荒川静香に思うこと

あたし、荒川静香の解説のせいでスケート仲間を失ったことがあるの。

そのときの荒川の解説のイヤミったらしさ、底意地の悪さ、根性の薄汚さに飛び上がって驚いた。

口調と内容から悪意が毒液のように滴っているように感じられて、嫉妬に狂った女の恐ろしさ!を素直に口に出したら絶交されたわ。

しーちゃんはそんな人じゃない!って大喧嘩になったの。「あんた昨日まであんなに荒川のこと好きだったじゃない!」って怒鳴られて、メールもめちゃくちゃ届いたし、それまでとっても仲良しだったのだけれど、「あんたがそんなひどい人だったとは思わなかったわ!」って涙ながらに愕然とされてね。

あたしはその人たちの気分を害したことはお詫びしたけど、荒川の解説がひどかったと言ったことは断じて詫びなかったの。

それで友達に絶交されたわ。

リアルで、二人もよ?
そして当時やっていたブログに率直に意見を書いた(内容はお察しください)らそれまで仲良くしてくれてた他のブロガーさんからも総攻撃をくらったわ。「人間としてどうかと思う」とか「同じ空気を吸いたくない」とまで書かれてね。

あたし、若かったのね。スケートがうまいだけの女に、金メダルを取ったからってなんで聖人君子であることを無自覚に要求していたのかしら?って今は思うわ。

そして「あんなにひどい書き方をしなきゃよかった。本当にごめんなさいね」って今は思うの。

「荒川さん、できるだけ公平に話してくれたらいいのにね」って言えばそれですんだのよね。「解説をはじめて間もないから、仕方ないわね。テレビって出るだけでも緊張するものね。荒川、ファイトよ!」「それにしてもキャスターだかアナウンサー志望だったわりにこのカミカミ具合はどうなのよ」「語彙が少ない」「会話のキャッチボールになってないわ!荒川、落ち着いてアナウンサーの質問に答えてあげて!」って結局エスカレートしたかもしれないけどね。

あたしだってさ、荒川が出演したドラマの演技とか、声優にチャレンジとか、桂由美ブライダルフェアでモデル役とかさ、そりゃもう当時の荒川を追ったわよ。

金芽米なんか、家族が特定ブランドのコメしか食わねえ阿呆でなかったら、それこそ1年分でも買っていたかもしれないわ。荒川がメガネ屋の広告塔になったときはつてがあったかしてクリアファイルが山ほど届けられたしね。

爽健美茶のキャンペーンとか、西武のカード入会とか、ヤフオクで新聞の号外を買っちゃうとか『Tiramisu ―だから私はがんばれる! 』『金メダルへの道』とかDVDなら「荒川静香 Moment ~Beautiful skating~ 」とか「Torino 2006 Olympic Winter Games Stars of Ice Skating 国際オリンピック委員会オフィシャルDVD トリノ2006オリンピック冬季競技大会 フィギュアスケート」とか(うわーーー)あのころの自分の中の荒川ブームはちょっとどうかしてたんじゃない?って思うほど熱かったわ。

荒川の金メダルについてはいろいろな意見があるし、あたしにも語りつくせない思いがあるわ。ちょっと長くスケートを見ていた人だったら、トリノに出ていた全選手についてそれぞれ思い入れがあるだろうし、採点についても言いたいことは山ほどあるはずだからね。

バンクーバーと比べたらまだ透明性があった(ように見えた)分だけ、荒川の金の理由とそれの妥当性についてそれぞれハッキリとした主張があるでしょうしね。




浅田の五輪金メダルの一番の障害は、実は荒川の金メダルだ、二回続けてアジア人に与えるわけにはいかないだろう、なんて当時はスケート仲間と冗談で話していたものだけれど、まさかキムチが金のちからでかっさらって大ひんしゅくを買うなんて思いもよらなかったわ。

キムチの擁護は局の意向で、「言わされている」感満載だけど、荒川はそれ以前の、韓国が本腰を入れてしかけてくる以前から解説に不慣れなこともあって素の自分をぼろぼろ見せて、それで不評をかったり、あるいは褒められたりと、そのときどきで評価が分かれる人だった。

ベシャリが下手だってのは共通見解だったけどね。でもそれも慣れなのよね。

「私は嫉妬しちゃいますよー。すばらしい選手ですからね♪」って言ってしまえばよかったのにね。

「国民的人気者で、みんなに夢と笑顔を与えてくれて、見ているだけで元気になれるいい選手ですよね☆」って明るく言える人だったらよかったのにね。

そしたら「いえいえ、荒川さんも世界一の人ですから!」って一緒にアゲてもらえたのにね。


じゅんじゅんは、少なくとも「解説をするから」という理由を公言して、後輩と飲みに行ったり個人的なつきあいを「できるだけしない」ようにしているそうね。
フェアでありたい、という心掛けの表明よね。

でも荒川は個人的に親しい人とはとことんつきあい、解説でもモロにそれを感じさせ、口調や声音や内容で「荒川さんは人によってずいぶん態度を変えるんだな」って思わせてきた。

それはそれで構わないんだけど、だけどたぶんそれを指摘すると怒るんでしょうね。あたしはうまくやっているわ!って。なんかそんな感じがする。


視聴者から見た連盟理事・解説者としての「荒川静香」 という記事に皆さんがつけてくださったコメントを見ていると、まあ本当によく見ているわね、出るわ出るわ、過去から現在、そして未来を想っている方もいて、人前に立つということ、人目にさらされるということの重さと怖さが骨身に沁みてわかったわ。

コメントにつかなかったいろいろも、それぞれに、あたしも含めて皆さんもっともっとよくご存じのはずなんだし、自分の意見を表明せずとも思うところはあったでしょう。

あたしは荒川が理事になったときに「ああ、城田という悪い女を教師にするのか」「それともうまく切り抜けて反面教師にしてくれるのか」「稔はどうする」「岡崎さんを引き立てて」とかいろいろと思ったわ。

そして唯一神みどり様や、おそらくは浅田は連盟には入らないだろうことや、今の中の偉い人がみんな抜けたら日本のフィギュアスケート界はどうなるんだろう?ということを考えたわ。



