仁川アジア大会の『凄まじい不祥事』の連鎖を中国メディアが暴露。主要通訳スタッフの数割が既に逃亡済み


なんでだ?毎日新聞のサイトから、記事が消されてるんですが・・・


仁川アジア大会の『凄まじい不祥事』の連鎖を中国メディアが暴露。主要通訳スタッフの数割が既に逃亡済み

厳しい財政状況を受け、大会組織委員会が経費節減を徹底したことで、ほころびが相次いでいる。
組織委は24日、選手村に不審者が侵入したことを明らかにするなど、スポーツ大会で重視されるべき「選手が第一」を揺るがす不始末も起きた。

大会組織委によれば、騒ぎが起きたのは23日正午ごろ。選手村内のカフェテリアに不審者が侵入しているのを選手が発見して警察に通報した。 食料やキッチン用品を盗みだそうとしたとみられ、そのまま逃走した。

組織委は「警察やガードマンを増強して対応を図る」としているが、セキュリティーは大規模なスポーツ大会の最優先事項。五輪とはテロに対する警戒レベルが違うとはいえ、不審者の侵入はあってはならないミスだ。

22日の武術競技では交通渋滞のため、選手の会場到着が遅れ、競技が開始できなかった。今回は市民の理解が得られなかったとみられ、大会関係者専用の車道レーンが設けられていない。 組織委は開始時間を変更して対応したが、選手が十分に力を発揮する機会を提供できなかったといえる。

選手用の弁当からサルモネラ菌が検出されたこともあった。

また、組織委は、カバディ会場の学生スタッフが韓国版の花札で賭けに興じ、ビーチバレー会場では高校生ボランティアがトランプで遊んでいたことも明かした。
4月のセウォル号沈没事故でも、行方不明者の家族を世話するはずの学生ボランティアに仕事をせずゲームにふける人がいて問題となったばかり。 韓国は就職試験で有利になると考え、証明書ほしさにボランティアに応募する人が少なくないといわれる。

今回は経費削減でボランティアの数は当初予定の半分以下の約1万3500人となった。五輪やアジア大会はボランティアは教育で洗練され、意欲も高い。 しかし、組織委によると、各国の選手団を担当する通訳担当者約460人のうち70人以上がすでに辞めたという。

韓国紙・京郷新聞は1986年ソウル大会や88年ソウル五輪もボランティアを経験した人から「こんな非効率で、いい加減な運用は初めてだ」という声が出ていると報じた。

2014年09月24日 18時31分
http://mainichi.jp/sports/news/20140925k0000m050012000c.html


どうですかこの大惨事。この期に及んで日韓共同ガーーーーーーと騒ぐ馬鹿って何が目的なんですかね。
大人の対応?「おまえらいい加減にしろ、ちゃんとやれ」と厳しく申し入れ、以後、スポーツに関わらせないこと、じゃないんですかね。
こんな大惨事を起こす五流底辺国家に今更媚びて何かいいことあるんですかね____________

北朝鮮のテロも心配ですけども、いやマジで、だけど南朝鮮みずからが大惨事の連鎖をみずから引き起こしまくりで、こんなところに安心して選手を送れません。
次の冬季五輪は不参加続出で表彰台を南朝鮮勢が独占、の布石なのでしょうか___________


ご注意
迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
無記名コメントは削除します。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
韓国情報 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2014/09/25 12:54
コメント
怒りで涙がでそう
バドミントンのエアコン疑惑はまさしくキムヨナのスケートと同じです。風に慣れるよう練習したなんて、相変わらずの馬鹿を垂れ流しています。

要するにアホみたいに同じ練習してあとは不正をやるだけなんですね。
コーチ3人のうち2人が韓国人なんて何なんでしょう。
守られるべき選手が守られず、自分たちの利権だけが守られるなんて、バドミントンは衰退して行きます。
韓国人コーチを見かけるハンドボールも同じ運命になるのではないか心配しています。

予想通りのあちゃー大会
姐さん、こんにちは。
柳田邦男著『撃墜』には、1978年の大韓航空機銃撃事件の原因として乗員によるカードゲームが挙げられていましたが、そういう国民性なんでしょうね。
どんだけ好きなんだよっ!
各国からもクレーム続出のようですが、日本は相変わらずの腰抜けで、そこにも腹が立ちます。

それにしても、こんなにいい記事を何で消したのでしょうね〜。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
中国某選手が、「日本の国家は耳障り」と発言、
それに対し、入江くん、荻野君の大人の対応。
http://hosyusokuhou.jp/archives/40403140.html

こういう若者が育っているということを、誇りに思います。
某選手の発言は、中国国内でも、批判が大きいようで・・・。
メールアドレスの入力がなされていたのでコメントを削除し、みやこさんのコメントを代理入力しました。迷惑メール送信などのトラブルを防ぐため、メールアドレスは入力なさらないようにお願いします。

-------------------------------------------
14/09/26 みやこ
採点について
姐さん、はじめてコメントいたします。
アジア大会の体操競技をチェックするかのように、見ていました。
あの国の採点がどのように出てくるのか、しっかり見なきゃと思ってです。
選手のレベルは、すぐにわかるものですね(笑)。男子にいたっては、日本選手の細部までこだわる美しさや、中国選手の高難度の技、、、ガツガツチェックしなくても一目瞭然でした(笑)。高難度を入れた選手はそれなりの点数が出ますよね。簡単な技を完璧にできたとしても、点数は驚異的には伸びない(笑)。昨日の競技を見て、素人な私でも、順位は思ったとおり、パーフェクトに近かったです。韓国の選手に関しては、ちょっと、0.2から0.5くらい多いかなと思いましたが、それでも台のりできなかったようなので、こちらのフラストレーションもおさまりました。

