しんぶん赤旗さん「サラ金借金でフィギュアスケートGP大会観戦券を贈呈

しんぶん赤旗さんのこの記事!
今日だけはあたし赤旗さんを買いたいわ!どこに行けばいいのかしら???
というか電話してうかがってみるわね。素晴らしい記事が掲載されているのなら赤旗をたくさん買いたいわ。この記事のためだけに。


サラ金借金でフィギュアスケートGP大会観戦券を贈呈
アイフル「5万円以上」条件に

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-06/2014080601_04_1.html

消費者金融のアイフルが、5万円以上のサラ金利用をフィギュアスケート観戦券プレゼントの条件にしていたことがわかりました。人気競技の観戦券をめぐるサラ金誘導に抗議が相次ぎ、同社は撤回しました。

抗議受け撤回

7月上旬、フィギュアスケートファンの怒りを招く観戦券の応募キャンペーンが、アイフルのホームページに載りました。

グランプリ(GP)シリーズ中国大会の観戦チケットを手に入れる条件として、アイフルカードローンの新規契約と、5万円以上の借り入れを明記していました。

GPシリーズは国際スケート連盟が日本など世界6カ所で開く権威ある大会です。日本で開かれる大会の観戦券は入手が難しく、ファンは国際大会のチケットを買い求める状況です。ホームページは日本とロシアの五輪メダリストを出場選手として紹介して、応募を促していました。

アイフルの商法に疑問を感じたファンは、すぐにツイッターなどで告発。同社や金融庁、文部科学省に抗議の電話やメール送付を呼びかけました。アイフルは7月中旬、借り入れがなくても応募できるように改めました。

本紙の取材に対し、同社は「さまざまな意見をいただき、幅広い方々に応募の機会を提供すべきと判断した」と説明しています。

全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会の秋山淳事務局長は、「不当な景品表示から消費者を守る景品表示法に抵触するおそれがある」と指摘。また、日本貸金業協会の自主規制基本規則に反する行為ともいいます。同規則は、(1)安易な借り入れを誘引する設定・表現を避ける、(2)児童及び青少年への配慮―を掲げています。

アイフルは2004年からフィギュアスケートの国際大会を協賛。サラ金業界への批判が高まる中で一時休止しましたが、昨年から再開しています。

解説

連盟はファンの熱意に応えよ

アイフルの行為について日本スケート連盟は「関係ない」という態度です。

確かにアイフルの契約先は日本スケート連盟ではなく、グランプリ(GP)シリーズ中国大会を主催する中国スケート連盟です。日本スケート連盟主催のNHK杯では、同社と契約していません。だからといって、この問題に関わらないままでいいのでしょうか。

今回の被害者は日本のスケートファンです。アイフルは日本のスケートファンに自社を宣伝するために協賛企業となり、広告看板をスケートリンクに出しています。契約関係がないから対応を考えないというのは、あまりに素っ気ないといえます。

アイフルはスポンサーである立場を悪用して、消費者金融の新規開拓を狙いました。競技を愛する日本のファンを食い物にして、自社の利益を追求する行為です。その手法を問題視するならば、国際スケート連盟を通して、協賛企業としての資質に異を唱えることもできるはずです。

サラ金誘導キャンペーンをいち早く告発し、撤回させたのは、日本のフィギュアスケートファンでした。

不正をただしたファンの行動は、スケート競技を健全に発展させる力の表れです。その熱意に、連盟関係者も応えてほしいものです。 (勝又秀人)



赤旗さん、公益財団法人日本スケート連盟に取材をしてくださったのね。素晴らしいわね。
でも、えええええええ!姐さんには「ISUだ」って言ったわよ! 中国スケ連との直接契約だったんだ!
新事実発覚。ありがとうございます。