メダリストだからって人格者であることを求めたら、ナンシー・ケリガンのパレード事件の二の舞よね。ケリガンはトーニャ・ハーディングとの対比で「アメリカのプリンセス」であることを強いられていたけれど、普通の家の出身でスケートのために必死なだけの普通の女の子だったから、そりゃもう大変なストレスに、競技後にむしろさらされていたと思うわよ。
カネは稼げたでしょうけどね。日本でもコマーシャルに出ていたくらい、一時的な人気はあったものね。

Wikiを見てぶっとんでいただきたいけど、ケリガンはスケートで栄誉を勝ち取ったことで家庭が崩壊した(かもしれない)一例だと思っているわ。大変に気の毒で、そして辛いことだったと思うわ。

トリノ三人娘の荒川静香、村主章枝、安藤美姫。

この三人の今現在を並べてみると、いろいろと思うことはあるわね。それにあれだけの選手にしてついに五輪出場がかなわなかった中野友加里。


荒川はうまく立ち回っていくでしょう。そしてそれは荒川の選んだ人生で、あたしは知り合いでも友達でもなんでもないし、ファンですらないんだから、何を言う資格もない。

ただ、「金メダリストという肩書はパスポートだ、ただの切符だ」「金メダリストとしてこの肩書にふさわしい生き方をしていきたい」という決意は素晴らしいし、荒川がそう思って、そう信じて「フィギュアスケート」を愛し続けてくれるだろうことを祈っていたい。

私利私欲にまみれて、堕ちることは簡単なのよ。そしてそれすらもその人の選択だから、止める権利は誰にもないのよ。

でもそのように欲にまみれて動く人は、誰をも魅了できなくなる。だからカネやら暴力やらで無理やりに人を動かすようになる。


立場と品性は必ずしもイコールじゃない。だけどパトリック・チャンのビッグマウスに対する「正論だけどおまえが今、それを言うか?」な不快感、安藤美姫の「ミキはいつも被害者でぇ~」という糞甘ったれた糞態度が誰の共感も呼ばないのは、やはりある立場を得た人ならば「その立場を尊重する」「その立場を穢さない言動を取る」べきだ、という当たり前の思いからよね。

荒川はたとえ引退したとしても「五輪金メダリスト」という大きなスポットライトを常に担いでいる状態。これまでに得た栄誉と引き換えに死ぬまで(死んでも)ついて回る称号だわ。

その栄誉にふさわしい生き方を、ぜひ選んでいただきたい。

自分を第一に、は当然だけど、「本当の公平さ」とか「選手のために本当になること」をほんの少しでもいいから、念頭に置いていってほしい。

トリノでそうしてきたように、たとえ一瞬でもいいから大事な判断をするときには「無の境地」(あんたそう言ってたわよね?)にまで至って決断してほしいなと思っているわ。

スケ連の横暴も、庇護も、弊害も後押しも何もかも知り尽くした荒川だもの。

コーチ、トレーナー、コリオグラファーとの共同作業、選手どうしの軋轢、親交、ジャッジとのあれこれ、世界各地を転戦し、「戦い」に次ぐ「戦い」を勝ち抜いてきた荒川だもの。

フィギュアスケートの歴史に、燦然たる輝きを残し、永遠に語り継がれる名前を刻んだ荒川だもの。

誰と比べる必要もない。他にどんなに素敵な選手がいようとも、荒川静香は荒川静香なんだもの。

せめて本当に最後に目を閉じる一瞬に「ああ、スケートをやっていてよかった」と思える人生であってほしい。村主と安藤についてはなんか「スケートなんかやっていなければよかった」と思いそうで、そして死の最後の瞬間にまで「ミキは悪くない!悪いのはまわり!ミキ以外!」「あたしはトリノでメダルを取れるはずだった!日本人最高位のはずだった」と思っていそうでなんかこわいわ。



・・・荒川に、期待は、できないんだけどね。あたしたちは外野だし、荒川のこれからの人生を支え切れるわけでもない。口は出せない。

だけど、だからこそ、「あんたならできるわよ」って思っていたい。



期待は、できないんだけどね。




人気ブログランキングへ
関連記事
スケ連副会長・荒川静香 | コメント(56) | トラックバック(0) | 2013/10/15 15:12
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは
今日は真昼間からパソコンを開いて、たくさんコメントしてしまってます^^;

荒川さんの解説、初めの頃は本当に酷かったですよね(上手とか下手とかではなく)。

なんていうか、一言一言が氷のように冷たくて。特に私が真央ちゃんファンということもあるせいか、真央ちゃんの演技の時の「彼女が…」「彼女は…」「本来ならアウトエッジで踏み切るところを彼女はインサイドで云々…」

インタビュアーとして真央ちゃんに接してる時でも「荒川さん!目が怖いよう」と、見てるこちらが心配になってしまうくらい自分を隠す事が出来てなかった荒川さん。
なんとなく荒川さんのインタビューの時だけ真央ちゃんが怯えきってるように見えてしまっていた私はどこまでも真央信者です。

でも、バンクーバーの期間中くらいから、少しずつ真央ちゃんに対しても心の氷が融けてきたといううか、トリノ五輪金メダリストとしての自分と現役選手との距離感をうまく測れるようになったというか、心から五輪代表で戦ってる選手達を応援してるなぁって雰囲気を感じるようになりました。

荒川さんも現役を離れてずいぶん経ちますし、いい意味で年を取って丸くなったんじゃないでしょうか。とても賢い方だと思いますから、どなたかのように自ら敵を増やすような馬鹿な真似はしないと思ってます。