で、『組み合わせ加点0.2』なんてことを何度も聞いているうちに、加点の幅が6点もあるフィギュアスケートって何なんだ?とも思いました。

姐さん、フィギュアのルールは本当につまんないです。加点の幅がありすぎるのも、演技構成点で5点以上の差がでるのも、やっぱりおかしい。それと、柔軟性のない選手が勝ってしまうというのも、これは全くスポーツではない。採点ルールを0から見直さない限り、フィギュアは本当にくだらないお遊戯会になってしまいますね。

それで、今朝からまおちゃんの名演技をいろいろ見てて、泣いてしまった、、、。こんな高難度で美しい演技が、点数上では埋もれたことになっている、、、くやしいです。フィギュアファンの中では伝説として伝わっていくとしても、一般に認識されないまま終わっていまうのは、本当に「どーしてくれるのよ、バカルール!!!」と叫ばずにはいられません。
アジア大会のまとめ
◆シャトルバス・通訳員の不足、弁当からサルモネラ菌……トラブル多発、仁川アジア大会のトホホぶり(日刊サイゾー 10/8)
ttp://www.cyzo.com/2014/10/post_18958.html?utm_source=nikkan&utm_medium=tab&utm_campaign=ctr

「2014仁川アジア大会」の影響で、韓国が焦っている。セヌリ党のキム・ムソン代表は最近、2018年に冬季オリンピックが開かれる平昌を訪れ、「仁川アジア大会と同じミスを繰り返してはならない」と釘を刺した。現在、平昌ではオリンピックで使用される各種競技場の建設が計画通りに進んでおらず、メイン・スタジアムは設計さえ終えていないといわれている。さすがにオリンピック開催中止という前代未聞の事態にはならないと思われるが、現在のような準備不足のままで当日を迎えるようだと、仁川アジア大会の“二の舞い”になると危惧されているのだ。
 それほど仁川アジア大会は、主催者側が原因のトラブルが多発した大会だった。その事例は枚挙にいとまがないが、代表的なものを振り返ってみよう。 
まず、最も問題となっていたのは、選手やマスコミを運ぶシャトルバスの不足だ。常に満員状態で、各国選手団が何度も足止めされた。男子フェンシングで銅メダルを取って記者会見を受けていた中国のスン・ウェイ選手は、会場に置き去りにされ、1時間半もバスを待つことに。彼に対して主催者側は「指定のシャトルバスに乗らずに何をしていたんだ!?」と怒鳴りつけ、タクシーに乗って帰れと伝えたという。9月22日には選手村からメディア村に向かうシャトルバスの運行が中止となり、外国人記者100人が警察の車やバスで移動する事案も発生。大会期間中に不満の声があふれたが、シャトルバス不足の問題は最後まで改善されることはなかった。
 通訳の不足も深刻だった。事前に提示されていた通訳料が支払われないということが大会中に明らかとなり、多くの通訳員が仕事を放棄。公式記者会見が正常に行われない事態が頻発した。特にアラビア語の通訳員が不足して、金メダリストが自ら“セルフ通訳”する珍場面もあった。低費用を追求するあまり、ボランティアを数多く使ったことも大会に少なくない悪影響を及ぼしたといえるだろう。ボランティアスタッフの一部はミックスゾーンに侵入して選手の写真を無断で撮影したり、練習中の選手たちにサインを要求したりとやりたい放題。大会組織委員会は開催前の6月に、ボランティアに“事前教育”を実施したのだが、半数の人たちが参加すらしていない。開幕から5日が過ぎたころには、あまりの激務からボランティア500人が仕事を投げ出したという。ただ、公共交通機関が動かない時間になってようやく解放し、自腹で帰宅させるという待遇では、逃げ出したくなる気持ちもわからなくはないかもしれない。
 選手に配った弁当からサルモネラ菌が検出されるという、笑えないトラブルも。食中毒こそ起きなかったものの、食事抜きで試合に出場した選手もいたと伝えられている。ちなみにボランティアには、賞味期限が5日過ぎた弁当が配られたそうだ。各種競技が行われた施設にも問題が多発。疑惑の空調で日本でも話題となったバドミントンの会場・ケヤン体育館だけでなく、26日にはセパタクローの会場で雨漏りが発生し、試合が中断するアクシデントも。重量挙げの競技場は、ビニールハウスのような臨時の建物で、各国の選手やマスコミを驚かせた。各競技場に設置された仮設トイレは、配管に問題が多くて小便があふれ出す事態が多発したとの報告もある。
 閉会式でも音響設備から白煙が上がる事故が発生し、最後までゴタゴタ続きだった仁川アジア大会。平昌オリンピックでは今回の失敗を教訓として生かしてほしいところだが、現在の準備状況を見る限り、多くは期待できそうにない。各国選手団は、今から対策を検討しておくしかなさそうだ。

* * * *
代表的なことだけでも、こんなにもあるんですね・・・

選手の皆さん お疲れ様でした。

アジアパラ競技大会に出場される選手の皆さんに大きな影響がなく、実力が発揮できますように

管理者にのみ表示