「ぼちぼち生きてます」石ころさんに最大限の敬意と感謝を捧げます

ぼちぼち生きてます」の石ころさんが、「私が見てきたもの マスコミの偏向報道と捏造報道」という力作シリーズを公開なさっています。

皆さんはもうご覧になられたでしょうか?

現在見ることができる、石ころさんがアップなさった一番最初の記事は、2008年10月3日、某韓国人女優の自殺を悼むものでした。カテゴリも「韓流ドラマ・映画」となっています。石ころさんが一報を知り受けた衝撃をそのまま記事になさっています。
優しい方です。韓国の女優さんの逝去を心から悼んでいらっしゃる。

石ころさんは常に常にフェアでした。どのような批判も中傷も真摯に受け止め、その都度、傷つき、苦しみ、悩まれていた。けれどもその姿をとりつくろったり、自己憐憫に沈むことなく、常に常にブログに向かい、世界に向かって「わたしはこう思う」と語りかけ続けてくださった。

並大抵の勇気ではありません。石ころさんの「ぼちぼち生きてます」がなかったら、闇はもっとずっと深く、邪悪は更に強大になり、そしてフィギュアスケートが抱える功利主義と不正採点と異常な構造は更に強固なシステムに堕していったことでしょう。

姐さんはずっと「ぼちぼち生きてます」を「日本フィギュアスケート界の良心の最後の砦」と皆さんに言ってきました。今もその思いは変わりません。どころか、ますます強く思います。

膨大な資料を集めて丁寧にまとめ、ひとつひとつに解説を加え、非常にフェアで透徹した視点から、穏やかに「事実を提示し続ける」ことを決してやめなかった石ころさん。

姐さんが自分でブログを始めるきっかけになったのも、石ころさんの存在があればこそです。

皆さん、今一度「ぼちぼち生きてます」を拡散していこうではありませんか。

石ころさんの孤独な戦いを、孤独なままで終わらせてはなりません。このように異常な事実が山積し、それに対して立ち上がることなしに見過ごすことは、はっきりと国益を損ないます。また、問題はフィギュアスケートのことだけではありません。
フィギュアスケートで起こったことは、他のすべてのジャンルで起こります。

浅田真央ほどの偉大な選手を守り、支え、支援することが「できない」彼女の母国は、果たして正常なのでしょうか。

浅田真央がこれほど輝き続けていなければ「わからない」人の多さです。まだだめか、まだ足りぬか。浅田真央の素晴らしさは、誰の目にも明らかです。尋常ではないレベルで輝いている。人格識見、態度、モラル、リンクの外でも彼女は常に超一流の逸材でした。この浅田真央をしていまだにバッシングをかけてくる、このおかしさです。異常です。

姐さんはずっと「おかしことにはおかしいと言おう」と主張し続けてきました。それは同時に「いいものはいいと言おう」という主張でもあります。

浅田真央ほどの空前絶後のきわめて、きわめて素晴らしいスポーツ選手をありのままに正しく伝え、評価し、守り、国民の総意として大切にする。それがもしもできないのなら、日本は他のすべてのジャンルで「正しい評価」ができない国、ということになりはしないでしょうか。

浅田真央を大事にできない国が、皆さんひとりひとりを大事にしてくれるでしょうか?姐さんはそこにもっとも大きな危機を感じます。

今は建国以来の危急存亡の秋(とき)なのだと、皆さんに警鐘を鳴らします。

フィギュアスケートを取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。
でも、選手個人には罪はない。彼ら、彼女らは純粋に「スケートが好き」という思い一つでさまざまな苦難に耐えて辛い練習を積み重ね、「その瞬間」をめざして必死に戦い続けています。
スポーツとして当然の前提である「公正な採点」すらない場所で、「それでも」繰り返し立ち上がり続ける選手たちを、守れなくていいのでしょうか。