私も「Torino 2006 Olympic Winter Games Stars of Ice Skating 国際オリンピック委員会オフィシャルDVD トリノ2006オリンピック冬季競技大会 フィギュアスケート」は買いました。サーシャの「4回転」とか信じられない(笑)ナレーションだったり、イーラとサーシャのフリーが完全未収録とか内容もなかなか信じられない商品ですよね(笑)
こんにちは。
私はトリノの荒川さんを見ていないし、でもスパイラルが規定から外された時「賛成!だって選手は自由に表現したいから」みたいなことを言った(と思うのですが)時、「それ、スポーツ違う」と思ったし…で、「荒川さん」と言う人を計りかねていました。
なので、今回のお題は「ワクワク、フムフム」でした。
姐さまや皆様の意見を拝見して、思うに荒川さんは「ただの人」(選手の力量ではありません)、本人も「経験者」「一握りのオリンピックチャンピオン」「芸能人(解説者含む)」「理事(政治)」の、どのスタンスに腰を据えるかは決まっていないのではないでしょうか。
姐さま、かつてのそして今の橋本聖子さんは、どうでしょう?
今の橋本聖子さんが、(私にはそんなイメージはありませんが)たとえスピスケに限ったとしても、できるだけ選手の立場をくんでいるようであれば、荒川さんもそうなってくれるのでは?ただし、あれだけの箔をつけるため、そうとうの時間を要すると思います。
今の橋本聖子さんが、選手として政治家として申し分ない「神輿」なら、スケート連盟は荒川さんを次の「神輿」として、育てようと思っているのでは?
荒川さんは確かにクレバーなイメージですが、まわりの権力者に「あなたの言うことは解るけど、これでフィギュア人気がなくなれば、一番に被害を被るのは選手達だよ~」と言われたら、「責任は私がとる!」と言い返せる度胸も力量もないイメージがあります。
スケアメを前に、皆様精進潔斎を始められたでしょうから、「話題にはことかかないのに、この上スピスケ行く!?」とおっしゃられること、ごもっともです。
荒川さんは「期待せずにまちましょ!」の結論で締め!なら、それでオッケーです。
今日語られた荒川さんの記事以上の結論は出ないと思います。
手相見姐さま、姐さまファンのみなさま
はじめまして。
いつもはROM専なんですが今回はコメントしたくなっちゃいまいた。
「荒川氏の解説」は私もまるっと姐さまに同意デス。
そして同じようにスケートファン仲間にキレられました。
公私混同(私生活で仲の良い選手とそうでない選手)の解説と私は思ったデス。
今現在フィギュア失望中なのでTV見ませんし、ネットで情報探るくらいの者ですが、以後よろしくお願い申し上げます(何を?笑)
トリノ五輪は見ましたよ〜心の底から荒川さんを応援してました。ジャンプ構成とか何も知らず、こけたら負けなんだという単細胞な見方でしたが;^_^A
中野のゆかりんも好きでした。安藤さんがTwitterでゆかりんと火の鳥のポーズ写真のせてましたが…正気か!?と少し思いました…。
いや、ゆかりんがいいならいいんですけど。ゆかりんは大人ですね。

真央ちゃんはスケ連なんかと関わってほしくないです。でもすり寄ってきそう…。でもでも真央ちゃんは幸せになるに決まってるので心配無用ですよね〜♪
できるかどうかは別として。
手相見姐さん、初めまして。
私も同じく荒川さんには金メダリストの栄誉に相応しい生き方を選択して頂きたいと思っています。
できるかどうかは別として。(苦笑)
荒川さんの好きで忘れられないプログラムは04年ワールドのトゥーランドットです。
当時の荒川さんはやる気のあるか無いかの違いが素人の私でもわかりやすい人だったので、気持ちがのった元々持っている技術的才能を嫌というほど見せつけられた思いでした。
浅田さんとの関係に複雑な思いがあったのは察しがつきます。
しかしノービス時の浅田さんは好きなフィギュアスケーターのひとりとして荒川さんを挙げていたんですよ。
タイタニックが好きでジャンプやスパイラルなど高い技術力に憧れていたようです。
はじめまして。

わたしがフィギュアスケートにはまったきっかけは、荒川さんの高速イナを観たことです。「欲がない」みたいなことを聞いていたので、素朴な人かなと思っていました。
でも後で、タラソワさんにコーチを依頼したのは荒川さんの強い希望で、渋るタラソワさんに無理を言ってお願いしたこととかを知って、大分イメージが変わりました。
ミシェル・クワンのようになりたいと本人が言っているのを聞いたことがあります。リンクの外での立ち振る舞いが堂々としているとか、他の人からの尊敬されているから、といったことだったと思います(ウロおぼえすみません…)。

スケート技術も自分自身も磨こうと努力されているのはわかりますが、最近の演技には何故か引き込まれません。
(JOの時も、荒川さんの演技の時間をトイレタイムにしてしまいました)

プライドがとても高い人なんでしょう。
真央ちゃんがいるとプライドが満たされないのかもしれません。
(トリノの時も、真央ちゃんのGPF優勝の流れがあっての金メダルですものね)
そういう人は自分を守ることが優先になりがちですよね。
一度プライドを捨てて、スケートに向きあう荒川さんが見たいです。

解説者としては好きではないです。
まず日本語がおかしい(長い文章を話そうとすると必ず齟齬が生じる)。
そして皆さんがおっしゃるようにえこひいきが激しい。

フィギュアスケートの実況は、もう解説なしで小林千鶴さんにやってもらいたいものです。
荒川さんについて
姐さまが「連盟理事・解説者としての荒川静香をどう思いますか?」と投げかけられたとき、私はどう思っているのかと、考えてみました。
今は上手に長いものに巻かれているけれどいずれ力を持ったときには理想を実現させてくれるのではないかとも思うし…、いやいや何も期待できないどころか脅威にもなりかねないとも思うし…、どちらとも取れるようでよくわかりません。そしてよくよく考えてみると、私は今の荒川さんに対して意見を持つほど興味を持っていなかった!ということがよくわかったんです(笑)。

友人はこう言いました。
「荒川という人は、選手たちのために改革をしていくような気はまったくないと思う。あの人は自分の得になるかどうかを読むことに長けていて、自分が得をするか、損をしないか、それが一番の基準になっている人だと思う。だから、上に倣うことが得だと判断すればそうするだろうし、ファンの声を聴くことが得だと思えばそうするだろう。だいたい、あまり興味を持たれていないということ自体が上手いんだよ。恩田なんか荒川に比べたらかわいそうなくらいだ」