昔、親が「いろんなものの観方があるよ」と新聞を複数とっていて、こどもだった姐さんは毎朝学校に行く前に数紙を読んで「同じ事件でもこんなふうに違う報道をするんだな」と比較していた時期がありました。その頃の赤旗さんは他紙にない独自性を追求した記事が多くて毎朝読むのが楽しみでした。主義、イズムの内容はぜんぜんわからなかったのだけれど、目線が明らかに違っていたからです。こども向けの、あれは日曜版でしたか、それも読むのが楽しみでした。

「連盟はファンの熱意に応えよ」にほろりときました。

アイフルの借金促進キャンペーンの広告塔に心ならずも使われてしまった羽生選手、村上選手、リプニツカヤ選手の健闘を祈ります。
特に羽生選手は若くして一躍注目される立場になった冬季五輪金メダリストです。その肩にかかる重圧は想像を絶するものがあるでしょう。姐さんなんて同じ年頃のときにはいかに学校をサボるかとか、いかにだらだらすごすかとか、そんなことしか考えていませんでしたよ。大変だろうと思います。どうかがんばってほしいと思います。

きゃなこもがんばるのよ!努力しただけ必ずスケートって上達するわよ!絶対にそうなのよ!
努力するのが怖いのは、努力しても報われないんじゃないか、願った結果が得られないんじゃないかって未来に対する恐怖があることが多いのよ。でも、まだ訪れていない未来を妄想して勝手に結論を出すのはダメよ。できるって信じるのよ。自分はやれるって思うのよ。
ショーではまた一段と上達していて華やかで素晴らしいって好評だったわ。自分を信じてね。

おリプはチャーリーさんとホワイトさんの養女にとられないように用心なさい!www
だってあの乗り物ときたら彼女がベルビンたんでパートナーがメリル様よ!この先おリプを養女に取るくらいのことしかねないわ!それか真央ちゃんとアイスダンスをなんてなったら姐さん鼻血が止まらないわよwwwwもげろって祈ればいいのかあわててかけつけて阻止ーーーーって叫べばいいのかわからねーわよ。

アイフルさん、姐さんをはじめ「普通の人」はこぞってサラ金だサラ金だって拒否してるけど、資本主義社会で営利企業としてたつきを営んでいく以上、御社は少しでも社会に受け入れられる「いい会社」を目指していらっしゃるんだとは思います。

今回のキャンペーンも、たぶん電通さんに言いくるめられて会社のイメージアップと業績アップでイケると判断してのことでしょう。

でも、御社はサラ金です。

普通の人生においてかかわりがなければないにこしたことはない業種だと思います。そこは譲れません。
姐さんはサラ金に個人情報を渡したくないので、このキャンペーンには申し込みません。

しんぶん赤旗の「勝又秀人」さん、普通の人の普通の思いを普通に代弁してくださって本当にありがとうございます。

ちゃんとやってくれよと。頼むから選手を大事にしてくれよと。そして競技を健全に運営してくれよと。
ファンからの公益財団法人日本スケート連盟への願いは、それに尽きると思います。



人気ブログランキングへ
関連記事
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、ジャッジ、元スケーター等) | コメント(30) | トラックバック(0) | 2014/08/06 10:51
コメント
No title
> 今回の被害者は日本のスケートファンです。

ここだけ違和感がありました。赤旗らしいといえばらしいですが。
一番の被害者は、選手だと思うのです。
筆五さん
> > 今回の被害者は日本のスケートファンです。
>
> ここだけ違和感がありました。赤旗らしいといえばらしいですが。
> 一番の被害者は、選手だと思うのです。

確かに。
「削除してください」とひとことだけしか公益財団法人日本スケート連盟からの確認に
答えられなかった選手を思うと気の毒で可哀想で悔しくていまだに涙が出てきます。

もう、こんなことが二度と起こりませんように。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
赤旗は買っちゃダメです!!!
>素晴らしい記事が掲載されているのなら赤旗をたくさん買いたいわ。

姐さん、だめです!買っちゃダメ!
気持ちは分からないではないけれど、でも買っちゃダメです!