苦しんでいるのは「わたし」です。チャンスがあれば、状況が許せば、何かのタイミングがあえば、「わたし」が不正採点を受けて血を吐く思いで「それでも」闘っていたのかもしれません。孤独に、苦しみ、孤立無援で。

もう、こんなことはやめさせなければなりません。

今が追撃のチャンスです。各種暗躍勢力は確実に弱体化しています。最期の悪あがきを許してはなりません。

ぼちぼち生きてます」のように、わたしたちは「事実の集大成」をまとめてくださった偉大なブロガーからの熱意と「愛」を有効活用すべきです。
これほどの「愛」の証拠を見せられて、何もせずに見過ごすことはできません。私生活さえ脅かされながら、心無い悪意むきだしの中傷コメントに傷つきながら、それでも「見過ごせない」から無償の愛を捧げ続けてこられた石ころさんに、最大限の敬意と感謝を捧げます。

姐さんは石ころさんがこの国にいてくださって本当に良かった、石ころさんが日本を好きでいてくださって本当によかった、石ころさんという得難い素晴らしいブロガーさんが、フィギュアスケートを好きでいてくれて本当によかったと思います。

それは姐さんの身勝手な思いです。あるいは石ころさんにはご迷惑なことかもしれません。でも、姐さんは石ころさんが先に立ち上がってくださったから、今こうして皆さんに語りかける場を作ることができました。偉大すぎる先輩です。いくら感謝してもしきれないすばらしいブロガーさんです。大好きです。

できるだけ大勢にフィギュアスケートの不正採点と、その問題の「根」がどこにあるのかを、伝え続けていきませんか。

世論を形成し、「こんなことはもうやめさせよう」とひとりでも多くに思ってもらう。そして志ある方に一緒に立ち上がっていただく。
それは皆さんを大きく変えて輝かせることになると信じます。国家の底上げになると信じます。

皆さん、大変な説得力を備えた素晴らしいフィギュアスケートブログ、「ぼちぼち生きてます」の拡散を、どうか今一度お願い致します!

姐さんは毎日ランキングクリックと拍手を続けます。


人気ブログランキングへ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2014/07/24 09:57
コメント
No title
姐さん、毎日ブログ、読ませていただいています。

石ころさん、最近の記事は、これまでのまとめをしてくださっていますね。
ブログ村のランキングのおかしさといい、何か思うところがあられるのかと思っていました。
私も姐さん、石ころさんを全力で応援します!

私たちに光を注ぎ続けてくれた浅田真央をこのままにしておけないのと同じよう、石ころさんや姐さん方、不屈のブロガー様方のことも、尊敬してやみません。

姐さんの講演会にも、必ずいつか参ります。
その日を心待ちにしています。
こんばんは
私も石ころさんのブログを見て、石ころさんの人柄が滲みでる真摯な文章に涙がでそうでした。これなら拡散できるかもしれない、でも、どうしようかと悩んでいましたが、姐さんのお言葉に心が決まりつつあります。
ここまでくるのに石ころさんは色んな嫌がらせを受け、心が折れそうな時もかなりあったと思います。私はROMしかしていなかったですが、石ころさんにどうやって言葉をかけたらよいかわからず未だにコメントを残していません。
今回のブログはかなりの覚悟で書かれたと思います。
石ころさんの心意気に頭が下がります。
石ころさんLOVE
こんばんは
石ころさんのブログ、大好きです。
きっと、中野由加里さんみたいな方なんじゃないかなって、想像しています。
繊細で、真摯で、優しい方ですよね。
姐様が見守っていらっしゃるようすが、他人事ながらうれしくて、コメントしてしまいました。てへぺろ。
大きい器
姐さん!  姐さんはやっぱり只者ではありません。

同じブロガーでいらっしゃる石ころさんの事を称えられ、応援なさっている姿に心を動かされました。なかなか出来ることではありません。凄いと思いました。

私も姐さんに見習います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示