…そうか、確かに!私はまんまと興味を持っていなかったわけです。
この度の、姐さまの投げかけは私にとってすごくいい機会になりました。
ファンが声を挙げ続ければ可能性がなくもない…?と思いたいです。
荒川さんにしかできないこと
真央ちゃんも金メダルを獲得すれば、同じ金メダリストになります。

でも荒川さんだからできる、荒川さんにしかできないこと、役割があって、また真央ちゃんだからできる、真央ちゃんにしかできないこと、役割があると思います。

同じ金メダリストという肩書であっても、荒川さんと真央ちゃんの存在は、互いに無二唯一の存在であって、決して同等ではないと思います。どれだけ時間が経ってもこれは変わらないと思います。

ご自分にしかできない役割を担っていってもらいたいと思います。

できることなら日本人初のメダリスト、伊藤みどりさんにもご活躍いただきたいです。
みどりさんの存在があるからこそ、今なのですから。

汚いしがらみに巻き込まれてほしくはないですが、みどりさん、荒川さん、真央ちゃん この最強メダリストトリオで、これからのフィギィアは私たちの時代!フィギィアのこれからの発展、夢をもつ子供のためにがんばる私たちに、文句ある、私たちについてきなさい!みたいな感じになってもらえればいいなと思います。

私は荒川さん、好きです。
でも真央ちゃんファンの方々にとっては「やっぱり今でも許せない」存在なのかな。
私は荒川さんも真央ちゃんも好きなので、去年のGPSにリプニツカヤ選手が登場した際
アナウンサーの男性の「浅田選手もびっくりしてリプニツカヤ選手の練習を見ていました」というコメントに対し
「私も浅田選手が出てきたときビックリして見てました」と即座に返してくれたのが嬉しかった。

女子シングルの解説にはかなり厳しいルールが決められてそうで、誰がやっても同じじゃないかなー?
浅田選手に対する「完璧なジャンプ」というコメントが編集で削除されちゃうんですもの。

アイスダンスの解説なんてとっても分かりやすいし、数年前の全米男子の解説では
「ウィアー選手は両足で立ってる時間とただ滑ってる時間が少し長いので、そこを工夫すればもっと点数が」
みたいなことを言ってて納得した覚えがありますが
日本では「局の意向」に添う発言しかできない(添える人しか使わない)ような気がします。
Re: スター性って
はらっぱさん、やだわ「同じ空気を吸いたくない」だわ。直したわw

お仕事はかどったかしら?あたしも家にこもって酒盛りしてるわ。
真央ちゃんも荒川さんも好き
荒川さんの現役時代って、今のチームジャパンのように、支え合う仲良しチームじゃなかったんですよね。
誰とは書かないけど、先輩にいじめられたらしいと言う話があるのは知ってる。
でも荒川さんは後輩に優しい方なんじゃないかなって思う、美姫ちゃんにとっても懐かれてますよね。
真央ちゃんとは連盟を挟んで、ちょっとした思うところがあるようで…バンクーバー前後くらいまでは、かなり歯切れの悪さが目立ってたと思う。
アレをageるように解説のシナリオがあったせいもあるんだとは思うけど、もうちょっとうまく言えないものかなぁと、歯がゆく思ったりもしました。
なんと言っても、荒川さんは日本フィギュア界初の金メダリストとして解説しているわけで、その言葉には期待がかかってしまうのは仕方のないこと。
しかも、荒川さんの滑りは誰が見ても素晴らしい美しいスケーティングが魅力、軟体を生かした技も素晴らしいですけど、やはりベルベットスケーティングと言われる、その滑りに魅力がありますよね。

その…女子選手の中でも最高レベルのスケーティングの荒川さんが、アレのスケーティングを褒めるのが、すごく違和感があるんです……
本当に、ちゃんと解説して欲しいわ…出来ないところまではしなくていいけど、もっとちゃんとした解説が聞きたい、最近はまだよくなってきたけど、やっぱり解説が上手とは言いがたい。
でも、フィギュアスケートを愛するスケーターとして、聞く人の心に残る解説が出来るようになって欲しいなぁ
たぶんスポンサーの関係もあって難しいんだと思いますけど。。。
はじめまして。
私は、浅田さんと荒川さんは、アマデウスとサリエリみたいだなって思っています。ああ、北島マヤと姫川亜弓でもいいんですけど。
浅田さんの持つ光を、その才能ゆえに誰よりも理解し羨み努力し、違うステージに立ってやっと安堵する荒川さん、といった感じですかね。
いやただの妄想なんですけれど。

姐さんのおっしゃる通り、スケートがうまいだけの女に、スケートがうまいからといって、他に何かを求めるのもおかしな話でしょう。
私には、浅田さんは柔らかな光に包まれてあたりを照らすように見え、荒川さんは氷の鏡にご自身と周囲を映しているように思える。
浅田さんは浅田さん、荒川さんは荒川さん、ただそれだけ。姐さんのおっしゃる通りです。

浅田さんが幸せで、ソチに向けてご自身納得のいく演技をされることを願っています。
今の荒川さんは、複雑な思いを抱えつつも、そんな浅田さんを本当に祝福できるんじゃないかと思っています。
こんばんは(*^^*)
荒川さん、私は好きです。
真央ちゃんに対して厳しい意見だったのは、やはりトリノ前のあの時期シニアに上がってきて、凄い勢いがあって…一緒に現役やってて、むしろ脅威に思わないほうがおかしかったと思います。その時の一種の恐怖心が解説にも滲みでてたのかも知れませんね。

スケートの上手さは超一流。
彼女が本音でキムチの解説したらボロクソ言いそう(笑)だって荒川さん、絶対キムチの事嫌いだと思いますもの。あんなのが金メダリストなんてふざけんなって顔に書いてあるように思えるのですよね(笑)

でも、そんな本音を言ってしまったらみどりさんのように干されてしまうので(みどりさんが干されたのは、キムチについてホントの事を言ってしまったからですもんね)言えないのですよね。
荒川さんには各選手に対していつか本音で語って欲しいです。
超一流の彼女には本当はどう見えて、どう感じているのか。
私も荒川さんに正直に解説させてみたいなあと思います(笑)
真央ちゃんへの嫉妬も正直に。キムチへの酷評も正直に!!
嫉妬は、現役から離れて、真央ちゃんが「ジャンプを立て直す」作業に入った頃から「ん? ちょっと荒川さんから悪意が消えたかな?」と思うようになりました。
それまでは結構ビシビシ感じましたね。
私も嫉妬を覚えたことがある身です。私はすぐそれから逃げられる場所にいたけれど、同じ土俵に居続けるならどうしても逃げられないですよね。それはまさに胆汁を飲むような苦さです。
何が嫌って、どうしても嫉妬にとりつかれる自分が一番嫌! 気持ち悪いんです!
それを我が身に許せるなんてかの国の「恨文化」くらいのものでしょう!

