられるのなら超お買い得だと思います。すごいや。


なお、大変飛躍するようですが、護身と護国は、密接な関係にあります。一度弱みを見せたら、直ちに危険が降り掛かるのです。現在の領土問題が、まさに良い例でしょう。今後、中国漁船が大挙して押し掛けて来ると考えられますが、日本外交の正念場である事は間違いありません。中国は、尖閣諸島の接続水域から、最近は堂々と日本の領海を、幾度も数時間にわたって侵犯しています。このような中国の威嚇に屈してはなりません。まさに日本の正念場といえるのです。


・・・陸上自衛隊にいらした方でした。

ぜんぜん好戦的じゃありません。「身を守る」ために「本当に」どうしたらいいか、本質をズバリと書いていらっしゃいます。
「心が大事」と繰り返し語り掛ける井久保さんのやさしさと強さに心を打たれました。

「秩序を守る」ことから敷衍して、さまざまな傷害事件、いじめによる自殺、領土問題など、テキストとして見れば文字数は少ないですが端的です。傷害事件のご遺族に見せたかった、井久保さんの、真摯で思いやりあふれる対応策の提言をもしトラブルが起きる前にご家族みんなでご存知だったら、と涙が出ました。

本当に強い人って、本当に優しいですよね。伊藤さんに続き、本気で日本のために全力を尽くされている強い方を知ることができ、姐さんはとても嬉しいです。いつかお会いしてみたいです。

できれば小学校や中学校で、時間をもうけていただいて小さいころからこういう体術を学んだり、会社などでも厚生の一環として皆さんで勉強なさるといいのにな、と思いました。
姐さんが学習塾の先生だったり習い事を教えていたら、夜道に注意よ~と言葉だけですませずに、こういう本をお母さんに紹介します。自分が学んでちびっこたちに護身のポイントを伝えるかも。


襲われた時、まず大事なのは、相手をやっつける事よりも、”逃げる事のできる技”を習得することです。


先生ごめんなさいwwwwおっしゃる通りです。そして伊藤さんの言葉と理論をお借りするなら「ターゲットにならないこと」、すなわち「襲われる対象から外れること」ですよね。
でも実際に襲われちゃったら?無事に逃げ切り、できれば相手を無力化してはい警察へ!と。

そしてお互いに守りあうことの大切さも語られています。この本では、自転車を使う、長机を使う、みんなで大勢の服を丸めて使うなど、暴漢に対して集団で阻止をする方法もあげられています。この視点と提言もすごく大事だと思います。

ほんとに、コツってあるんですよね。知るか知らないか、そして「身を守る」心があるかでトラブル対処って随分と展開が違ってくると思います。

よろしければ、ぜひ。具体的にどうするか、そしてそれは何ゆえなのか、非常に学ぶべきところが多い良書です。
おすすめします。

『護身術護衛術逮捕術』 井久保要/著  文芸社/刊 税別定価 1,100円

Amazonのリンク



人気ブログランキングへ
関連記事
本の紹介 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/07/23 20:29
コメント
誕生日
姐さま
こんばんは

本のご紹介
ありがとうございます
もうすぐ、私の誕生日なので、自分自身にプレゼントしたいと思います
子どもを持つ身として、自分自身で自分を守ることは本当に切実な問題です
読んでから、知り合いの先生にお話ししたいと思います
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 子供たちに伝えることの大切さ
コメントありがとうございます。

今いらっしゃるお立場での各方面への「配慮」、苦渋の決断を重ねておいでかとお察しします。

教育においてもっとも重要なのは教える側の「人柄」です。生命対生命の場では「人格」だけがものを言います。
どうぞくじけずに励んでいただき、ご自分の良心に恥じない抵抗を続けていただければと存じます。

このような場で好き放題言っているだけの”姐さん”よりもずっとずっと重い荷物を背負われてのこと、感謝と敬意を捧げます。本当にありがとうございます。とても励みになりました。
購入します
姐さん、おはようございます。

私は合気道を習っています。合気道の開祖・植芝盛平先生も
普段は小柄なフツーのおじいさんだったと聞きます。

合気道は護身術のイメージが強いようで
それを目的に習い始める人も多いですが、
私の師匠も『襲われたときに合気道で相手を倒そうとしてはならない。
スキを作って逃げることが一番大切だ』とおっしゃいます。

自分の合気道に迷いが出て壁にぶつかっていましたが、
いつか子供たちに身を守ることの大切さを合気道に技を交えながら
伝えたいと思うようになり、日々稽古に励んでいます。

この本も購入して参考にさせていただきます。
伊藤祐靖先生のお話もぜひ拝聴したいです。
本大好きです
素晴らしい内容のようですね。教えて下さって感謝します。さっそく拝見してみます。
このご本以外にも、姐さんがお勧めする本や映画などありましたら教えて下さい。

管理者にのみ表示