共産党は、反政府、反組織、反大企業・・。
ただただ、それらを叩きたいためだけに記事を書いてるだけです。

連中は自分たちだけが特権階級に居座ることだけを考えてる連中です。

日本国内にミサイルが打ち込まれる前に何とか防衛しようという集団的自衛権に
反対しながら、赤旗のお金で、自分たちだけが助かる核シェルター付きの
100年要塞の共産党ビル建ててるんですよ。

首相官邸前や沖縄での反日活動の資金に当ててるんですよ。

C委員長は「革命という言葉に血が騒ぎます!」などという人なんですよ。

甘~い言葉、優しそ~~な言葉で、近づいてくるのが共産主義者です!
今回の記事も決して、「スケファンのため」だとか、「選手のため」だとかでは
ありません。

共産主義は、人間が持ちやすい「妬み」「嫉妬」を利用します。
そういうものを掻き立てて、国家転覆を図るんです。

今、日本が抱える様々な問題も諸悪の根源は、この共産主義思想です。
マスコミの扇動報道も全て「妬み」「嫉妬」を掻き立てた手法です。

共産主義は恐ろしいです。
だから絶対に赤旗を買っちゃダメ!!!です。

どんな理由でも共産党を褒めることは非常に危険なので・・・。

姐さんのブログは影響力あるから、「共産党もいいとこある」
なんて一瞬でも思う人が出てきたら、教科書も「共産主義者礼賛」なままの
日本では、まだまだ、そのまま共産党に共感を覚えてしまう人が増える
可能性があるので、ちょっと心配してしまいます・・・。

すみません・・・。
上記の方
今時まともな思想でまともな記事だけを載せるとこなんてあります?
赤旗、朝日、読売、毎日、東スポw などなど。地方紙もそう、週刊誌もそう、社名だけで選んで支持するなんて難しい時代ですよ。裏では反日やら宗教やら共産主義やら、似たり寄ったりじゃないですか。共産主義が幅を利かせる時代が来るなんてもっての外ですが、現状は与党も野党も都知事も似たり寄ったり、そのおかげで共産党が何もせず役に立たないままでもマシに見えてきてしまう。というよりドングリの背比べ、、、こういう状態のほうがはるかに危険だと思うんですよね。
同じく赤旗購入には反対です
姐さんのお気持ちもわからなくはないですが、これについては、私は共通一次世代さんの
ご意見に賛成です。赤旗なんぞ、何があっても買うべきではないです。
売り上げに貢献してしまうということを考えただけでもゾッとしますし、たった一つの記事のために買ってしまった人がハマってしまう可能性はないでしょうか。

つい先日、集団的自衛権に反対する左翼の人たちが安倍政権をファシズム呼ばわりして“ブルドーザーデモ”なるものを代々木で行ったばかりという絶妙な
タイミングですし、保守分断を進めるためにあらゆる形で保守層のとりこみをもくろんでいて
こういう記事を出したのかもと思いました。(考え過ぎであってほしいですが。)

メルシーさん、確かに日本のメディアは8割以上信用できないと思いますが、だからといって
あまり悲観的にならないでくださいね。
姐さんはこのブログを通して、日本を元気にしようとされていると思うので、こうしてこちらの
ブログに出会った私たちがあきらめないことが肝心ではないでしょうか。
No title
赤旗は日本共産党の機関紙です。

目的は共産党のプロパガンダ。
ただそれのみです。

作るのも売るのも共産党員です。

共産党のプロパガンダほど巧妙で恐ろしい物はありません。

特に「懐柔策」はお手のものです・・。
購入する必要はないかと
アイフルの記事に対する賛辞を示すのでしたら、赤旗HPのメッセージ欄か何かに送るだけで十分なのではないかと思います。

日の丸・君が代反対のところなので、姐さんやブログファンの皆さんの価値観とは相容れず、取り込まられることはないかとは思いますが・・・。

実家が赤旗読者です。
成長するにつれ、一方的なものの見方(アメリカ・大企業・日本政府が常に悪くて、農家と労働者が常に犠牲者)に疑問を感じて離れました。

常に一方が被害者って、どこかの国の主張に似ていませんか?
代理入力 共通一次世代さん
度々すみません。

コメントに、 

>現状は与党も野党も都知事も似たり寄ったり

という言葉があったので・・。



この文言は、3年3ヶ月の民主党政権の間、

さんざんマスコミが言ってたことです。 

「都知事」はなかったですけど「野党も与党も同じだ」という言葉です。



この言葉、絶対に違います!



