ISUまたまたこっそりルール変更(megumiさん編)

おおおおお!!
俺たちのmegumi師匠がISUのクソルールについて教えてくださいました!
いつもありがとうございます!


14/08/26 megumiさん

ISUまたまたこっそりルール変更

お久しぶりです

ISUがISU Communication 1884でまたまたこっそりルールを変更していたのを皆さまはご存知でしょうか

こちらが訂正後のルールです
http://skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/Figure_ISU_Communication/Comm1884J-v2.pdf

例の「1回転半に満たないジャンプはノーカン」ルールですが
SPに関しては適用されているものの、
FSに関しては除外となりました。
特記事項もこの部分は削除されています。

で、2―2のジャンプについては回転不足やエッジ判定をとる以前の基礎点の高い方のみ基礎点を与えるというものになっています
FSに関して2―2になった場合はシニア男女とジュニア男子は
第1ジャンプ、第2ジャンプともノーカンという特記事項も加えられているのですが
実際にノーカン判定を食らったのは2回転の同一ジャンプを3回跳んだ選手だけです。
重複しなければOKということにもなっているようです

それからコンビネーションスピンに関しては
基本姿勢の数が符号に記されることになりました。
足換えありの場合は足換え前、あとでそれぞれ基本姿勢が一つ入っていなければなりませんが

基本姿勢が2つ⇒CCoSp2pレベル
基本姿勢3つ⇒CCoSp3pレベル

という表記になるようです

3回転以上のジャンプについての重複ですが
ソロジャンプ2つで重複した場合は+SEQではなく
+REP

となりました

ジュニアGPF初戦が既に終わりましたが
e判定を受けた選手らは大きくスコアを落としています
3F、3Lzでエラー持ちの選手が殆どですので
全体的なスコアは大きく下がることになるかもしれません


ジャンプがなあ・・・。
選手が3-3のつもりで跳んだ連続ジャンプを2-2に意図的に判定することがやりたい放題できてしまう、といううんこみたいな「あいまい判断」が導入されている以上、得点・順位操作が非常にしやすくなっちまってるわけですよ。
採点競技なのにブラックボックス=恣意的な判定、がありまくり。

ISUがルール変更をするたびに「誰が得をするのか」考えるようになって久しいわけですが、スピンはともかく、得点源として非常に大きな幅のあるジャンプの改悪は非常によくないと思います。

つか、なんで毎年ルールを変えるんだろう???という素朴な疑問に、ついにISUは回答をくれませんでした。ただただやりたい放題です。

この意図はなんなんだ?例の子分2号と3号と、そしてついにはじまってしまった男子ハングル選手のための布石なのか?
もう考えることすらウンザリですが、いやしかし、採点について物申す以上、ルールは知っておかなければなりません。
石にかじりついてでも「知っておく」ためにがんばろうと思います。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
ISUの諸問題 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/26 10:26
コメント
情報ありがとうございます
真央さんがオフシーズンだと自分もオフシーズンのような気持ちでしたが、こうして情報をくださってありがとうございます。
トークショーイベントも多数企画していただいて、少しずつ参加しながら自分もこれからどうするのか考える機会にしたいと思います。

管理者にのみ表示