いつか、日本のスケート界が彼女に「正直に、真っ当に」解説させられる時代、来ると良いですね~!
Jackinthebox さん
あなたの言いたいことは理解できてるつもりだけど、サリエーリについてはあなたは誤解しているから認識を訂正してほしい。

たぶんあなたは映画の「アマデウス」の印象でサリエーリを出したと思う。天才に嫉妬して足を引っ張る愚か者、権力に甘んじて見殺しにしたひどい奴、ってイメージでしょ?

それは違うわ。サリエーリは楽曲の創作能力こそモーツアルトには劣っていて、実際彼の作曲した音楽はほとんど残されていないけど、でも人間的にはとても穏和で後輩をよく引き立てて、本当にいい芸術家には惜しみない援助をした人なの。

モーツアルトが生前最後に出した手紙は、実にサリエーリ宛のもので、妻のコンスタンティンともども夕食に招いてくれてありがとう、とても楽しい時間を過ごすことができて感謝している、またあなたとあのような時間を持ちたい、という感謝をつづったものだったの。

あたしは自分が弦楽器をしているせいか、サリエーリに興味があって、世間に悪く広まっている彼のマイナスイメージをどうにか覆したいと思っているわ。

どうか彼について知ってほしい。自分で調べて驚いていただきたいわ。

彼の評判の正当な復権を望んでいます。それがあたしなりの宮廷音楽長のサリエーリに対する供養だわね。
荒川さんの立場から見れば、金メダル取ったのに世間はすぐに真央ちゃん一色で大人気。
おまけに十分金メダルを狙えるだけの技量があり、実際取ったら自分は完全に過去の人になる。
嫉妬やその他色々複雑な思いを抱くのは仕方ないと思います。
誰もかれもが人格者になれるわけではないし、彼女はごく一般的な人間だと思うので。
そして、当時はそれらの感情を隠せるほど大人ではなく青かった。
あとテレビ局(というかマスコミ全体)の意向(キムチage真央選手sage)も強かったでしょうし。

安藤選手に甘いのは、実績も人気もプロスケーターとしても自分の立場を絶対に脅かさないと分かっているからだと思いますね。
今は真央選手の事を認めて公平を心がけているように思えます。

あと荒川さんにはスケ連改革とかは一切期待できないと思いますね。
大きいものを敵に回す度胸も、中からじわじわ変えていく手腕も無いでしょう。
というかその必要性すら感じていないと思いますよ。
長いものに巻かれつつ、スケオタが望むようなガス抜き発言をちょこちょこしながら世の中うまく渡っていく人なんだと思います。(多くの人がそうであるように)
さすが博識の姐さん、はい、映画のイメージです。お恥ずかしい。
ご指摘通り、サリエーリ(という表記がより正確なのでしょうか?)について映画の印象以外まったくの無知です。

映画でかれは、何故私はモーツアルトの才能を理解できる能力を与えられたのかと訴えていましたよね。
天賦の才そのものと、才を理解できる能力は違う。どちらが上、どちらが下というものではないけれど、映画での彼は誰よりもモーツアルトの天賦を愛していたのだと私は思いました。
天才に嫉妬して足を引っ張る愚か者、権力に甘んじて見殺しにしたひどい奴、ってイメージはないです。天賦を愛することが愚かというなら愚かかもしれないですけれど。

論点がずれました。すみません。
荒川さんの解説のお仕事についてですが、私は選手によってそんなに差別があるとは思いません。
あの城田にガミガミ言われているVTRがお茶の間に流れてしまったからばつが悪くなって、それから真央ちゃんに接する場面ではおかしな空気になるのかな、と思っていました。そもそもナゼあの場面が使われたのか?テレビクルーがいることを知りながらなぜ城田はあんな発言をしたのか?最初からお金の為に城田にすべて仕組まれていたような気がして。私おかしいですかね?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
koyari さんへ
答えが出たら、公開コメントで書いて頂戴。

あたしたちは全員が<自分に>問いかける練習をしているのよ。
荒川さんはある意味腹黒いところが魅力w
荒川さん、現役時代からしたたかでしたよね〜。
公式練習や6分間練習で試合では使わないスゴイ技を見せて、一緒に練習してる人をビビらせる。
そのやり方、去年見たメダル・ウィナーズ・オープンでも健在でしたしw
優勝が決まった後のしおらしいコメントを聞きながら「嘘つき〜〜!!あんた6分間練習の時から、私にさえわかるほどの戦闘オーラバンバン出してたくせに〜〜!!!!!」って心の中で叫びましたよ、ええ。

スケート連盟の理事という役職を担うにあたり、そのあたりのしたたかさは役に立つと思われます。
荒川さんと仲良しの誰かさんと違って、頭も悪くないと思いますし。
すでに組織ができてから長く、腐敗もしているスケート連盟ですから、その中で上手に立ち回っていくには、腹黒さは絶対に必要です。
もちろん、荒川さんだけでスケート連盟の体質を変えることができるかって言われたら、それは無理だろうと思います。
無茶な戦いはしない人です。
荒川さんの味方になってくれる人が、たくさんスケート連盟の中にできて、勝てる戦いと見れば、荒川さんはやるでしょう。
だけど、将来そんな状況が整うかどうかはわからない。

個人的には、真央ちゃんには理事になったりなどの、腹黒に似合う仕事はしてほしくないですね。真央ちゃんには光の中にいてほしい。
姐さんこんばんわ
台風でかいの来てますが大丈夫でしょうか?