宮崎の口蹄疫の時、与党民主党は宮崎を見殺しにしました。

口蹄疫が爆発的に拡大していた2010年のGW、赤松農相はキューバのカストロに

会いたい一心で外遊し、宮崎を放置しました。 

ご存知の通りカストロも革命を起こした共産主義者です。 

その間、野党だった自民党が必死に動いていました。

でも、とにかく与党が動いてくれないと最後はどうにもならないんです。



東日本大震災の時も、民主党は、政府与党でありながら 

ロクに法案も出さず、自民党の何百もの提言にもロクに耳を貸さなかった。

自民党が必死で動いて、立法府である議員側が法案を提示する「議員立法」なども

行い(予算委員会では通常法案を出して質問される「行政府=閣僚」の側の席につきます)、

なんとか成立しても、その執行をなかなかしなかった。 



野党は執行できません。

行政府の与党が動かなければ前へと進まないんです。



行政府側の民主党政権がロクに動かないのを 

マスコミはフォローし、ごまかすために「野党も与党も同じ」

などという言葉を何度となく使ったんです。



託すべきは今の政権です。 

「野党も与党も同じ」なんて言葉は絶対に間違っています。



ましてや、そこから「共産党がマシ」などと考えるのは、 

「危険」としか言いようがありません。
アイフルと同じ
アイフルがスケートファンをサラ金に誘導しようとしたように、赤旗もスケート記事で新規読者を開拓しようとしたかもしれないですね。

共通一次世代さんに
一票!
私も共通一次世代です。
自民党を盲信する気はありませんが、「若い時に共産主義に傾倒するのはよくあることだが、40代にもなって保守を支持しないなんて愚か者だ。」とイギリス人が言っていたという某新聞の社説を読んで、なんとなく腑に落ちる年代になりました。
本題とずれるかもしれませんが

共通一次世代さんの仰る
>野党は執行できません。

>行政府の与党が動かなければ前へと進まないんです。
という部分では「野党も与党も同じ」というのは違うのでしょうね。
ただ
>託すべきは今の政権です。
という部分について、はメルシーさんは「共産党に託せ」とまでは仰っていないのでは(危険という言葉も出てくるように)。
また政権に託すしかないにしても、民主党政権のときにそれで人災が起きてしまったのを考えると、
やはり野党にも、国民側からすれば「是々非々で」「その党の特性をわきまえた上で」使える時は使って何らかの形で動いてもらわなければならない場合もあると思います。
(余談ながら共産党も、筆坂秀世さんが著書で提言しておられるような改革が行われれば、ヨーロッパの左派政党のようにもうちょっと使えるようになるかもしれません・・・今までの歴史の全否定になるから無理!ということで期待は出来ませんが。)

あと、記事とは大分離れますし、こちらでこんなことを書いていいのかどうかわかりませんが、自民党も経験値が高い分、政策がよいときは頼りになりますが、危険な面もあり監視が必要なのは同じだと思います。
WJFプロジェクト 安倍政権の本質: 保守主義と新自由主義の結合 ttp://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
こちらもついでに。
WJFプロジェクト 浅田真央選手を守れ(最終回)
ttp://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-305.html
こちらも結局どうなのかよくわかりませんが。
echo-news – 大規模掲示板2ちゃんねる 契約先の顧客には与党自民党
ttp://echo-news.net/japan/2ch-scandal-goes-on-finding-unfairness-paid-service-to-suppress-free-speech-by-bribe
以上、横槍失礼致します。
さすがに赤旗は
共通一次世代さんに賛成です。自民党にも言いたいことは山ほどありますが、共産主義が失敗していることは歴史から学べることです。
失礼ながら姐さまのお言葉を借りて、赤旗に当てはめてみました。

『赤旗さん、「普通の人」はこぞって共産だ共産だって拒否してるけど、資本主義社会で政党として主義主張をしていく以上、御誌は少しでも社会に受け入れられる「いい新聞」を目指していらっしゃるんだとは思います。
今回の記事も、たぶん時流に乗って政党のイメージアップでイケると判断してのことでしょう。
でも、御誌は共産党です。
普通の人生においてかかわりがなければないにこしたことはない政党だと思います。そこは譲れません。』

結論はどうであれ
simonsaysさん、おすくさん、まゆさんへ

>保守分断を進めるためにあらゆる形で保守層のとりこみをもくろんでいて
こういう記事を出したのかもと思いました。(考え過ぎであってほしいですが。)

>アイフルがスケートファンをサラ金に誘導しようとしたように、赤旗もスケート記事で新規読者を開拓しようとしたかもしれないですね。

>今回の記事も、たぶん時流に乗って政党のイメージアップでイケると判断してのことでしょう。
でも、御誌は共産党です。

他の記事のコメントでも書かせて頂きましたが、サラ金の問題は以前から共産党が力を入れている分野なので、その推測はまさしく考えすぎであり、誤りではないでしょうか(「保守層」を狙いうちしているわけではないと思いますし。普段からの共産党のポリシーからしても特に不自然ではないと思います)。また何かあったら続報が掲載されることと思いますが、何でもかんでも共産党の「プロパガンダ」や「工作」と断定するのも早計かと思われます。他の党についても、そうやって疑い出したらキリがなくなってしまいますし。

キャッシング・クレジット・ローン サラ金被害をなくそう/JCP特集
ttp://www.jcp.or.jp/tokusyu-06/12-c_finance/

あと、他の記事のコメントからも直近のニュースさえご存知ない方がおられる印象を受けたので、ついでにこちらも再掲させて頂きます。

時事ドットコム:消費者金融の規制緩和=「認可業者」に上限金利29.2%-自民党が貸金業法改正案
ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014062800207

グレーゾーン金利 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%E9%87%91%E5%88%A9
(「自民党 サラ金」「自民党 消費者金融」で検索するとろくな記事が出てこないので、共産党にも騒いでもらった方がよいと私は思ってしまいました。)

あと、共通一次世代さんの
>連中は自分たちだけが特権階級に居座ることだけを考えてる連中です。
というお話に対しては、自民党や他の党の政治家にもそういう人物が多いのにな、と思ってしまいました。

また、いつまでも冷戦時代の感覚でいると、それはそれで危ないとも思います(私にはそう感じられました)。

国際勝共連合 共産主義は間違っている!
ttp://www.ifvoc.org/
(昔から「保守分断」や「保守層のとりこみ」「プロパガンダ」「洗脳又はマインドコントロール」が得意なのはここですよね。)

姐さんの赤旗購入を阻止し(「今日だけは」とも書いてはおられますが)、姐さんや、姐さんの記事を読んだ人がそれに感化され、うっかり赤旗を購入するなどして洗脳され共産主義者にでもなったら大変だと危惧する皆様のお気持は痛いほど伝わってまいりますし、理解もしておりますが、阻止するためなら何でもあり、みたいになっているのが心配になったので、ちょっと書かせて頂きました。
かなり本筋からずれた話をしてしまい、申し訳ありません。
何度も書いて本当にすみません。
姐さん、代理入力すみません。
もしかしたらタイトルをURL枠に書いてたかもしれないですね・・。

で、何度も申し訳ありません。
スケキヨさんのコメントを読んで、なんとなく私が自民党を盲信しているように思われてるのではないかと・・。
まゆさんと同じく決してそうではなくて、あくまで、宮崎の時も東日本大震災の時も自民党の中に懸命に頑張る議員がいたという
事実があったことから、例えば族議員だとかの言葉で利権となんでも結びつけるような思考ではなく、
あの時、居てもたってもいられずに動いた議員の存在を知って、マスコミのレッテル貼り誘導報道に
惑わされないでほしいということ。
そして、「野党と与党も同じ」という言葉への反論は、行政府と立法府の違いだけを言ってるのではなくて、
野党にしろ与党にしろ日本のために懸命に動く議員をよく見てほしいと思って言ったことなんです。