荒川さん、正直自分の中ではグレーな存在でした。
真央ちゃんのことはやはり五輪を控え一番苦労したときに
あんな形で出てこられて
多少恨めしく思う部分はあっても仕方ないかな…と思います。
2006年の末頃真央ちゃんが不調に陥り成績をあまり残せなかったとき
(それでも表彰台には載ってましたが)
「真央ちゃんも人間なんだな!と思いました」
と笑顔で語っていた様子、ちょっと怖かったです。
ざまあああと表情に浮かんでいるようで^^;
解説は2007GPFフリーのときのが凄くていまだに脳みそから離れてくれないw
真央ちゃんが3F-3Tを降りたとき実況アナは興奮して
降りたー!!と叫んでるのにかぶせるように
「ああこれは多分回転足りてませんね」とバッサリ。
それからも成功したように見えるジャンプをエッジの向きが、回転がと
指摘しまくり。
それを聞いてああ真央ちゃんのことはあんまり好きではないんだろうなと
思った覚えがあります。
キムチageも局の意向もありますが真央憎しでやってた部分もあったりして…とゲスパーしてます。
好き嫌いは誰にでもあるし嫌いなものを無理やり好きになるなんて無理な話ですが、解説やるんだったら
もうちょい感情抑えてもいいのになーと思ってました。

ただ皆様が仰られているようにバンクーバー後は少しずつ変化が見られたと思います。
「簡単なように見えて複雑なステップなんですよ」
といかに凄いことをしているかを説明するときも結構ありますし

彼女自身年を重ねて丸くなり、ショースケーターとして成功し
そういう余裕が生まれたのかな?

でも理事としてスケ連を改革…というのは多分無理でしょう
優秀なブレーンがいるなら別ですが、彼女一人でどうこう出来るほど
易しい問題ではないと思います。
個人的には昔バイトしていた時の事を
「なんで商品渡してお客さんにこっちがありがとうございますって言わなきゃいけないのと思ってた。だって売ってやってるのはこっちなのに」
と語る姿にドSの切れ味を感じたので
スケ連を巣食う魑魅魍魎どもに立ち向かっていけそうな気はしますがw
返答を希望したいのですがー。
確か、バイトについて、「こちらが提供して“あげて”いるのに、どうして、ありがとうを言わないといけないの?」発言を聞いて、スポーツ馬鹿にはなりたくない、と言っている割に、一般常識がなってないじゃないと呆れたものです。もし、彼女に、スケートとの出会いがあって良かったね、だけれど…とその価値観を持っていることに、却って可哀想になりました。また、「選手がコーチにお金を払う側なので、得たい技術が得られれば、関係を解消する権利は、選手にある」とも言っていましたよね(苦笑)。だから、タラソワには、自ら強引にお願いした癖に、モロゾフの新採点への対応の早さを知れば、タラソワでさえ切り捨てられる…自分が情緒が欠落しているから、そんなことも「だって、私にはもう必要ないし~」で非情に片付けられるのでしょうね…。他選手への威嚇、トリノの時と同様、やっていましたかぁ…。そういう人間性が、実績と人気の反比例を招くのですね。 手相見姐さんからは、彼女の霊格など、どの程度と判断されるのでしょう? 姐さんのスピリチュアルな(…と申していいのかしら?)見地からの意見、是非きかせていただけますか?
Re: 返答を希望したいのですがー。
カルメンさん

霊格の定義をしてください。
以前、「天皇」に関しての記事で、周波数、電圧などの言葉が使われていましたよね? 私が聞きたかったのは、手相見姐さんから見て、荒川静香という人間が、どの程度の周波数や電圧に合う人なのか、ということです。 私の文章力の至らなさゆえ、上手く言えないのですが…。
霊格の定義について
霊格=魂のレベル、位
というつもりで、コメントには使用しました。
姐さんはじめまして
荒川静香さんと高円宮久子妃は同じ臭いがする。
ミキムチさんと雅子妃も同じ臭いがする。
なんでだろう(棒)
荒川さんのコーチ変更の件
荒川さんが自らタラソワさんに頼み込んで強引にコーチになってもらったという話が何人かの方から出ているのですが、個人的には初耳でした。

私が知っているのは「城田がタラソワに無理矢理頼み込み、OKが取れたからとにかくタラソワの元へ行け、キャラハンには連盟の方からちゃんと連絡しておくからと言い、荒川がその通りにしたらキャラハン激怒」という話。
これは、荒川さんご本人が話していることです。
しかし、タラソワさん側から話を聞いたら、また違う話が出てくるのかもしれません。

私自身、荒川さんについてめちゃくちゃ詳しいというわけでもないので、違う話があったとしても不思議ではないです。
もし、荒川さんが自らタラソワさんに強引にお願いしたという話のソースをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。
ググってはみたのですが、ちょっとみつけられなかったので…「荒川」「タラソワ」ってキーワード入れても、出てくるのは真央ちゃんの情報ばっかりという状況でして(笑)
k.nさん

わたしが聞いたのは、過去の世界選手権の放送をしていた時の解説の杉田さんのお話です。
荒川さん本人が強く希望するので、杉田さん含め数人(城田もかな?)が日参して頼み込んだようなことをおっしゃっていたと思います。
まさこさん、ありがとうございます
まさこさん、教えてくださってありがとうございます。
たぶん、過去の試合の放送などをいくつか見たら、確認できますね。

杉田さんの話が本当なら、荒川さんは「自分が頼んだのに、城田が勝手にやったかのように話している」ということになりますね。
やるなぁ荒川さん、やっぱり腹黒いわ(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
k.n様へ
私も、彼女が、自分で頼み倒しておいて、城田のせいにしている、に一票です! しかも、当時師事していた、サーシャコーエンとタラソワとの関係がギクシャクしているのを聞いての行動らしいですから…略奪ということですよね? 私は、当時、確執があった村主さん贔屓だった城田への当て付け、というか復讐?もあるのでは、と思っています。
再度すみません。
わたしが観たのは、Jsportsの「日本フィギュアスケート 栄光の軌跡 ~荒川静香 優勝~」という番組です。

色々検索していたら、

>杉田さんの裏話では、「本人(荒川さん)がタラソワさんに見てもらいたいと強く希望している」と鶴田さんより話があり、平松さんと杉田さんが何度か断られながらもタラソワコーチを訪ねた、というものでした。

という記録を見つけました。
わたしが聞いたのもこれだと思います。
まさこさん、再度ありがとうございます! アイシテマス!v-238
これから外出しますので、帰ったら探して見てみますね。
Re: 初めまして(丹羽花さんへ)
お気持ちとてもよくわかります。

くわしい人ほどにわかとか素人ですがとおっしゃるのはなぜなんでしょうか。あたしなんかズブのトーシロでどうしようもないのにブログ作って大騒ぎしてますよ。どうしましょ?