あと、WJFのブログ紹介がありましたが申し訳ないですが私はそこを信用していないので・・。
真央ちゃんの記事は見てなかったので読んでみましたが、正直何を言ってるのか私には
理解できないのです。
この記事のコメント欄でWJFが
>私たちが韓国に対して「嫌韓」という対決的な態度でのぞむと、「日本と韓国をセットにする」
(日韓の間に対称性を作る)ことになってしまい、かえって状況を悪化させてしまいます。
と書いていたのですが、?????なのです。
悪いものを悪いとハッキリ言うことが何故悪いのか私には分かりません。
多分これ以上の説明を受けても私には理解できないと思います。
また、安倍総理に関して猛烈な批判をしていることは知っていました。
グローバルとか新自由主義とか色々書いていますが、一つだけ伝えたいと思うのは、
安倍さんや麻生さんがやろうとしてるのは、日本の「スタンダード化」「ジャパンブランド」=「日本仕様」を
世界に広めることを目指していくということだと思っています。
例えば「法の整備」などはとかく東南アジアでも最も喜ばれたそうです。
現代の日本の法制を取り入れ、しっかりと法治国家としての基盤固めを目指す国もたくさんあります。
国民皆保険制度も検討される国があります。
トルコでは、トルコ技術者と一緒にボスポラス海峡海底横断鉄道トンネルが出来ました。
「日本の一人勝ち」が目標というわけでなくて、日本の社会的価値観が他国でも受け入れられ、
その方法を取り込む、すなわち技術や様々な法秩序を取り込む国が増えていく。
そういうのも「グローバリズム」と呼ばれるなら、また「グローバリズム」の意味あいが
違ってくると思います。
日本統治時代に日本の教育、技術などが素晴らしかったからこそ台湾は親日であるともいえます。
日本が得意とする保健医療や防災、土木事業、インフラ整備、法整備、皆保険・・。
幅広い分野において、 日本人がその有する技術力、協調性、災害等の困難を乗り越える力を
発揮することで世界に貢献していくことを進めていってるんだと思っています。

すみません、長々書いて。でも何か一方的な考えが正論のように流れると困るので
補足のつもりで書かせていただきました・・。フィギュアブログなのにごめんなさいね。
Re: さすがに赤旗は
うまいですね~

左翼の人はこぞって「家庭が不幸と思って育った」人が多くてね。姐さんが知る限り、「親の愛」に飢えた成育史の持ち主ばかりだわ。そこに何かヒントがあるんじゃないかしらってずっと思っているの。
Re: アイフルと同じ
> アイフルがスケートファンをサラ金に誘導しようとしたように、赤旗もスケート記事で新規読者を開拓しようとしたかもしれないですね。

そうですね~ 唐突ですもんね、あの記事。
ただやり方や主旨はどうあれ、あの記事に関してはまともなことしか書いてありません。掲載は英断だったと思いますし、記者さんはあっぱれと思います。

あのように「普通のこと」を「当たり前」に見せない今の報道が異常なんだってことだと思います。
No title
横からすみません、

皆さんがおっしゃることは、姐さんはすでに十分ご承知だと思います。
その上で、「赤旗」にすら、
「正しいことを書いてくれれば、きちんと読者は反応し、評価します」ということを、
伝えたかったのかな、と。


このブログにいらっしゃる方だったら、赤旗がどういう新聞が、共産党がどういう党かはご存知でしょう。
ほかの記事を読めば、
「ああ、こんな程度か」と、笑って捨て去るくらいの良識をお持ちと思います。
お返事コメントありがとうございます
姐さま、お返事コメント有り難うございます。

そうなんです。記事の内容はホントに良いと私も思います。
(どなたかがおっしゃっていた選手が気の毒だという文章がなかったというのには私も違和感がありますが)もっと他の新聞社やテレビも大きく取り上げてくれたら良いのに・・・。
あまり報道されないので、世間にこの件自体が一般的に知られていないと思います。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
救える力は愛!
わぁ!  姐さんたちが苦労なさって実現したアイフルの撤回の事が新聞に載ったのですね。この記事については讃えたい。本来なら、もっと多くの新聞に取り上げられてもいいような大きな問題なのですから。

 広告塔にされた羽生君や他の選手達の将来を心配され、又、一般人がサラ金に手を出すきっかけをつくらないように、政府関係、スケート連盟、アイフル等に抗議の為奔走された事、ただ、ただ頭が下がります。
姐さん達の必死の行動と祈りが届いたのでしょうね。 もう、すでに決まったいる事が撤回されたのですから、本当に凄い事です。 よほど、愛情がなければできない事です。
 本来なら、日本スケート連盟が関係していなくても、選手の事を考え、姐さん達が行動したように、先に行動しなければならなかった事です。この問題をファンが行動しなければ、気付かなかった(?)という事が何とも残念であり、また、同じフィギュアファンとして同志の健闘に心から敬意を表します。
選手達を本当に大切に思われているのがよく分かります。姐さん達のこの健闘を一人でも多くの人に知ってもらいたい。また、姐さんの事を理解できない人にも、姐さんの選手を思う気持ちが届いたらどんなにいいだろうかと思っています。

姐さん、本当にお疲れ様でした。また、講演会があるようですね。くれぐれもお体を大切になさって下さいね。
最後に
まずは共通一次世代さんへ
>日本国内にミサイルが打ち込まれる前に何とか防衛しようという集団的自衛権に反対しながら、赤旗のお金で、自分たちだけが助かる核シェルター付きの100年要塞の共産党ビル建ててるんですよ。
という共通一次世代さんのお話のソースを調べてみたところ、現時点で2chの「共産党本部ビル新築」スレの49の適当な発言と、「安倍総理、麻生副総理を応援しています!」と書かれた方のこちらのブログしか見つからなかったのですが、共産主義者顔負けの過激なブログでした・・・・・・・・・実際に被爆者の面前で言えばいいのに&トルーマンでなくルーズベルトにするところが姑息だな、と思ってしまった他の記事含め。
(共通一次世代さんとお名前が同じなのは偶然でしょうか。)

『TBSの「喧騒」をじかに見る。 共産党本部の「100年要塞」にも驚き。 あぁ、革命に血が騒ぐ!? 』
ttp://bakahabakanarini.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

とりあえず
>例えば族議員だとかの言葉で利権となんでも結びつけるような思考ではなく、あの時、居てもたってもいられずに動いた議員の存在を知って、マスコミのレッテル貼り誘導報道に惑わされないでほしいということ。
>野党にしろ与党にしろ日本のために懸命に動く議員をよく見てほしいと思って言ったことなんです。
と仰りながらも、貴方はそういう思考を共産党には当てはめたくないわけですよね。
>どんな理由でも共産党を褒めることは非常に危険なので・・・。
という具合に。
共産党は根本的に間違っている部分や支離滅裂な部分が多いとはいえ、公平に見れば、吉井英勝議員の「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」による質問のように、また赤旗にしても、たまには国民の為になることをやっていたり、鋭い記事を出していたりはすると思います。ここでは共産党の例だけ挙げましたが、どの党でもそれぞれの得意、不得意分野があるわけですし。
以上は姐さんとは全く関係ない私自身の考えですが。

まあでも、私が民主党政権時、口蹄疫の時は野党である自民党の江藤拓議員のGREEの記事に応援コメントを書き込んだり、大震災の時は野党である自民党にも要望メールを送ったりしていたのも、共通一次世代さんには「政権に託していない」ということで注意されてしまうのでしょうね。