ご指摘の通り、体操ニッポン復活の立役者は元選手たちですよね。中学生から指導育成をはじめ、長い目でみてじっくり育て、「美しい体操」「正しい体操」でオリンピック発祥の地、アテネで日の丸を大空に掲げました。あのような改革は、しかし徹底的に「底を見た」からできたことで、今のスケート連盟に何を期待できるのかあたしにはよくわかりません。
表に出てこないところで「正しいスケート」を必死に守ってくださっている人もたくさんいると思います。

スケートの世界は大変に閉鎖的です。競技人口も少ないですし多くは子供の頃から切磋琢磨してきた仲間です。身内意識が強烈にあり、不祥事を外に出さない、出せない隠ぺい体質も根強いです。

改革を望むのは酷なことだとわかっていても、そう願いたいと思います。
おおおー!
さすが詳しい方が多い!
ありがとうございます。

皆さんの記憶とご意見をすりあわせていくとわりととんでもないものが見つかりますよね。すごい。

荒川さん、一方的に動かされたので「自分は何も知らなかった」とずーーーっと言い続けていますよね。後から手紙を書いて謝った、とか。

いろいろ出てきましたなあ。
たびたびすみません
タラソワ先生は、海外のインタビューでは、荒川との師弟関係解消ののち、「彼女には我慢の限界!」と答えていました。そんな不快な思いをしても、曲をトゥーランドットにすること、フリップジャンプの練習をするようアドバイスの手紙を添えたようですね。
k.nさんへ
その件について、そう言えば「自分から頼んだ説」と「城田氏がねじ込んだ説」と両方見聞きした覚えがあります。

トリノオリンピック終了後、荒川さんにタラソワコーチの指導料を全額支払うようにスケ連から連絡が来て驚いた、と言う様な話も聞いたことがあります。
スケ連の言い分は、荒川さんがタラソワ氏からモロゾフ氏に勝手にコーチ変更したから、だったと思います。

話はずれますが、浅田選手がタラソワコーチについた時に、荒川さんが浅田選手に「タラソワコーチって大変じゃない?」と聞いている場面をテレビで見たことあります。
「私もタラソワコーチにずっと見てもらいたかったけど・・・」と、コーチ変更は苦肉の策だったみたいに話していて、この人何が言いたいのかな~?と、タラソワに可愛がられて結果も出している真央ちゃんに対する複雑な感情が見え隠れしているのが見ていて嫌でしたね。
荒川静香に思うこと…、スケートは抜群にキレイ、したたか、我が強い、です。

一見クールに見えますが、安藤さんに通ずるドロドロしたものを感じました。何かと不満をもらしている感じが。
熱く指導しているタラソワさんになめきった態度をとってたりと、強情な人だなぁとも。

荒川さんの代表作のトゥーランドットは、ゆきなさんのパクりですよね。
これが尊敬できない一番の理由です。

五輪のEXは、今見ても感動的ですが。

なんというか、負のパワーを糧にして勝ち上がってきた人、って感じです。
浅田さんとは真逆の印象です。
Re: 霊格の定義について
カルメンさん

ここであたしが荒川静香の霊格はこうである、と書いたときにあなたはその正誤の判断がつくのでしょうか。
すばらしいお力をお持ちですね。まずは手相見姐さんの霊格を判断していただけないでしょうか?
楽しみにしています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

みなさん、凄く色々と知ってらっしゃいますね。
自分の書きたいことをまとめていたら、姐さんまで記事書いて、さらに盛り上がっていますね。
今までは、荒川さんのことを否定的に書くとそれを異常に攻撃する方がいて、結構アンタッチャブルなんだなあ、と思っていました。こうして色々な情報をみるとそういう部分もある方なんだと納得しました。

今更ですが、書かせて頂きますね。
私も荒川さんの立場は凄く疑問です。
期待もするけど、信頼もしていない人です。

荒川さんのスケート技術の進化は本当に凄くて、更に先があるかもと期待させてくれます。

荒川さんが解説し始めた頃は、真央ちゃんへの解説はとても酷かったです。真央ちゃんが悩んでいた頃、真央ちゃんから荒川さんに相談することが増えてきて、今はとても良い関係になってるようですが。

前に荒川さんが酷いとネットで話題になった後、真央ちゃんが自ら荒川さんとの写真をホームページに載せて「いい先輩です」とコメントしていました。いつも、真央ちゃん側から気遣いしてないか?と、そういう印象を持たせます。

しかも、良いスケートの先輩は良い味方であるかは別なのも事実で。

荒川さんは、理事の立場で選手に何か貢献してるのか?と言えばしていないと思います。
安藤さんの騒動から選手を守ることさえしていないし、団体戦の選出方法の馬鹿らしさを指摘して改善しようと声をあげてもいない。

これからは、彼女の立場を強くしている「唯一の金メダリスト」の立場を守るために、動くのは彼女か周りの人間か。そしてその方法は?
警戒すべき相手かな、と私は思います。

日常におけるマスコミへの取材規制
虚偽や選手のイメージを傷つける報道への抗議とその名誉の回復
試合前のバックヤードでの過剰な取材への規制
団体戦の選出方法の変更

ざっと思いついただけでも、これだけあるのに何も改善されていないですよね。
解説という仕事をもらうには、マスコミへの抗議はできないのでしょうね。

他の方も言うように、荒川さんもキムチ、ミキムチの魂の双子みたいに、真央ちゃんの後追い?なことしてますよね。私も考えすぎ?と思いつつ、また?というのが続いています。
荒川さん本人は自分をアーティストと呼ぶけれど、やっぱり技術の人で表現力はないです。(しかもアーティストの枠にキムチや自分を入れて、真央ちゃんは技術だけのように書き、酷かった!)
日々精進したことで得られたスケート技術には、とても感心するけれど、カタルシスを得られるまではいきません。(姐さんの書かれたバレエ的な体の使い方ができないからかもしれませんね)

選手に近い理事というなら、手始めにバックヤードで選手のウォーミングアップ撮らせず、取材するなら舞ちゃんやゆかりんなどの信頼できる元選手を使えと働きかけるくらいしてほしいですね。
試合ごとに義姉やゆかりんprprできてみんな幸せ。
あと、解説は伊藤みどりさんで!!