あとWJFの記事についても提示した意図をはじめ、共通一次世代さんのお話は論点のすり替えや拡大解釈による詭弁にしかなっていないので
<<「理解できない」けど「安倍総理に関して猛烈な批判をしていることは知ってい」たから「信用していない」>>
とでも書いて頂いた方がまだ素直に納得できる件などをきちんと書いていたのですが、冒頭のブログを読んで阿呆らしくなったので略します。

それと
>でも何か一方的な考えが正論のように流れると困るので
と書いておられますが、こちらでは共通一次世代さんのコメントの支持者の方が多いので、私のコメントは正論とは思われていないどころか顰蹙を買っている可能性もあると思いますよ。(共通一次世代さん自身も私の考えを「一方的な考え」と否定的に表現しておられるように。ただ私は「皆様のお気持は痛いほど伝わってまいりますし、理解もしております」と書いた通り、共通一次世代さんの考えも全否定しているわけではないのですが。)

とりあえず、私が一番言いたかったのは「結論はどうであれ」「阻止するためなら何でもあり、みたいになっているのが心配になった」と書いたように、 この赤旗の記事については「幽霊の正体見たり枯れ尾花」で、別に「唐突」でも何でもなく、彼らの平常運転にしか過ぎないことを知らないままコメント欄がパニックになっているように感じたので、もう少し冷静に考えてみてもいいのではないかな、ということなので悪しからずご了承下さい。

何にせよ、先日のネイマールの記事のコメント欄からも(某20年さんのコメントはある程度サッカー情報慣れしている側から見たら大量の注釈や訂正を要するかなりの悪文ではあれ)色々と気付かされたこともあり、また皆様のお話によると(他所でも言われているようですが)、こちらのブログの読者には姐さんに感化されて赤旗を購入したり、共産主義にハマってしまったりする、要は「"何にでも感化されたり洗脳されやすい"方が多いと思われている」ようでもありますので、これからは少し距離を置かせて頂くことにします。こちらのノリを考えず、お騒がせして失礼いたしました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
姐さま、はじめまして。
いつもは楽しくブログを拝読するのみでしたが、
いま寝る前にたまたまPCを見たら、下記の記事を見つけましたのでお知らせいたします。


◆ 「アイフルがフィギュアスケートと選手を私物化している? キャンペーンに応募したら「特典」たっぷり、問題なのか」
J-CASTニュース 8月13日(水)19時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000006-jct-soci&pos=5

記事になり、このような状況が人の目に触れたことは、認知の一環としてよいかと思いますが、
豪華特典でフィギュアファンに借金をさせるよう誘導しているというそもそもの問題を
あまり重視していない記事になっているのが残念です。

自分ももっと怒りを表に出さなければ、相手は了承と受け取る、という姐さまの警句を
あらためて感じました。

本件について、もっと怒っていこうと思いました。
夜分で頭がまわらず、怒りにかられた文章になり、申し訳ございません。
また、いつも良い情報や、目の覚めるご意見を読ませていただいています。
ありがとうございます。
フィギュアは好きですが、知らないことが多すぎるので、
今後もこちらで勉強させていただきたいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
共通一次世代さんへ
コメントありがとうございます。いつもすてきな書き込みをくださって楽しみにしています。

ブログが荒れる、というのは姐さんの定義によると「死ね!」というコメントが1つの記事に3,000個つく状態のことを言います。
だからまだ全然荒れてはいないと思いますよ。お気になさらず。

Re: 姐さん お久しぶりです
Nさんへ

うおおおおおお!すごい!そうだったんですね!

姐さんは使えるモノはなんでも使おう派なので、「この記事に関する限り」は赤旗さん、やるじゃないの!と思います。どこにも何の問題もない記事だと思いますし、こういう論旨で報道してくれたのは、後にも先にも赤旗さんただ一紙です。そのことの大きさは忘れてはいけないなと思います。

いっそのこと、赤旗さんの記者さんを招いて講演会していただきましょうかね。面白い話がたくさん聞けそうですよ。

管理者にのみ表示