理事職については、今は勉強中でソチ五輪後に働くとか、とんでもねーよ、とも思っています。必要な時に動けない理事はいらないです。今が分岐点なんですから。
カルメンさんへ
魂の秘儀というのは、本人からの依頼がない限り、私は外にはもらしません。

このブログをひと通りご覧いただければご理解いただけると思いますが、私は選手や連盟役員、糞ったれキムチのバカ野郎についてはその言動のみから記事を書き、批判も賞賛もするようにしています。

霊格がどうのという記述はないはずです。神と呼び得るレベルの演技をしている、というように明確な線引きをしているつもりです。
皆さんが具体的にトレースできない曖昧さを排除してできるだけ書くようにしています。でないと本当にただの電波で「根拠はあたし!」の安藤さんと一緒になってしまうからです。

荒川さんについても否定も肯定もしていません。

大変申し訳ございまえんが、ご希望には添えません。すみません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 姐さん お手数ですが・・・
木々さん

一度いただいたコメントの公開・非公開はこちらで変更できません。
内容を拝見した後、削除させていただきました。
よろしくお願い致します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
二人が仲良くなるのは難しい…
姐さん、こんにちは。
遅ればせながらコメント参加します。

バレエの世界に例えたら荒川さんって“プリマ”に当たる方だと思うんです。(例えバレエが踊れずとも)フィギュアスケート界では。
私真央ちゃんEX「ジュピター」見た時、スケーティングが更に良くなっていたせいもあるのか、荒川さんを思い出すトコロがありました。
勿論全く持ち味一緒ではないのですが、変な話…真央ちゃんが引退後プロになるとしたら、商売敵になっちゃうな…と思いました。
今の現役選手の中で“プリマ”として荒川さんに対抗できるとすればやはり真央ちゃんしかいないと私は考えます。
あっこちゃんや美姫ちゃんはまた異なる個性美がある。
だから荒川さんは安心して彼女らを側に置いておけると思います。

女優サンの世界でも役がかぶる者同士は決して仲良くならない…と聞きます。
意地悪とかそういうものではなくて、「そういうもの」として私は捉えています。(ただ、フィギュアはTVで色々放送されちゃったりするので、なるべく視聴者が嫌な気分になるような感情は抑えた方が良いですね。今はかなり落ち着かれたような気がしますけどね)
返信ありがとうございました
>表に出てこないところで「正しいスケート」を必死に守ってくださっている人もたくさんいると思います。

>スケートの世界は大変に閉鎖的です。競技人口も少ないですし多くは子供の頃から切磋琢磨してきた仲間です。身内意識が強烈にあり、不祥事を外に出さない、出せない隠ぺい体質も根強いです。


自分の想いだけで熱くなってた事に反省してしまいました。
手相見姐様が「期待出来ない」と繰り返された別角度からの理由のも判りました。

ありがとうございます。


これからもわさび風味、ハバネロ刺激満載な記事や真剣まじめな記事を楽しみにしています。
よろしくお願いします。


荒天(雪が降りました!翌朝には消えましたが)と勤務の都合で頂いた返信への挨拶が遅くなりました。申し訳有りませんでした。
荒川静香さん理事をやめてほしい。オリンピック前に、こんな本まで出版して才能ある選手を潰しに来ていたなんて。自分が現役だった頃、あんなにピリピリしていたから、できるだけ選手の負担を軽くしたりするのが理事の役目と思うのだけど。不可思議な採点については、素人出なく世界のトップスケーターも警笛をならしているのに。やっぱりキムヨナさんと同じようにジャンプが飛べない技術力もないのにメダルがとれちゃったから、自分の居場所をまもるために、本当に実力のある選手を、このような形で潰しに来ていたなんて。信じられない。
ん~~~。
私はそこまで荒川さんに対して思いません。
正直怖いです、あなたの感覚が。
No title
とってもわかりやすい方だと思います。
(意地悪で言ってるのではなく)
わたしには、頭がいいという印象は無く、
男っぽい?(優しい女性的なしゃべりでない)冷たい(ごめんちゃい)カンジが
人によっては賢いふうに聞こえるのでは?

 感情をそのまま出してる気がするんです。本当に賢い人なら客観的に自分のしゃべりを後で聞いて分析して直す点は直していますよ。

 キムヨナや自分が気に入ってる選手の解説のときは いつもの低い醒めた声のトーンだけでなく
すこしうわずった裏声も交えて珍しく
(もしかして笑顔でしゃべってる?)と思わせる様な感情さえ交えてしゃべる(「うわ〜っ!」みたいな)
しかも褒め方の語彙のバリエーションも増えます。

 特に推してない選手の時にはジャンプの種類さえ言わないときもあり、声も低め。感情は入れない。

キムヨナや気に入ってる後輩の解説は
「表情も良いですね〜」とか
普段には無い、「もっと褒めさせて!」という
いつもよりしゃべる総量が多い?というような饒舌さになり声のトーンも上がる。
 
こんなふうに良い意味でシンプルなわかりやすい人?!だと思いますよ。

五輪の金メダルはスケートの上手さで取れるものではない(大きな意味で政治力
あらゆる意味でのストラテジーが必要)と気づき
着々と行動に移したのが結果につながったんでしょう。
「五輪には魔物が居る」
は4年に一度という選手への緊張感だけではなく
裏に渦巻く、世界規模の巨大スポーツ興行という
ビジネスの世界の事を言ってるんだと思っています。

管理者にのみ表示